メインメニューを開く

近鉄難波線

日本の大阪府大阪市天王寺区の大阪上本町駅から中央区の大阪難波駅を結ぶ近畿日本鉄道の鉄道路線

難波線(なんばせん)は、大阪府大阪市天王寺区大阪上本町駅から同市中央区大阪難波駅を結ぶ近畿日本鉄道(近鉄)の鉄道路線である。

近畿日本鉄道 難波線
大阪上本町駅停車中の9820系電車
大阪上本町駅停車中の9820系電車
基本情報
日本の旗 日本
所在地 大阪府
起点 大阪上本町駅
終点 大阪難波駅
駅数 3駅
路線記号 A
開業 1970年3月15日
所有者 近畿日本鉄道
運営者 近畿日本鉄道
車両基地 東花園検車区西大寺検車区ほか
使用車両 近鉄奈良線#車両を参照
路線諸元
路線距離 2.0 km
軌間 1,435 mm標準軌
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式 自動閉塞式
保安装置 ATS-SP
最高速度 80 km/h[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

全区間が地下にあるとともに、Osaka Metro千日前線と並行している。既存の地下鉄などの下をくぐるように造られたため、駅はやや深い場所にあり、駅間のトンネルにもシールド工法が用いられている。各駅とも相対式ホーム(大阪難波駅のみ島式ホームと相対式ホームの併用)だが、上下線の間に柱がない構造になっている。また、近鉄日本橋駅から大阪上本町駅にかけては上町台地を登るため、大阪上本町駅に向かって上り急勾配[2] が存在する。 なお、正式な起点は大阪上本町駅だが、列車運行上は大阪難波駅から大阪上本町駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。

大阪線複々線区間(大阪上本町駅 - 布施駅)における奈良線直通列車専用線が単独で延伸した形、即ち実質的には「奈良線」の延伸線であり、運行上も奈良線と一体である。線内運転はなく、伊勢志摩・名古屋方面の特急をのぞく全列車が奈良線(近鉄奈良方面)へ直通する。大阪上本町駅では近鉄奈良方面について「奈良線のりば」と表記されているほか、駅番号や主要駅に設置されている運行情報モニタ、駅探などの乗換案内サイトでは、大阪線複々線区間を含めて奈良線の一部として案内されている。

PiTaPaを始めICOCASuicaなど全国相互利用サービスに対応したICカードが利用可能である。磁気カードであるJスルーカードスルッとKANSAI対応カードについては、自動改札機での対応は終了したが、当面は自動券売機でのきっぷ購入ないし乗り越し精算機での使用が可能である。

2009年(平成21年)3月20日阪神電気鉄道西大阪線が大阪難波駅まで延伸して阪神なんば線として開業した(既設区間も阪神なんば線に改称)ことで、大阪難波駅を介して、(阪神)神戸三宮駅 - 近鉄奈良駅間で相互直通運転を行っている。合わせて、阪神なんば線開業と同時に近鉄難波駅が大阪難波駅に、上本町駅が大阪上本町駅に改称された[3]

近鉄難波線の各駅はホームの柱がそれぞれ違う色で塗り分けられている。大阪難波駅が青、近鉄日本橋駅が橙、大阪上本町駅が小豆色である。

路線データ編集

  • 路線距離(営業キロ):2.0 km
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:3駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線電化(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:80 km/h[1]

全線、大阪統括部(旧上本町営業局)管轄である。

運行形態編集

停車場・施設・接続路線
 
尼崎神戸三宮方面
 
近鉄用引き上げ線
 
桜川駅
 
近鉄用引き上げ線
 
阪神  阪神なんば線
 
 
 
 
JR難波駅 JR西関西本線Q 大和路線
 
 
 
 
0.0 A01 大阪難波駅
   
難波線      難波駅
 
 
 
 
難波駅 南海  南海本線  高野線
 
0.8 A02 近鉄日本橋駅    日本橋駅
 
難波線
 
 
 
 
 
 
2.0 A03 大阪上本町駅    谷町九丁目駅
   
D 大阪線
   
 
 
 
 
D 大阪線系統
 
A 奈良線系統

阪神なんば線直通列車を含む奈良線の全列車と名古屋賢島方面との特急列車が乗り入れている。難波線内のみを走る列車はない。近鉄日本橋駅を通過する特急列車をのぞき、全列車が各駅に停車する。

歴史編集

日本万国博覧会の開幕日(一般公開開始日)である1970年昭和45年)3月15日に開業した[4]。当時の開業記念乗車券には「EXPO'70」のシンボルマークもあしらわれていた[5][出典無効]

近鉄による難波乗り入れ計画自体は古くから存在した。大阪府に対して初めて難波乗り入れを出願したのは前身の大軌時代である1922年 - 23年頃であったが、この時は大阪市の異論によって実現しなかった。次に、1932年 - 33年頃にも再度申請を行ったものの、これも大阪市の反対により実現しなかった。しかし、近鉄奈良線の発展、沿線人口の増大、沿線各地と大阪市内間の交通量の激増に伴い、ターミナルを大阪都心の難波へ推進する必要は一段と強くなった[6]

そこで、近鉄は1946年に阪神電気鉄道と共同で新たに大阪高速鉄道株式会社(大阪モノレールを運営する現在の大阪高速鉄道とは無関係)の設立を企図し、大阪市内の東西貫通高速鉄道線として軌道法により鶴橋 - 難波 - 野田間の軌道敷設特許を申請した。これは、当時戦災によって廃墟となった大阪市内にその瓦礫を使って築堤し、市内を貫通する高架高速鉄道を建設しようとするユニークな構想に基づくものであったが、大阪市は市域交通は市営によるべきと反対の意見を表明した(市営モンロー主義[6]

しかし延長線建設の必要性はますます強くなり、阪神及び近鉄は1946年以降に相互乗り入れのため上本町 - 難波 - 千鳥橋間の新線を計画した。その後、近鉄難波線敷設免許の申請は数次にわたる変更があり、路線も当初大部分が高架式であったものが全線地下鉄へと変わった[6]。この計画が、都市交通審議会答申3号で盛り込まれ、1958年運輸省の免許を受け、近鉄創業以来のターミナルである大阪上本町駅から、大阪・ミナミの中心部である難波まで建設された。

駅一覧編集

駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
A01 大阪難波駅 - 0.0 大阪市高速電気軌道  御堂筋線 (M20)・  四つ橋線 (Y15)・  千日前線 (S16)…難波駅
南海電気鉄道:  南海本線  高野線[* 1] (NK01)…難波駅
阪神電気鉄道:  阪神なんば線 (HS 41)(直通あり)
西日本旅客鉄道:Q 関西本線大和路線)…JR難波駅
中央区
A02 近鉄日本橋駅 0.8 0.8 大阪市高速電気軌道:  堺筋線 (K17)・  千日前線 (S17)…日本橋駅
A03 大阪上本町駅 1.2 2.0 近畿日本鉄道:D 大阪線 (D03)
大阪市高速電気軌道:  谷町線 (T25)・  千日前線 (S18)…谷町九丁目駅
天王寺区
  1. ^ 運転系統としての「高野線」。同線の正式な起点は汐見橋駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』 - ネコ・パブリッシング
  2. ^ 車両故障による登坂性能低下で脱出不能となる事態を避けるため、「アーバンライナー」や「しまかぜ」などの高出力主電動機を搭載した一部の形式を除き、奈良線所属車との総括制御運転が不可能な車両は入線することができない。また、同様な理由で難波線では車両の向きが逆方向となっている編成(=逆編成)についての入線も禁止されている。
  3. ^ 阪神なんば線開業に合わせ、「近鉄難波駅」を「大阪難波駅」に、「上本町駅」を「大阪上本町駅」に駅名変更します。 (PDF) - 近畿日本鉄道 2008年3月31日
  4. ^ 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.302
  5. ^ 『近鉄80周年の歩み』より。
  6. ^ a b c 近畿日本鉄道株式会社『近鉄難波線 建設工事報告書』、1972年9月発行
  7. ^ 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.868
  8. ^ a b 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.695
  9. ^ 奈良線などより初乗り運賃が割高になった。奈良線などが大人70円の当時、難波線は50円が加算され、120円であった。
  10. ^ 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年、p.540

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集