メインメニューを開く

元谷 友貴(もとや ゆうき、1989年9月14日 - )は、日本男性総合格闘家石川県加賀市出身。フリー。元DEEPバンタム級王者。元DEEPフライ級王者。

元谷 友貴
Motoya,deep.jpg
基本情報
本名 元谷 友貴
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-09-14) 1989年9月14日(30歳)
出身地 石川県加賀市
所属 CB IMPACT
→フリー
身長 170cm
体重 61.5kg
階級 フライ級
バンタム級
バックボーン 総合格闘技
テーマ曲 Lose YourselfEminem
FANTASISTADragon Ash
テンプレートを表示

来歴編集

格闘技を始める前はサッカーサーフィンを経験し、サッカーでは石川県代表に選出された[1]

18歳の頃に石川県加賀市の道場でキックボクシングを学び、その後、クラブ・バーバリアンで総合格闘技を始め、アマチュア総合格闘技で試合経験を積んだ。

2011年5月22日、アマチュアシュートボクシングトーナメント-65kg級で優勝した[2]

2011年7月10日、DEEP名古屋大会にてプロデビュー。石田ガリット勝也と対戦し、フックの連打によりTKO勝利。

2012年3月25日、初代DEEPフライ級王者決定トーナメント1回戦で崎村暁東にアームロックで一本勝ち。7月22日、準決勝で加藤直之に判定勝利。決勝戦では木部亮に18秒でパウンドによりTKO勝利。DEEP最年少となる22歳での王座獲得に成功した[3]

2013年8月25日、DEEP 63のDEEPフライ級タイトルマッチで挑戦者の和田竜光と対戦し、判定負けを喫し王座陥落した[4]

2013年12月22日、DEEP 64でフライ級キング・オブ・パンクラシストの清水清隆と対戦し、判定勝利。

2014年3月20日、DEEP 65で元DEEPバンタム級王者の今成正和と対戦し、判定勝利。

2014年6月22日、DEEP 67で元DEEPバンタム級王者の前田吉朗と対戦し、腕ひしぎ十字固めにより一本勝ち[5]

2014年8月23日、DEEP 68のDEEPフライ級タイトルマッチで王者の和田竜光と再戦し、リアネイキドチョークにより一本勝ちを収め、王座獲得に成功すると共にリベンジにも成功した[6]

2014年12月31日、DEEP DREAM IMPACT 2014 〜大晦日SPECIAL〜で元RFAフライ級王者のマット・マンザナレスと対戦し、マウントパンチでTKO勝利。

2015年10月17日、DEEP73のDEEPフライ級タイトルマッチで挑戦者の小島壮太と対戦し、5-0で判定勝ちを収め王座の初防衛に成功した。

2015年12月29日、RIZIN初出場となったRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYSでフェリペ・エフラインと対戦。左フックによりKOされるが、相手選手が前日計量で体重超過をしたため無効試合裁定となった。

2016年4月17日、RIZIN.1でアラン・ナシメントと対戦予定であったが、元谷が前日の計量で契約体重をオーバーし体重が落ちず体調不良のため医師の診断を受けたところ、ドクターストップで試合中止となった。

2016年4月23日、DEEPフライ級王座を返上。

2016年10月18日、 DEEP CAGE IMPACT 2016にてDJ.taikiと対戦し、3-0の判定勝利。

2016年12月29日、RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUNDにてアラン・ナシメントと対戦し、2-1の判定勝利。

2017年4月16日、RIZIN 2017 in YOKOHAMAにて堀口恭司と対戦し、3-0の判定負け[7]

その後、シュートボクセ・アカデミー所属の対戦相手だったフェリペ・エフラインやアラン・ナシメントの縁から、シュートボクセ・アカデミーへ武者修行。所属がフリーとなる[8]

2018年8月12日、RIZIN.12にて、修斗環太平洋バンタム級王者など三冠の祖根寿麻と対戦し、リアネイキドチョークで一本勝利[9]

2018年10月27日、DEEP 86のDEEPバンタム級王座決定戦で釜谷真と対戦し、リアネイキドチョークにより勝利し王座獲得に成功。DEEP2階級制覇となった[10]

2018年12月31日、RIZIN.14にて元UFCファイターのジャスティン・スコギンズと対戦し、ティーピーチョーク(変形三角絞め)で一本勝利[11]

2019年3月9日、DEEP 88のDEEPバンタム級タイトルマッチにて挑戦者のビクター・ヘンリーと対戦。2Rにハイキックによりダウンするが、3Rにパウンドで盛り返すも、2-3の判定負けにより王座から陥落した[12]

2019年7月28日、RIZIN.17にて扇久保博正と対戦。テイクダウンを奪われ主導権を握られ、3Rに打撃戦を展開し巻き返すも、1-2の判定負け[13]

戦績編集

プロ総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
28 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
22 6 8 8 0 0 2
6 1 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 扇久保博正 5分3R終了 判定1-2 RIZIN.17 2019年7月28日
× ビクター・ヘンリー 5分3R終了 判定2-3 DEEP 88 IMPACT
【DEEPバンタム級タイトルマッチ】
2019年3月9日
ジャスティン・スコギンズ 1R 3:28 ティーピーチョーク RIZIN.14 2018年12月31日
釜谷真 3R 4:43 リアネイキドチョーク DEEP 86 IMPACT
【DEEPバンタム級王座決定戦】
2018年10月27日
祖根寿麻 2R 4:32 リアネイキドチョーク RIZIN.12 2018年8月12日
ムン・ジェフン 2R 4:23 TKO(パウンド) DEEP 84 IMPACT 2018年6月30日
ビョン・ジェウン 5分3R終了 判定3-0 DEEP 82 IMPACT 2018年2月24日
× 堀口恭司 2R(10分/5分)終了 判定0-3 RIZIN 2017 in YOKOHAMA 2017年4月16日
アラン・ナシメント 2R(10分/5分)終了 判定2-1 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND 2016年12月29日
DJ.taiki 5分3R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2016 in KORAKUEN HALL 2016年10月18日
コ・ドンヒョク 1R 3:09 リアネイキドチョーク DEEP 77 IMPACT 2016年8月27日
アラン・ナシメント 無効試合(ドクターストップ) RIZIN.1 2016年4月17日
フェリペ・エフライン 1R 1:56 無効試合(相手選手の体重超過) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS 2015年12月29日
小島壮太 5分3R終了 判定5-0 DEEP 73 IMPACT
【DEEPフライ級タイトルマッチ】
2015年10月17日
チェ・ジョンホン 1R 2:08 リアネイキドチョーク DEEP 72 IMPACT 2015年5月17日
マット・マンザナレス 3R 3:17 TKO(マウントパンチ) DEEP DREAM IMPACT 2014 〜大晦日SPECIAL〜 2014年12月31日
和田竜光 2R 4:15 リアネイキドチョーク DEEP 68 IMPACT
【DEEPフライ級タイトルマッチ】
2014年8月23日
前田吉朗 1R 4:59 腕ひしぎ十字固め DEEP 67 IMPACT 2014年6月22日
今成正和 5分3R終了 判定3-0 DEEP 65 IMPACT 2014年3月22日
清水清隆 5分3R終了 判定3-0 DEEP 64 IMPACT 2013年12月22日
× 和田竜光 5分3R終了 判定1-4 DEEP 63 IMPACT
【DEEPフライ級タイトルマッチ】
2013年8月25日
青山忍 1R 3:42 TKO DEEP TOYAMA IMPACT 11 2013年4月14日
柴田"MONKEY"有哉 5分2R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 2nd ROUND 2012年12月8日
木部亮 1R 0:18 TKO(パウンド) DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト
【フライ級王者決定トーナメント 決勝戦】
2012年7月22日
加藤直之 5分2R終了 判定3-0 DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト
【フライ級王者決定トーナメント 準決勝】
2012年7月22日
崎村暁東 2R 3:51 アームロック DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト
【フライ級王者決定トーナメント 1回戦】
2012年3月25日
× 加藤直之 2R 4:08 TKO(カット) DEEP CAGE IMPACT 2011 in TOYAMA 2011年11月27日
× 寒天たけし 2R 2:04 腕ひしぎ十字固め club DEEP 公武堂ファイト 2011年10月9日
板谷一樹 2R 1:51 TKO Club DEEP in DIANA 2 2011年8月21日
石田ガリット勝也 1R 1:46 TKO(フック連打) DEEP CAGE IMPACT 2011 in Nagoya 2011年7月10日

獲得タイトル編集

  • 第8回中部アマ修斗フレッシュマントーナメント ライト級 優勝(2010年)[14]
  • アマチュアシュートボクシングトーナメント -65kg級 優勝(2011年)
  • 初代DEEPフライ級王座(2012年)
  • 第3代DEEPフライ級王座(2014年)
  • 第7代DEEPバンタム級王座(2018年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
王座新設
初代DEEPフライ級王者

2012年7月22日 - 2013年8月25日

次王者
和田竜光
前王者
和田竜光
第3代DEEPフライ級王者

2014年8月23日 - 2016年4月23日

空位
次タイトル獲得者
和田竜光
空位
前タイトル保持者
ソン・ジンス
第7代DEEPバンタム級王者

2018年10月27日 - 2019年3月9日

次王者
ビクター・ヘンリー