株式会社八幡ねじ: Yahata Neji Corporation )は、愛知県北名古屋市に本社を置くねじ金物・日用雑貨の製造・卸。ホームセンターで販売される日曜大工向けねじ製品では約7割と高いシェアを持つ[2]

 株式会社 八幡ねじ
YAHATA NEJI CORPORATION
Yahata Logo.png
Yahata Neji Headquarter 20160528.jpg
本社(2016年5月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 八幡ねじ
本社所在地 日本の旗 日本
481-8555
愛知県北名古屋市山之腰天神東18
北緯35度15分26.1秒
東経136度50分39.1秒
座標: 北緯35度15分26.1秒 東経136度50分39.1秒
本店所在地 481-8555
愛知県北名古屋市山之腰天神東18
設立 1953年(昭和28年)7月27日
業種 ねじ・金物製造・卸、日用雑貨卸
法人番号 5180001101915 ウィキデータを編集
事業内容 ボルト・ナットなどのねじや部品をつなぐ締結部品、日曜大工に使用するDIY商品の製造・卸売販売を主に行っている。
代表者 代表取締役 鈴木 建吾
資本金 2000万円
売上高 240億円 (2012年6月)
純利益 8億3473万4000円(2017年06月30日時点)[1]
総資産 151億5064万3000円(2017年06月30日時点)[1]
従業員数 1201名(グループ全体)
決算期 6月
主要子会社 株式会社リード、株式会社システムワイズ
外部リンク https://yht.co.jp/
テンプレートを表示

日本国内主要拠点編集

  • 愛知県 (北名古屋市、刈谷市)、東京(埼玉県越谷市)、九州(佐賀県)、仙台、大阪、松本

海外拠点編集

  • タイ、中国、インドネシア

沿革編集

  • 1946年昭和21年) - 創業[3][4]。磨ボルトの製造工場として名古屋市北区大杉町にて。
  • 1948年(昭和23年) - ボルト・ナットの販売部門八幡商会を名古屋市西区志摩町に併設。
  • 1953年(昭和28年) - 株式会社に組織改組。
  • 1959年(昭和34年) - 名古屋市中村区本陣通に新店舗を建設、販売の一本化をはかる。大阪市西区堀江町に仕入基地として出張所開設。
  • 1960年(昭和35年) - 大手ユーザーへの販売部門(第2営業部)開設。
  • 1961年(昭和36年) - 営業規模の拡大により名古屋市西区花の木2-2-8に新社屋を建設。
  • 1962年(昭和37年) - 交通事情、運輸事情好転につき大阪出張所を廃止。
  • 1966年(昭和41年) - 本社隣接地に倉庫増設、在庫充実を図る。優良申告法人として名古屋西税務署より表彰を受ける。
  • 1970年(昭和45年) - 愛知県西春日井郡西春町山之腰天神東18に新事務所・社員アパート・倉庫2棟(第1・第3倉庫)建設。
  • 1971年(昭和46年) - 新事務所に本社を移し、社名を株式会社八幡ねじと変更、既存の社屋を名古屋寮とする。名古屋市中川区五女子町に八熊営業所を開設。
  • 1973年(昭和48年) - 本社に第2倉庫(自動倉庫)建設。
  • 1974年(昭和49年) - 旧本社を名古屋支店とし、販売品目の拡大をはかる。なお、八熊営業所は廃止する。
  • 1975年(昭和50年)5月 - DIY商品販売開始。
  • 1976年(昭和51年)4月 - 東京営業所開設。
  • 1978年(昭和53年) - DIY専門卸売り部門をHI事業部とする。
  • 1979年(昭和54年) - 本社に2階建新事務所、倉庫(第4倉庫)建設。コンピュータ導入(第1次コンピュータ化)。
  • 1982年(昭和57年) - 本社に新倉庫(第5倉庫)建設。取引先とのオンラインシステム稼働。
  • 1983年(昭和58年) - 即時処理をめざしてコンピュータ・システムの増強(第2コンピュータ化)。南倉庫購入。
  • 1984年(昭和59年) - OA機器販売、ソフトウェア開発の部門としてOA事業部開設。
  • 1985年(昭和60年) - 本館事務所増築。マイコンショップ、ヤハタOAシステムを名古屋市西区にてオープン。同時にOA事業部を移転、事業部名もヤハタOAシステム(現システム・ワイズ)とし、OA機器の拡販およびソフトウェア開発環境の充実をはかる。名古屋支店の電算化。
  • 1986年(昭和61年) - 仙台および福岡に出張所開設。バーコードを利用した新生産管理システムEOS(エレクトリックオーダリングシステム)稼働。
  • 1987年(昭和62年) - 鈴木建吾代表取締役社長に就任。NIES(新興工業経済地域)との取引開始。貿易会社イントラ設立。フローシステム(バーコードを利用した出荷システム)を稼働させるための3階建ての新倉庫増築。全社的統合システムを目指し、コンピュータシステム増強(第3次コンピュータ化)
  • 1988年(昭和63年) - 新潟出張所開設。
  • 1989年平成元年) - 海部郡蟹江町に蟹江工場および倉庫建設。
  • 1990年(平成2年) - 岡山出張所開設。
  • 1991年(平成3年) - 刈谷営業所開設。福岡出張所移転、営業所となる。
  • 1993年(平成5年) - 物流機能強化のため、運送会社(株)リード設立。
  • 1994年(平成6年) - 東京営業所を三郷市に拡張移転。
  • 1995年(平成7年) - 岐阜県各務原市工業団地に各務原DC建設。(有)イントラを株式会社に改組。
  • 1996年(平成8年) - 札幌営業所開設。
  • 1997年(平成9年) - VM(ビジュアルマネジメント)キックオフ。福岡市博多区那珂6-1-17に福岡DCを移設。新潟出張所を東京に統合。
  • 1998年(平成10年) - (株)システムワイズ設立。大阪営業所開設。
  • 1999年(平成11年) - ワイズチャイナを中国に設立。
  • 2000年(平成12年) - 販売会社サイアムヤハタ、製造会社ヤハタファスナータイをタイに設立。VM賞受賞。各務原DC第二倉庫建設。ISO9001・ISO14001キックオフ。
  • 2001年(平成13年) - 汎用システムからのダウンサイジング、YaCS、YaCS-EDIの開発(第4次コンピュータ化)。ISO9001・ISO14001同時認証取得。10月大阪営業所を東大阪市へ拡張移転。
  • 2002年(平成14年) - YPS(ヤハタプロダクションシステム)により合理化推進と在庫削減1億円達成。2002 Good Design Award 日本商工会議所会頭賞受賞[5]、Gマーク取得。SDAサインデザイン大賞[6]、DDAディスプレイデザイン優秀賞[7]他受賞。
  • 2003年(平成15年) - 上海八幡五金有限公司設立。南倉庫に切削工場を併設。基本理念ハンドブック作成。
  • 2004年(平成16年) - 上海雅浩徳貿易有限公司設立。3月福岡DCを佐賀県鳥栖市に新築移転、名称を九州DCとする。
  • 2005年(平成17年) - 3月第1回デザイン・エクセレント・カンパニー賞受賞。3月FNバーコード出荷システム稼動。
  • 2006年(平成18年)3月 - 松本営業所開設。各務原DC第三倉庫建設、拡張。タイ工場を新築移転。HI生産管理部を各務原DCに移転。
  • 2007年(平成19年) - 全社統合システムYaCS稼動(第5次コンピュータ化)。
  • 2008年(平成20年) - 中小企業IT経営力大賞・経済産業大臣賞受賞[4]。経済産業省より中小企業IT経営革新支援事業「物流改革プラン(ねじEDI/SaaS協議会)」を受託。
  • 2009年(平成21年) - 「物流改革プラン(ねじEDI/SaaS協議会)」[8]完成。
  • 2010年(平成22年) - ヤハタファスナータイ、上海八幡五金有限公司TS16949認証取得。広州事務所開設。
  • 2011年(平成23年) - ヤハタファスナーインドネシア(YFI)をインドネシアに設立。東京営業所を埼玉県越谷市に移転。東京支店へ変更。
  • 2012年(平成24年) - 愛知ブランド認定(平成23年度認定企業)[9][10]。認定番号810[3][9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 株式会社八幡ねじ 第6期決算公告
  2. ^ 『中日新聞』2011年10月21日付朝刊11面。
  3. ^ a b 株式会社八幡ねじ”. 愛知県産業労働部産業振興課 基盤産業グループ. 2013年5月10日閲覧。
  4. ^ a b 中部発きらり企業紹介(METI Chubu/経済産業省中部経済産業局)”. 中部経済産業局. 2013年5月10日閲覧。
  5. ^ GDA2002”. 公益財団法人日本デザイン振興会 2002年10月1日. 2013年5月10日閲覧。
  6. ^ SDAのあゆみ”. 社団法人日本サインデザイン協会. 2013年5月10日閲覧。
  7. ^ ディスプレイデザイン優秀賞2002”. 一般社団法人 日本空間デザイン協会. 2013年5月10日閲覧。
  8. ^ お客様導入事例”. IBM. 2013年5月10日閲覧。
  9. ^ a b 愛知ブランド企業 八幡ねじが23年度認定企業に”. Fastening journal (2012年4月25日). 2013年5月10日閲覧。
  10. ^ 平成23年度企業一覧 : 年度別企業一覧”. 愛知県産業労働部産業振興課 基盤産業グループ. 2013年5月10日閲覧。

外部リンク編集