メインメニューを開く

只見駅

日本の福島県南会津郡只見町にある東日本旅客鉄道の駅

只見駅(ただみえき)は、福島県南会津郡只見町大字只見字上ノ原にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)只見線である。

只見駅
駅舎(2005年5月)
駅舎(2005年5月)
ただみ
Tadami
会津蒲生 (4.5km)
(20.8km) 大白川*
所在地 福島県南会津郡只見町大字只見字上ノ原1827
只見駅の位置(只見線内)
只見駅
只見駅の位置(福島県内)
只見駅
只見駅の位置(福島県内)
只見駅
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 只見線
キロ程 88.4km(会津若松起点)
電報略号 アミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
20人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1963年昭和38年)8月20日
備考 直営駅
* この間に新潟支社と、仙台支社支社界あり (当駅から会津蒲生寄りは仙台支社管轄)
テンプレートを表示

2013年3月16日ダイヤ改正で、西隣の田子倉駅(臨時駅)が廃止になったため、以後東北地方で最も西に位置する駅となった。

歴史編集

 
只見駅まで運行されていたC11形蒸気機関車による貨物列車(1973年11月)

駅構造編集

島式ホーム1面2線に側線を有する地上駅で、構内は広い。駅舎はコンクリート平屋で、保線詰所も入った大きなものである。ホームは広い構内の中に鋼製の骨組みにコンクリートのパネルを敷いたものがぽつんとある形となっており、駅舎からホームまで構内通路の上を60メートル程歩かねばならない。しかし豪雪時はこの通路両脇が除雪した雪で壁となりホームから駅舎の屋根も見えなくなる。

会津若松駅が管理する直営駅(管理助役配置)である。みどりの窓口自動券売機は未設置であるが、POS端末が設置されている。指定席の発売は、料金専用補充券を使用して行なわれている。駅舎内部の待合所に出札窓口がある。

構内の大白川方の線路の東側には、珍しい人力で動かす転車台もあり、夏季などに運転される観光列車「SL会津只見号」の蒸気機関車の向きを変えるときにも使用されている。只見線は昭和40年代後半頃までC11形蒸気機関車による貨物列車が運行されていた。転車台はその名残である。

豪雨災害前は夜間滞泊が設定されていた。大白川駅 - 当駅間の復旧ダイヤでは始発・最終列車は大白川駅始発・終着に見直されたために廃止された。

只見町観光まちづくり協会編集

2008年平成20年)2月10日に竣工した改築工事では、待合所に只見町インフォメーションセンター(只見町観光まちづくり協会)が併設された。土産品などを扱うほか、夏期はレンタサイクル等も扱う[3][4]

のりば編集

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 (災害のため使用停止中)
反対側 只見線 下り 小出方面[5]
  • 豪雨災害により会津川口方面は不通になっているため、小出からの定期列車はすべて駅舎と反対側のホームに入線し、折り返している。本来はホームの駅舎側が会津川口方面、反対側が小出方面である。
  • 「SL会津只見号」は当駅折り返しのため上りホームに入線後、蒸気機関車の機回しを行っていた。その間、小出方面の接続列車は下りホームに入線して折り返していた。

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は20人である[利用客数 1]。乗車人員を把握できる福島県内のJRの駅の中では、最も少ない駅である。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 38 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 37 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 38 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 34 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 25 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 26 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 29 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 30 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 25 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 29 [利用客数 11]
2010年(平成22年)    
2011年(平成23年)    
2012年(平成24年) 9 [利用客数 12]
2013年(平成25年) 15 [利用客数 13]
2014年(平成26年) 22 [利用客数 14]
2015年(平成27年) 24 [利用客数 15]
2016年(平成28年) 23 [利用客数 16]
2017年(平成29年) 22 [利用客数 17]
2018年(平成30年) 20 [利用客数 1]

駅周辺編集

只見町の中心部にあり、駅前にはタクシー会社があり、町内の各観光スポットへの交通の便が確保されている。駅周辺の地図は「パンフレット紹介(只見町観光まちづくり協会)」を参照。

地理・交通
観光・名所・レジャー・商業
その他

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
只見線
会津蒲生駅 - 只見駅 - *田子倉駅 - 大白川駅
*打消線は廃駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ 越前勤『東日本大震災「復興」時刻表』講談社、2012年、174-175頁。ISBN 978-4-06-217570-8
  2. ^ “新潟・福島豪雨:被害で不通のJR只見線・只見−大白川駅、来月から運転再開 /福島”. 毎日新聞. (2012年9月11日). http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20120911ddlk07040171000c.html 2012年9月21日閲覧。 
  3. ^ 只見駅でできること、まとめました - 只見町観光まちづくり協会、2018年10月19日閲覧
  4. ^ レンタサイクル始まりました! - 只見町観光まちづくり協会、2018年10月19日閲覧
  5. ^ 時刻表 只見駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月20日閲覧。
  6. ^ a b 只見駅からサイクリング&おさんぽMAP (PDF)”. 2018年10月19日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月22日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集