メインメニューを開く
一八豪雪がもたらした積雪に埋もれる駅名標越後中里駅

豪雪(ごうせつ)とはによる雪害のうち、程度の著しいものを呼ぶ。大雪(おおゆき)の類義語でもある。降雪量や積雪量による定義は存在せず、災害の程度が著しい場合に気象災害名としても用いられる。

世界的には高緯度で海岸に近い山地などに豪雪地帯がみられるが、日本のように比較的低緯度で平野に多くの雪が降る特異な例もある[1]

日本編集

日本における最深積雪は世界的な値を示しており世界有数の豪雪地帯が存在する[1]

  • 日本海側で降る雪は多量の水分を含んでいるため、屋根に多量の雪が積もると家屋の損壊などの被害が発生する。
  • 雪おろしの負担が増大し、高齢者を中心に雪おろし中の事故が多発する。また雪処理に莫大な費用がかかるため、財政力の弱い市町村では財政が悪化する可能性がある。
日本における主な豪雪(太字気象庁の命名)
名称 期間
元号含む 他の通称
昭和38年1月豪雪 三八豪雪 1963年昭和38年)1月 - 2月
昭和48年豪雪 四八豪雪・秋田豪雪 1973年(昭和48年)11月 - 1974年(昭和49年)3月
昭和52年豪雪 五二豪雪 1976年(昭和51年)12月 - 1977年(昭和52年)2月
昭和56年豪雪 五六豪雪 1980年(昭和55年)12月 - 1981年(昭和56年)3月
昭和59年豪雪 五九豪雪 1983年(昭和58年)12月 - 1984年(昭和59年)3月
昭和61年豪雪 六一豪雪 1985年(昭和60年)12月 - 1986年(昭和61年)2月
平成18年豪雪 一八豪雪・〇六豪雪 2005年平成17年)12月 - 2006年(平成18年)2月
平成23年豪雪 北陸豪雪・山陰豪雪 2010年(平成22年)12月 - 2011年(平成23年)1月
平成24年豪雪 北海道豪雪 2011年(平成23年)12月 - 2012年(平成24年)3月
平成25年豪雪 東北豪雪 2012年(平成24年)12月 - 2013年(平成25年)2月
平成26年豪雪 2014年(平成26年)2月
平成28年豪雪 西日本豪雪 2016年(平成28年)1月
平成30年豪雪 北陸豪雪・北海道豪雪 2018年(平成30年)1月 - 3月

昭和2年編集

1926年(大正15年・昭和元年)-1927年(昭和2年)の冬は北陸地方で豪雪となった。北陸地方で昭和の期間は18年周期で豪雪になっている(昭和2年・20年・38年・56年)[2]

数字は積雪を示す。

  • 1926年10月27日 - 札幌5
  • 12月 - 軽井沢49(1日)。宇和島11(8日)。館野2(15日)。浜松2(18日)、勝浦1(18日)。津6(19日)。高山71(23日)。釧路56(24日)、宮古53(24日)、前橋10(24日)、長野44(24日)、徳島3(24日)。京都20(25日)、神戸1(25日)、広島11(25日)。彦根47(26日)、浜田25(26日)、境60(26日)、枕崎2(26日)。八丈島1(27日)。岡山5(28日)。
  • 1927年1月 - 宇和島22(23日)。敦賀129(28日)、室戸岬0(28日)。豊岡119(30日)。金沢108(31日)、彦根80(31日)。
  • 2月4日 - 高知3、潮岬1。
  • 2月8日 - 長崎9、鹿児島14。
  • 2月9日 - 高田375、宇和島10。
  • 2月10日 - 新潟81
  • 2月12日 - 金沢167、福井209、境65。
  • 2月13日 - 伏木159、敦賀127。
  • 3月 - 豊岡64(2日)。勝浦11(5日)。広島8(13日)、岡山10(13日)、東京14(13日)、秩父40(13日)、熊谷23(13日)。前橋18(14日)、松本35(14日)。仙台21(20日)、小名浜16(20日)。
  • 4月 - 新潟12(5日)、伏木8(5日)。

昭和20年編集

1944年(昭和19年)-1945年(昭和20年)の冬は観測史上最も寒い冬となり、多数の地点で最深積雪の記録を更新した。

数字は積雪を示す。太字は観測史上最大を示す。

  • 1944年11月 - 江差で積雪24cmを記録(13日)、旭川59(18日)、北見枝幸53(22日)。
  • 12月 - 苫小牧32(8日)。小樽85(13日)。大島0(17日)。留萌89(19日)。盛岡39(20日)。寿都94(21日)、八戸26(21日)。青森96(27日)。富山53(30日)。函館36(31日)。
  • 1945年1月13日 - 八戸52
  • 1月16日 - 徳島11
  • 1月18日 - 輪島110、相川52。
  • 1月19日 - 新潟103、大島6。
  • 1月23日 - 土佐清水2
  • 1月24日 - 高田374、函館55、銚子12、宮崎3、都城12。
  • 1月25日 - 留萌167cm
  • 1月26日 - 富山158、金沢125、長野51。
  • 1月27日 - 敦賀119
  • 1月28日 - 石廊崎8
  • 1月29日 - 福井130、豊岡129、鳥取72。
  • 1月30日 - 青森193、酒田55。
  • 1月31日 - 寿都138、江差100。
  • 2月1日 - 軽井沢60
  • 2月4日 - 浜田38、八丈島1。
  • 2月5日 - 伏木140、豊岡159。
  • 2月6日 - 留萌183、彦根65。
  • 2月7日 - 熊本13、佐賀9、長崎13、日田10、旭川115。
  • 2月8日 - 福島48
  • 2月9日 - 新潟81
  • 2月10日 - 敦賀124、相川58。
  • 2月11日 - 福井161
  • 2月12日 - 輪島78
  • 2月13日 - 深浦76
  • 2月17日 - 寿都180
  • 2月19日 - 小樽173
  • 2月21日 - 青森209、八戸50、平戸4。
  • 2月22日 - 大島32、大分15、東京38、河口湖68、松山17。
  • 2月25日 - 静岡10、石廊崎1、名古屋16、尾鷲4、大阪12、神戸17、洲本13、津山29、岡山26、福山23、広島29、鳥取94、高松12、多度津12。
  • 2月26日 - 江差194、山形94、白河43、小名浜28、水戸32、館野26、奥日光65、宇都宮30、前橋37、熊谷27、銚子15、勝浦37、横浜45、長野71、松本46、諏訪35、飯田45、甲府42、三島18、網代28、高山88、上野15、高田377、富山165、金沢130。
  • 2月27日 - 酒田96
  • 3月 - 小樽167(2日)、苫小牧42(2日)、山形83(2日)。江差193(3日)。宿毛0(8日)。旭川121(9日)、留萌179(9日)。盛岡52(10日)、福山4(10日)。彦根27(11日)。寿都189(17日)。勝浦5(18日)。
  • 4月 - 館野0(4日)、小名浜0(4日)。江差13(6日)。
  • 5月10日 - 網走5、帯広10。

北米編集

北米大陸の西部ではロッキー山脈から海岸部にかけての地域で雪が多い[1]。また、北米大陸の東部ではラプラドル高原から五大湖にかけての地域が多雪地帯となっている[1]

カナダ西部には豪雪地帯があり太平洋気団からもたらされる気流の山越えが豪雪の主たる要因になっている[1]。また、カナダ東部にも豪雪地帯があり、北極から南下してくる寒気と、太平洋の暖流とともに北上してくる湿潤な暖気が豪雪の要因になっている[1]

影響編集

  • 春になって、雪解けが急に進むと雪崩洪水などを引き起こすことがある。
  • 積雪が数mを超えるとライフラインが寸断され、山間部などの集落が孤立することがある。
  • 雪が少しずつ解けるのであれば、水資源になり、場合によっては水不足を軽減するというメリットもある。また、雪解け水ダムに貯めて、水資源の確保や水力発電に利用することができる。
  • 雪が多いことによって地表はより白くなり、アルベド太陽放射の反射率)が高くなるので、寒波が去った後も気温を下げる効果がある。また、雪が解けるときには融解熱を奪い、雪解け水は冷たいので、空気を冷やす効果がある。そのため、春の急激な気温の上昇を和らげる効果がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 三寺光雄『第三の災害』東京堂出版、1976年、42頁。
  2. ^ 北陸地方では過去には18年ごとに大規模な雪害があった 饒村曜、2019年11月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集