メインメニューを開く

前田 実(まえだ みのる、1954年3月24日 - )は、日本のアニメーターキャラクターデザイナー北海道出身。SynergySP取締役。

略歴編集

1970年、アニメ制作会社スタジオジュニオ(以下ジュニオ)の第1回のアニメーター募集で入社。アニメーターの前田庸生大塚康生から技術を吸収して、ジュニオが下請けを行なっていた東映動画作品、東京ムービーAプロダクション)作品の動画からキャリアをスタート。テレビアニメはじめ人間ギャートルズ』などの原画を経てジュニオの中核アニメーターに成長し、特に1980年代は、キャラクターデザイナーのデビューになったテレビアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』(1981年)を皮切りに、『タッチ』、『ドラゴンボール』といった大ヒット作のキャラクターデザインと総作画監督を歴任した。

1988年の『それいけ!アンパンマン』開始後は、長く続けた東映動画の『ドラゴンボールZ』も1993年で降板して、アンパンマンシリーズが前田の仕事の中心となった。他にも、杉井ギサブロー監督とは『ナイン』以来の長い付き合いとなっており、コンビを組んでグループ・タック作品などにも参加することも多い。

1998年には、我妻宏岡崎稔らと共に、シナジージャパン(現:SynergySP)の設立に参加し、同社の取締役に就任した。

人物・エピソード編集

  • 前田が業界に入った当時のアニメ化作品のキャラクターデザインが原作と異なる事が多かった状況について漫画家の絵は下手糞という認識のあったアニメーターの傲りだったとし、前田のポリシーとしては「たとえ画が下手だったとしても、下手なりにファンがいるわけだから、そっくりそのまま表現しないとおかしい」という見解からキャラクターデザインするようになってからは、線1本まで似せるようにしているという[1]
  • そのような意識の中で様々なエピソードがあり、若手時代に原作のコマに着色して喋っているだけの「忠実な」映像化を行い演出家に激怒された事があるという(前田自身も後年失敗だった事を認めている)[2]。また、長年キャラクターデザインを務めていた『ドラゴンボール』では亀仙人の頭のラインを描くのが苦手で原作者の鳥山明を訪ねて目の前で亀仙人を描いてもらい、それを見て「描き方が違うから、描きにくかったんだ」と気づいたといい、「普通、右利きの人は右上から左下に線を引くじゃないですか。だけど、鳥山君は左下から右上に線を引いてたんですよ。それだけの違いだったんです。」としている[3]
  • 現場の経歴としてはキャラクターデザインを務めた『Dr.スランプ アラレちゃん』、『それいけ!アンパンマン』で何度か絵コンテを経験した程度で、一貫してアニメーターの道を歩んでいるが1980年代には、任天堂社から発売されているゲームソフト『ゼルダの伝説』シリーズの初期のイラストレーションも請け負っていた(同シリーズの生みの親である宮本茂との親交の関係から)。前田の名前は、1998年発売の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のスタッフクレジットでも「Illustration Support」(監修協力)として確認できる[4]
  • 佐藤正樹は『ドラゴンボールZ』に参加した際、前田から前日の夕方に連絡を受けアイキャッチ部分の作画を「明日の昼までにあげろ!」と無茶振りを要求され絵コンテの内容に尺が合わず苦労の末完成させたものの、放映を見た前田は「正樹! 何だ、あれは!」と激怒されたという。だが放送中、このアイキャッチが『ドラゴンボールZ』数年にわたって一番多く使われ、後年このアイキャッチの絵のカードダスまんだらけで買い取り額が百万円だったことを知り驚いたという[5]
  • 若手時代に前田と仕事をした清水保行によると若手のアニメーターと仕事をする際、描いた絵は直すものの、動きのタイミングは絶対に直さなかったといい、その結果必ず自分らしさが残る事から若手のモチベーションも上がったという[6]

参加作品編集

テレビアニメ編集

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

  • Dr.スランプ アラレちゃん(チーフ作画監督、キャラクターデザイン、原画、作画監督、絵コンテ、オープニング・エンディング)

1982年

1983年

1984年

1985年

  • タッチ(総作画監督・タイトルアニメーション)

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1993年

1995年

1996年

1998年

  • タッチ Miss Lonely Yesterday あれから君は…(作画監督)

1999年

2001年

  • キャプテン翼(総作画監督)
  • タッチ CROSS ROAD〜風のゆくえ〜(総作画監督)

2002年

2003年

2004年

2005年

2017年

劇場アニメ編集

1972年

1979年

1980年

  • がんばれ!!タブチくん!! 激闘ペナントレース(作画監督)
  • がんばれ!!タブチくん!! あゝつっぱり人生(作画監督)
  • ドラえもん のび太の恐竜(原画)

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

OVA編集

1988年

1989年

  • TAMA&FRIENDS 3丁目物語(作画監督)
  • マドンナ2 愛と青春のキック・オフ(キャラクターデザイン・作画監督)

1991年

1994年

2008年

出典編集

  1. ^ DRAGON BALL DVD BOX DRAGON BOOK p15 PCBC-50482 2004年7月7日発売
  2. ^ アニメージュ』2012年6月号
  3. ^ DRAGON BALL 金色の戦士 ドラゴンボール アニメイラスト集 2010年4月16日刊行 ホーム社 p54
  4. ^ 社長が訊く 『PUNCH-OUT!!』” (日本語). 任天堂 (2009年7月13日). 2011年10月16日閲覧。
  5. ^ 佐藤正樹インタビュー
  6. ^ 清水保行さんスペシャルインタビュー
  7. ^ 鉄人28号”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。