メインメニューを開く

それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙

それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙』(それいけアンパンマン キラキラぼしのなみだ)は、1989年3月11日公開の、映画『それいけ!アンパンマン』シリーズ通算第1作。同時上映作品は『おねがい!サミアどん』と『ロボタン』。

それいけ!アンパンマン
キラキラ星の涙
監督 永丘昭典
脚本 翁妙子
原作 やなせたかし
製作総指揮 藤岡豊
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
折笠愛
水島裕
加藤治
音楽 いずみたく
撮影 高橋宏固
編集 鶴渕和子
鶴渕允寿
製作会社 日本テレビ
松竹富士
東京ムービー新社
フレーベル館
公開 日本の旗 1989年3月11日
上映時間 約75分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4億6194万円[要出典]
配給収入 2.5億円[1]
前作 (本作がシリーズ第1作)
次作 それいけ!アンパンマン ばいきんまんの逆襲
テンプレートを表示

全日本私立幼稚園連合会、社会福祉法人日本保育協会、社会福祉法人全国社会福祉協議会・全国保育協議会推薦作品。

キャッチコピーは、『愛と夢のメッセンジャー』、『アンパンマンが映画館に、やってくる!』。

概要編集

『それいけ!アンパンマン』の初劇場作品。アンパンマン達がヒロインのナンダ・ナンダー姫と共に、秘宝の宝石『キラキラの涙』を探してアンパンマンワールドを旅する冒険記。パン工場の周辺から氷の国、砂漠へと、より広い範囲で舞台が移動する。TVシリーズの延長線ながらも、美術背景がより細かく描き込まれている。

やなせの回想によると、TVシリーズの好評から急遽制作が決まり、準備期間がほとんどなく、突貫で作ったとのこと。

また、カツドンマンとかまめしどん、ユキダルマン、氷の女王とゆきおおかみ、さかさまん、すなおとこは、この映画で先行登場した(テレビシリーズ初登場は、この映画公開後に放送の第39話B『アンパンマンとゆうきのはな』、第40話『アンパンマンとどんぶりまんトリオ』、第45話A『アンパンマンとすなおとこ』、第93話A『アンパンマンとカキゴーリラ』、第157話B『アンパンマンと氷の女王』)。映画で出会ったため、TVアニメでは知り合いからスタートしているのとそうでないのとがある。

アンパンマンシリーズの映画本編では歴代最長(約75分)。またOP『アンパンマンのマーチ』では1番が採用され、ED『勇気りんりん』ではフルコーラスであるなど以降の作品と差異が多い。

あらすじ編集

いつものようにパトロールをしていたアンパンマン。突然嵐が来て、雷に打たれて落下しそうになったところを、宇宙船に助けられる。ところが、その宇宙船も落雷に打たれて墜落してしまい、アンパンマンは宇宙船の乗組員を助けに行く。嵐が過ぎ、宇宙船が落ちた森には壊れてバラバラになったロボットがあった。

そのロボットのマルデ・ヘンダーはパン工場でジャムおじさんに修理してもらった。マルデ・ヘンダーは故郷のキラキラ星から恐ろしいドロンコ魔王に奪われた秘宝・キラキラの涙を探しに星の主のナンダ・ナンダー姫と共にやってきたのだ。

一方、森でばいきんまんと出会ったナンダ姫はキラキラの涙の秘密を彼に知られてバイキン城で捕まってしまう。しかし、ばいきんまん同様、キラキラの涙が欲しくなったドキンちゃんの手助けにより脱出したナンダ姫はアンパンマン達と出会い、マルデ・ヘンダーとも無事に再会した。

そしてキラキラの涙を探しにナンダ姫たちと一緒に出発したアンパンマンと仲間たちは、無事にキラキラの涙を見つけ出せるのか…?

登場キャラクター(キャスト)編集

レギュラーキャラクター編集

アンパンマン
- 戸田恵子
キラキラの涙を見つけて取り戻すため、後半からはばいきんまんとは戦わなかった(追いかけたり逃げたりするシーンはある)。
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
キラキラの涙を手に入れて王様になろうと企む。アンパンマンを敵視してアンパンマンを襲うも、アンパンマンからは説得させられたり、追いかけられたり逃げられたりするだけで、彼からアンパンチを受けることはなかった。ただし、ドキンちゃんからは「またアンパンマンにやられちゃった」という言葉をかけられる。ドロンコ魔王を「ドロちゃん」と呼んで彼を利用するが、逆に利用されてしまいドキンちゃんの説得をも無視して自棄を起こした。
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
マルデ・ヘンダーを直したり、かまど放射器で氷の女王からアンパンマン達を助けた。気持ちが焦っているナンダー姫やマルデに「夜明けを待つのは必要だ」と注意した。
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
しょくぱんまん
声 - 島本須美
マルデ・ヘンダーに光を当てられた時に「スクリーンと間違えないでください」とツッコミを入れている。
カレーパンマン
声 - 柳沢三千代
序盤でジャムおじさんに知らせるため、しょくぱんまんやアンパンマン達と別行動を取った。後半からはドロンコ魔王の攻撃にやられ沼に落ちるも無事だった。
ドキンちゃん
声 - 鶴ひろみ
TV第16話B『アンパンマンとぱんどろぼう』でしょくぱんまんに一目惚れしたにも関わらず、妄想ではしょくぱんまんをアンパンマンやカレーパンマン同様に扱った。伸び縮み槍ではないが、灰色の槍を持っている場面があった。
かびるんるん
どんぶりまんトリオ
てんどんまん
声 - 坂本千夏
カツドンマン
声 - 三ツ矢雄二
ジャムおじさんから知らせを受けて、アンパンマン達に協力しようと駆け付けるも、到着した時にはもう事件は解決していた。てんどんまんとは自己紹介なく話しかけていた。ただし、てんどんまんとジャムおじさんが知り合いだということを知らなかった。同年のテレビアニメ版では、てんどんまんとカツドンマンは知り合いから始まるも、カツドンマンとかまめしどんはアンパンマンとは初対面で、挨拶するシーンがある。
かまめしどん
声 - 山寺宏一
てんどんまんやカツドンマンと違い、ばいきんまんに中身の丼を食べられることはなかった。そのため、二人に中身を分けて与えた。またばいきんまんに自身を食べてもらえなかったことに少しがっかりしていた。
おむすびまん
声 - 京田尚子
メイン作品の中では本作で最も活躍し、中盤よりアンパンマンたちに助太刀、クライマックスのドロンコ魔王戦にも参加する。バタコさんの感謝の言葉に顔を少し赤くしていた。
ひのたまこぞう
声 - 田中真弓
氷の国でカレーパンマンと共に空を飛び回りながらゆきおおかみを退治した。氷の女王の吐く吹雪を浴びた時、赤い色のままで体が縮まった(TVアニメでは、体の色が薄くなり、頭だけになってしまう)。その後はかまどに入ってパンを焼いたり、熱風を起こしたりとアンパンマン号の中でジャムおじさんを助けていた。
らーめんてんし
声 - 荘真由美
ジャムおじさんのかまど放射器で氷が溶けて、平地になったものの、集まってくれた町のみんなのために温かいラーメンを御馳走した。“光る石”のうわさを聞いてアンパンマン達に教えた。

ゲストキャラクター編集

ナンダ・ナンダー姫(ナンダ・ナンダーひめ)
声 - 折笠愛
性別 -
見た目が人間に近いキラキラ星の姫。ピンクの宇宙服と黄色いふたつの星がついた白いヘルメットを被っている。ドロンコ魔王に奪われた秘宝宝石「キラキラの涙」を取り返しにやってきた。アンパンマンに諭され、キラキラの涙の泣き声を聞き取ることができる。ばいきんまんの事を最初は信じていたが騙されていたことに気づいて、アンパンマンを頼るようになった。それでも彼女を気に入ったばいきんまんに助けられるシーンがある(キラキラ星の危機に関してはばいきんまんは無関心)。ドロンコ魔王が倒された後、王冠と美しいドレス姿を披露した。
その後、劇場版の同時上映にてゲストとして登場することがたびたびある。
マルデ・ヘンダー
声 - 水島裕
性別 -
ナンカ・ヘンダーの双子の弟で、ナンダ・ナンダー姫のお供をしているロボット。ロボットなのに寒さに弱かったり、氷の涙の宝石によって涙を流すなど、ロボットらしからぬ所がある。体色は藍色。両目は映写機能の付いたレンズ、胸部の中はキラキラの涙を取り戻すまでのタイムリミットを示すメーターになっている。
ドロンコ魔王(ドロンコまおう)
声 - 加藤治
性別 - 男
キラキラの涙の魔力で一番強くて悪い大魔王になったの怪物で、本作の最終ボス。バイキンロボットが見上げる程の巨大な体型で、頭には武器の触手が大量に生えており、目玉は一つ目。キラキラの涙を奪い、ナンダ姫の故郷を滅亡寸前にまで陥れた上、アンパンマン達の星までも征服しようと企む。なお、映画公開後に放送のTV第1376話『アンパンマンとどろんこ魔王』に初登場するどろんこ魔王とは異なり、支配域であるオソレ沼の侵食とその恐怖に怯え避難する住民達の場面はシリーズの中でも恐怖のシーンである。キラキラの涙の魔力による圧倒な力でアンパンマンたちを終始圧倒する。高熱には弱いが、アンパンマン号のエネルギーでは足りないほど強力な力を持っている。ばいきんまんやアンパンマンのこと等何でも知っていて、ばいきんまんの口車に乗らなかった。アンパンマンとばいきんまんの共通の敵ともいえる(アンパンマンとばいきんまんはお互いに協力することはなかったが、両者が戦うことも結果的になかった)。最後は額のキラキラの涙にナンダ・ナンダー姫の涙が当たって悪しき効力が消え、そのまま消滅した。
ドロドロン
性別 - 不明
ドロンコ魔王の手下ののお化け。仲間が大量にいる。見た目は可愛らしいが、アンパンチ等で粉々にされてもすぐに再生する厄介な敵。アンパンマン号の熱風の前に全滅した。
氷の女王(こおりのじょおう)
声 - 吉田理保子
性別 - 女
で出来た恐ろしい女王。氷の国の氷の城に住んでいる。片手に氷の杖を持ち、頭の上に複数の氷柱が生えているのが特徴。趣味は宝石等の美しい物を集めること。口から吐き出す吹雪で城に入ってきた者を問答無用で凍らせてしまう。ばいきんまんはどこかに吹き飛ばされたため、彼との接触はなかったが、テレビアニメ初登場時には、すでにアンパンマンやばいきんまんと知り合いから始まっている。勝手に城に入ったアンパンマン達を許さずに攻撃したためにに“アンパンマンたちの敵”という位置づけとなった。
ゆきおおかみ
性別 - 不明
氷の女王の家来。で出来た。仲間が何匹もいる。力は強くて姿も色々に変えられる。檻になって、アンパンマン達を閉じ込めた。
さかさまん
Aの声 - 三ツ矢雄二
Bの声 - 山寺宏一
性別 - 男
お尻からの糸で上からぶら下がり、逆さまになって生活している蜘蛛。虹の谷にある洞窟に「光の涙」を隠している。TVアニメと異なり、ぶら下がったままでも普通の言葉を用いて会話する。火が苦手な様子。同行したひのたまこぞうのおかげで勝手に逃げたため、アンパンマンやばいきんまんと戦うことはなかった。
すなおとこ
声 - 玄田哲章
性別 - 男
砂漠で『砂の涙』を守っているの魔人。手に持っている細長い砂笛の音の魔力で砂嵐を起こす。に弱い。アンパンマンやばいきんまんの味方でもなく、特に彼らにとって最大の敵というわけでもなかった(砂嵐を起こしてバタコさんやナンダー姫をさらったり、宝石の持ち主としてばいきんまんを追ったりはしていた)。
ユキダルマン
Aの声 - ならはしみき
Bの声 - 千原江理子
性別 - 男
雪だるまの妖精。氷の国に大勢の仲間達と住んでいる。無表情で体は冷たい雪で出来ているが、心は温かい。アンパンマン達を助けていたが、氷の女王と共にアンパンマン号の火炎放射の熱で周りの平地もろともユキダルマンも溶けてしまった。しかしジャムおじさん達を責めることもせず、むしろ「冬になったらまた会える」「役に立ててうれしい」と感謝していた。

その他の登場キャラクター編集

アンパンマンとナンダー姫が別れる時に集まった人たち。声なし

カバオくん
ピョン吉(ピョンきち)
ウサ子(ウサこ)
ネコ美(ネコみ)
モン吉(モンきち)
コン太(コンた)
ブタお
クマ太(クマた)
歌「いくぞ!ばいきんまん」のシーンでは、ばいきんまんにお菓子を盗られて泣くも、みんなでお菓子を取り返した。
かぜこんこん
歌「いくぞ!ばいきんまん」のシーンでは、氷の国でばいきんまんに風邪を引かせていた。なお、ラストシーンではアンコラやゴリラマンと共にやや凝縮されたサイズで描かれていた。
ガランガラ大臣(ガランガラだいじん)
ブルおじさん
ワニおじさん
ペンギンぼうや
ゴリラマン
TV第7話A『アンパンマンとぶたまんまん』では上半身裸であったが、今作ではきちんと服を着ている。
ウータン
はみがきまん
りんごちゃん
ポットちゃん
かみなりぴかたん
あくびどり
本来はとても大きい身体のはずだがアンパンマンより小さいサイズで描かれていた。
らくがきこぞう
絵筆を燃やされた設定が残っており、現れた時は手ぶらであった。
みるくぼうや
たこやきまん
こまどり姉妹(こまどりしまい)
やかんまん
ポン太(ポンた)
ぶたまんまん
なめくじら
何故か巨大化サイズで登場した。
ユッキー
ユッキーのお父さん(ユッキーのおとうさん)
ユッキーのお母さん(ユッキーのおかあさん)
ちくりん
後にばいきんまんの配下になっているが、この時は普通に登場し平均サイズだった。
ポポル
ソフトクリームマン
へどろまん
大柄なのだがやはり平均サイズになっている。
犬のおまわりさん(いぬのおまわりさん)
おそうじまん
トラくん
やぎ画伯(やぎがはく)
アンコラ
サンタクロース
ルドルフ
クマ校長先生(くまこうちょうせんせい)

用語編集

キラキラ星(キラキラぼし)
ナンダ・ナンダー姫の故郷にしてアンパンマンの星から遥か遠くにある星。とても平和で美しい星であったが、ドロンコ魔王の襲来によって見るも無惨に変わり果てた荒廃した星になってしまう。 なお、本編終了後のエンドロールではキラキラの涙を取り戻したことによる復興の様子が描かれている。
虹の谷(にじのたに)
光の涙が隠された洞窟がある場所で、アンパンマンが来たときはモノクロ色の風景だった。光の涙の封印をといたおかげで美しい虹色の谷へと変わった。
オソレ沼(オソレぬま)
ドロンコ魔王がアンパンマン達の星を征服する足掛かりとして森や町を泥で侵食し飲み込んで作り上げたテリトリー。町人がいたようだが、ドロンコ魔王によって引っ越すことを余儀なくされている。外部は山のように大きく広がっており、夜になると奪ったキラキラの涙の光が光りだす。内部はライトの光も役に立たないほどの闇に包まれ、深部は古代の植物が生い茂る極めて不気味な領域と化している。

乗り物と道具編集

アンパンマン号(アンパンマンごう)
ナンダー姫の宇宙船(ナンダひめのうちゅうせん)
ナンダ・ナンダー姫とマルデ・ヘンダーが乗ってきた宮殿の形をした宇宙船。序盤で嵐に襲われるアンパンマンを助けるが落雷に打たれて大破してしまう。後にキラキラの涙の力によって修復される。
キラキラの涙(キラキラのなみだ)
キラキラ星の秘宝の宝石。悪人が持てば悪の魔力を生み出し、善人が持てばその世界は命にあふれ、人々は平和に暮らせると言う能力を持っている。普段は緑色に美しく光を放つが、悪の魔力を発揮している時は不気味に赤く光る。ドロンコ魔王に奪われたことでキラキラ星は滅亡寸前となり、逆にドロンコ魔王はより一層強大な魔王となってしまうが最後はナンダ姫の涙によって浄化され、ドロンコ魔王を消し去り、オソレ沼は美しい緑あふれる地へと蘇った。
氷の涙(こおりのなみだ)
氷の女王がコレクションしていた宝石。3種類あり、そのうちの二つをばいきんまんに奪われるが、正体は氷漬けにされた人々の悲しい涙が凍って出来たものだった。融ければ周囲は悲しみに襲われて泣いてしまう。
光の涙(ひかりのなみだ)
虹の谷にある洞窟に隠されていた宝石。アンパンマンが封印をといて虹の谷はその名のとおり虹色の美しい谷へと変わった。封印が全て解かれた後は小さくなって消えてしまう。
砂の涙(すなのなみだ)
すなおとこが持っていた宝石。砂漠のオアシスの水を封じ込めていた。オアシスがもどったことにより地脈が変動し、砂の城が崩れアンパンマンたちが窮地におちいってしまった。

バイキンメカ編集

バイキンUFO(バイキンユーフォー)
ドキンUFO(ドキンユーフォー)
もぐりん
おなじみの地底戦車メカ。
バイキンロボット3号(ダダンダン)
もぐりんを改造して作った踏み潰しロボット。劇中では「バイキンマンロボット」と呼ばれている。外見は脚の形が異なるのを除けばだだんだん2号とほぼ同じ(現在ではこのロボットもだだんだんとして扱われることが多い)。頭の4本のアンテナを触られると操られてしまう。内部には脱出用のバイキンUFOやドキンUFOが収納されている。ドロンコ魔王にそそのかされてアンパンマンたちを襲うが、おむすびまんにコントロールを奪われたことでドロンコ魔王に攻撃し、バラバラにされた。

スタッフ編集

楽曲編集

オープニング『アンパンマンのマーチ』
エンディング『勇気りんりん』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、歌:ドリーミング
挿入歌
作詞:やなせたかし、作曲:いずみたく、編曲:近藤浩章
『生きてるパンをつくろう』
歌:増岡弘、佐久間レイ
『いくぞ!ばいきんまん』
歌:中尾隆聖
『ドキンドキンドキンちゃん』
『勇気の花がひらくとき』
歌:ドリーミング

脚注編集

  1. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」『キネマ旬報1990年平成2年)2月下旬号、キネマ旬報社、1990年、 175頁。

関連項目編集

外部リンク編集