三丁目の夕日』(さんちょうめのゆうひ)は、西岸良平による日本漫画作品。および、それを原作としたアニメ、実写映画作品。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて、1974年9月20日号より連載中。しかし、2013年4月20日号に体力の衰えなどの理由に『月イチ掲載のごあいさつ』を行い、以降は毎月1本(ビッグコミックオリジナルは毎月2回発行)の連載となる。

夕焼けの詩
漫画
作者 西岸良平
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックオリジナル
レーベル ビッグコミックス
発表期間 1974年 -
巻数 既刊67巻
アニメ:三丁目の夕日
原作 西岸良平
監督 前田庸生(チーフディレクター)
音楽 羽田健太郎
アニメーション制作 グループ・タック
製作 東宝株式会社、グループ・タック
毎日放送
放送局 TBS系列→毎日放送
放送期間 1990年10月12日 - 1991年3月22日
話数 27話
テンプレート - ノート

昭和30年代の東京、その片隅にある架空の街「夕日町三丁目」を舞台に、そこに住む無名の人々の日常を描いている。単行本は2020年1月現在、67巻まで刊行中。

単行本には『夕焼けの詩』というタイトルが付いているが、これは西岸の複数の作品が合わせて収録されているため、あくまで西岸の作品集という体裁で単行本固有のタイトルにしたものである。ただし収録作品のほとんどは『三丁目の夕日』からのものになっている。

『夕焼けの詩』第1巻の作品はすべて『プロフェッショナル列伝』(『三丁目の夕日』の前に西岸が同誌で連載していた作品)、2巻・7巻は西岸のデビュー作及び初期の短編集となっている。他にも4巻に収録の「かくれんぼ」「振り子時計の下」、5巻の「サーカスの夜」「星ガメの夢」「五月の逃亡者」、6巻の「幻海紀行」、7巻の「影絵の部屋」、9巻の「涼子の不思議な力」「僕たちの青春」、10巻の「海岸通り」、11巻の「虹色坂の怪」、16巻の「海の動物園」、20巻の「コスモゾーン」などの一部の話は、『ビッグコミックオリジナル』増刊号などに掲載された読み切り短編である。なお、近年発売のコンビニ販売の廉価版シリーズ、傑作集、文庫版、他特別編などは、すべて3巻以降からの収録である(コンビニ廉価版には、『三丁目の夕日』内の作品扱いとして、4巻以降の読み切り短編が掲載されているものがある)。

概要編集

一貫したストーリーは無い、一話完結型の作品。連載開始から40年以上経った2016年現在も連載が続く、大長寿漫画となった。1981年小学館漫画賞を受賞。中学国語の教科書に教材として掲載されたこともある。

登場人物はレギュラーのみのもの、その話に関係ある名前がついた1話だけの大人や学生のキャラクターを中心としているものの2種類がある。また、子供のレギュラーのキャラクターでも、子供が成長して学生になったり、就職したり、結婚したりする話がある。キャラクターの名前の一部は実在の人物や世相をもじったものも多い。キャラクターの家庭のほとんどは、何らかの形で不遇である。家業が倒産したり、親や兄弟を失っていたり、病気になっていたりする。

キャラクターの時系列は考慮していない。小学生の加藤姉弟の祖母が死去した後に元気な姿で登場したり、4年3組の児童が5年に進級した話の後に4年生として登場したりする。

2002年にはアニメ『釣りバカ日誌』のCM枠である『ビッグコミックオリジナルCM劇場』の中で数秒ではあるが、水彩画風のアニメーションが流されている。

登場人物編集

アニメ版編集

1990年10月12日から1991年3月22日までの半年間、本作を原作としたアニメ作品がMBSが製作、TBS系全国ネットで放映された(毎週金曜19:00~19:28)。

ほとんどの地域では早々に放送を打ち切り、後半エピソードは1991年4月13日(毎週土曜17:00~17:30)から同年10月6日[1]までの間、MBSのみの関西ローカル放送となった(後年関東地方で全エピソードがUHF系放送局にて再放送された)。

東宝製作とのこともあり、劇中で伊福部昭の、特撮映画の楽曲が流用された回がある。

金曜でのMBS制作・TBS系列の全国ネットアニメは木曜深夜から移動した「スーパーアニメイズム」まで28年3月間放送しなかった。

放映リスト編集

放映日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ)
演出
作監 美術
1 1990年
10月12日
いたずら教室 萩田寛子 小熊公晴 村田雅彦 柴田千佳子
宇宙人襲来 並木敏 阿部司 吉崎正樹
2 10月19日 秘密の宝物 石黒育 下道一範
日光写真 岸間信明 前田庸生 坂本英明
3 10月26日 運動会 萩田寛子 野村誠司
風車 村田雅彦 亀谷三良
4 11月9日 パパはお金持ち 原田益次 坂本英明 阿部行夫
道草 並木敏 前田庸生 亀谷三良
5 11月16日 フランケン先生 萩田寛子 原田益次 高野登
千歳飴 棚澤隆 石黒育 柴田千佳子
6 11月23日 それぞれの秋 福富博 若山佳治 田村盛揮
干いも兄ちゃん 並木敏 原田益次 坂本英明 吉崎正樹
7 11月30日 愛犬物語 萩田寛子 小熊公晴 石黒育 下道一範
ないしょ話 福富博 若山佳治 田村盛揮
8 12月14日 新年会 並木敏
サンタが家にやってくる 萩田寛子 殿勝秀樹 高野登 下道一範
9 1991年
1月11日
イナズマ五段 並木敏 原田益次 村田雅彦 亀谷三良
お年玉大作戦 棚澤隆 野村誠司 吉崎正樹
10 1月25日 三丁目のドラネコ 萩田寛子 原田益次 亀谷三良
流行性感冒(インフルエンザ) 坂本英明 柴田千佳子
11 2月1日 鬼の来る夜 福富博 若山佳治 田村盛揮
鉱石ラジオ 小熊公晴 坂本英明 吉崎正樹
12 2月8日 薄井文房具店 棚澤隆 高野登 亀谷三良
貯金箱 前園文夫 若山佳治 田村盛揮
13 2月15日 マネービル 並木敏 (福富博)
前田庸生
石黒育 柴田千佳子
僕のラッキー 上妻晋作 下田正美 佐藤輝信
14 2月22日 所得倍増 原田益次 石黒育 吉崎正樹
転校生 村田雅彦 本間薫
15 3月1日 いつでも夢を 下道一範
スカスカ人生 並木敏 棚澤隆 高野登 亀谷三良
16 3月8日 アイドルの条件 前園文夫 若山佳治 田村盛揮
縁側の人 萩田寛子 棚澤隆 石黒育 水野尾純一
17 3月15日 ゆううつな日曜日 並木敏 原田益次 高野登 吉崎正樹
コッペパンの日々 小熊公晴 野村誠司 水野尾純一
18 3月22日 さくら前線 萩田寛子 福富博 若山佳治 田村盛揮
ケセラセラ 石川良 小華和ためお 前田実 小出英男
19 4月13日 潮干狩り 並木敏 原田益次 野村誠司 下道一範
六さんの休日 高野登 柴田千佳子
20 4月20日 ミッちゃんの初恋 萩田寛子 村田雅彦
21 5月11日 鯉のぼり 並木敏 小熊公晴 坂本英明 吉崎正樹
五月の風 萩田寛子 石黒育 亀谷三良
22 5月18日 胸にかがやく銀の星 村田雅彦
嵐の中 野村誠司 吉崎正樹
23 5月25日 時の記念日 並木敏 福富博 若山佳治 田村盛揮
雨やどり 前田庸生 木村哲 高野登 水野尾純一
24 7月13日 糸でんわ 並木敏 小熊公晴 野村誠司 亀谷三良
日曜のキャンバス 前田庸生 坂本英明 下道一範
25 7月20日 ミッちゃん海に行く 萩田寛子 原田益次 吉崎正樹
夏の庭 並木敏 前田庸生 村田雅彦 下道一範
26 8月24日 夕涼み 前田庸生 原田益次 坂本英明 吉崎正樹
27 10月6日 秋の声 岸間信明 前田庸生 石黒育 松岡聡
夜明けのランナー 並木敏 原田益次 村田雅彦 吉崎正樹

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

オープニング
エンディング
挿入歌
TBS系(本番組以後毎日放送制作) 金曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
三丁目の夕日
(1990年10月 - 1991年3月)
毎日放送 土曜17時台前半
(不明)
三丁目の夕日
(1991年4月 - 1991年9月)

映画作品編集

2005年には『ALWAYS 三丁目の夕日』というタイトルで実写映画化され、大ヒットを記録した。2007年にはその続編として『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が製作された。また2012年には『ALWAYS 三丁目の夕日'64』が3D映画として公開されている。

舞台作品編集

映画のヒットを受け、2008年明治座にて舞台化された。映画とはストーリー、キャストがまったく異なり、新たな作品として制作された。

脚注編集

  1. ^ 当初は1991年9月21日に放送予定だったが、当日、其の直前に放送されていたプロ野球中継が延長された為、この日に延期となった。リスト制作委員会『ロマンアルバム Animage アニメポケットデータ2000』徳間書店(原著2000年7月1日)、初版、29頁。ISBN 4-19-720114-1

関連項目編集

  • 1950年代
  • 1960年代
  • 高度経済成長
  • オート三輪
  • 東京都電車(都電)
  • レトロ
  • ACジャパン(当時の団体名は公共広告機構) - 全国キャンペーンで原作のシーンの一部が採用された(2008年7月-2009年6月)。なおこのCMは秋田放送がアナログ放送で地上アナログ放送終了告知画面を流しているため地デジではこのバージョンのCMを流している。
  • みんなのうた - 2008年に『あした会おうね』(歌:乙三)の映像作品として採用。
  • TVCM「ポテロング」(森永製菓 1978年放映) - 三丁目の夕日のキャラクターのたばこ屋のおばあさん(大田キン)と甘党のネコが使用された。後に制作放映されたTVシリーズのアニメより12年前に制作である為、厳密には三丁目の夕日関連のアニメーション映像化はこれが初出となる。ちなみに演じた声優も後のTVシリーズのアニメと同じである。
  • ラジオ・デイズ - アメリカ版『三丁目の夕日』とも言える洋画作品。
  • テレビがなかったころ - フランス版『三丁目の夕日』とも言える絵本作品。作者はイワン・ポモー(邦訳:ときありえ西村書店)。紹介HP
  • 黒いゴム靴 - 韓国版『三丁目の夕日』とも言えるアニメ作品。紹介HP - ウェイバックマシン(2015年1月6日アーカイブ分)
  • 四丁目の夕日 - 山野一の漫画作品。昭和ノスタルジーを描く『三丁目の夕日』とは趣旨が異なり、下町の懐かしい風景の中に潜む「不幸のどん底」を滑稽さの入り混じった入念な表現で描いている。タイトルが『三丁目の夕日』と似ているためか、「三丁目」と間違えて「四丁目」を読んでしまった“被害者”も存在する。
  • 金子マリ - アルバム『MARI & Bux Bunny』に「夕焼けの詩(西岸良平に捧ぐ)」という曲がある。

外部リンク編集