メインメニューを開く

劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち

超星神シリーズ > 超星艦隊セイザーX > 劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち

劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち』は、2005年12月17日に全国東宝系で公開された『超星艦隊セイザーX』の映画作品。『劇場版 甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道』と同時上映。

劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち
監督 大森一樹
脚本 田部俊行
出演者 高橋良輔
進藤学
三浦涼介
伊阪達也
神崎詩織
井坂俊哉
音楽 高木洋
主題歌 「New Horizon〜戦え! 星の戦士たち」
製作会社 ゼネラル・エンタテイメント
配給 東宝
公開 日本の旗 2005年12月17日
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億4000万円[1][2]
テンプレートを表示

目次

概要編集

ゴジラ FINAL WARS』で終了したゴジラシリーズに替わり東宝の正月映画として公開された[3]

超星艦隊セイザーX』のメンバーの他に、『超星神グランセイザー』と『幻星神ジャスティライザー』のメンバーが全員登場する[4]。クライマックスの巨大戦では超星神4体と幻星神3体とグレートライオが共闘するという大掛かりなモノとなっている[5]。『グランセイザー』からは堀口博士、『ジャスティライザー』からは澪とレギュラーキャスト3人が登場。このうちジャスティライザーは「変身能力を取り戻す」という最終回の設定を踏まえたシチュエーションで登場している。

高田モンスター軍が登場するが、出番もわずかでストーリーへの絡みはなかった[6]。公開前に開催された「ハッスルマニア2005」ではタイアップ興行も行われた[7]

特撮監督はテレビシリーズと同じく川北紘一が担当。監督は大森一樹が務め、川北とは『ゴジラvsキングギドラ』(1991年)以来のタッグとなった[8]

海底軍艦』の轟天号をリメイクした迎撃戦艦 轟天号キングギドラを模したマンモスボスキートなど、テレビシリーズ同様に過去の東宝特撮映画のオマージュが盛り込まれている。川北お気に入りの怪獣である『キングコングの逆襲』のメカニコングを模したメカ巨獣ブルガリオも『ジャスティライザー』から再登場させている[9]

DVDは2006年5月26日発売。

ストーリー編集

ある日、天文台でバスケットボールに興じていたセイザーXと研究をしていた天堂澪のところに、記憶を失った少年・リキが現れる。さらに宇宙からは謎の幽霊船が地球に迫っていた。

セイザーXは宇宙海賊が送り込んだ恐獣ブルガリオを撃破するが、突如現れた謎の球体が海に沈んだブルガリオの残骸からエネルギーを吸収し、巨大化して海上に出現。球体はグランセイザーが絶滅させたボスキートの近縁種であるニューボスキートの卵であったが、その特性を知らないままがむしゃらに球体を攻撃する拓人。しかし、攻撃のエネルギーも吸収し卵はさらに巨大化。星神島に戻った澪の前に現れ、彼女からジャスティパワーを吸収。その力で作り出した黒雲から、大量の偽ジャスティライザーを発生させる。偽ジャスティライザー出現の報に愕然とする翔太達の目の前で、偽ジャスティライザーは街に降り立ち、人間達からエネルギーを吸収し始める。

登場人物編集

ボルム星人リキ
ボルム星人の少年。ボスキートに捕らわれていたところをアクアルに救われ、セイザーXを探るスパイとして利用される。
神宮寺翼
国防省司令官。戦闘時には自ら轟天号に乗り込み指揮をとる。
ニューボスキート
『グランセイザー』に登場したボスキートの近縁種。ボスキート同様、あらゆる生命のエネルギーを吸収し、無限に増殖できる。ジャスティパワーを吸収したことで、偽ジャスティライザーに変身できる。
偽ジャスティライザー
ニューボスキートが変身したジャスティライザー。姿は本物とほぼ同じだが、背中にはニューボスキートの翼が生えており胸のインローダー収納部分がボスキートの胸に酷似した形状になっている。
偽幻星神
偽ジャスティライザーが巨大化した姿。やはり姿は本物とほぼ同じだが、胸の部分はボスキートのままである。また、偽ケンライザーのみバイザーから目が見えている。
マンモスボスキート
  • 最大全高:150メートル / 最大体重:34500トン[3]
幽霊船に潜んでいたニューボスキートの巨大な親玉。倒されたニューボスキート達を取り込んで、流星神達の数倍の大きさに巨大化する。
メカ巨獣ブルガリオ
『ジャスティライザー』にも登場していたメカ巨獣。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

  • 「New Horizon〜戦え! 星の戦士たち」
歌:キングコング梶原 / 作詞:山田ひろし / 作曲:HΛL / 編曲:高木洋

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 増田弘道『アニメビジネスがわかる』NTT出版、2007年、60頁。ISBN 978-4-7571-2200-0
  2. ^ 超星神シリーズ、バンダイチャンネル。(2016/3/9閲覧)
  3. ^ a b 宇宙船YB 2006, p. 33
  4. ^ ただしグランセイザーは装着後の姿のみで声も別人。声優の名はクレジットされていない。
  5. ^ ウインドイーグルとマグナビートは映画の序盤でロボ形態で登場するが、クライマックスは戦艦形態のまま。
  6. ^ 放送当時『てれびくん』に掲載された本作の漫画では大幅に物語に絡んでいる。
  7. ^ 宇宙船YB 2006, p. 70.
  8. ^ 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 161, 「平成ゴジラバーニング・コラム」No.024
  9. ^ 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 135, 「幻の平成ゴジラストーリー」.

参考文献編集

  • 宇宙船YEAR BOOK 2006』朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2006年4月20日。ISBN 4-257-13086-5
  • 監修:川北紘一『平成ゴジラパーフェクション』アスキー・メディアワークス〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2012年。ISBN 978-4-04-886119-9