加藤 武徳(かとう たけのり、1915年11月21日 - 2000年2月9日)は、日本政治家位階正三位

加藤 武徳
かとう たけのり
生年月日 1915年11月21日
出生地 日本の旗 岡山県笠岡市
没年月日 (2000-02-09) 2000年2月9日(84歳没)
死没地 日本の旗 岡山県倉敷市 川崎医科大学附属病院
出身校 中央大学法学部卒業
所属政党自由党→)
自由民主党→)
無所属→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
子女 次男・加藤紀文(参議院議員)
親族 弟・加藤六月(衆議院議員)
義甥・加藤勝信(衆議院議員)

内閣 福田赳夫改造内閣
在任期間 1977年11月28日 - 1978年12月7日

選挙区 岡山県選挙区
当選回数 5回
在任期間 1950年6月5日 - 1956年6月3日
1959年6月3日 - 1964年
1974年7月8日 - 1992年7月7日

岡山県の旗 公選第6・7代 岡山県知事
当選回数 2回
在任期間 1964年11月12日 - 1972年11月11日
テンプレートを表示

岡山県知事(公選第6・7代)、自治大臣(第26代)、国家公安委員会委員長(第35代)、北海道開発庁長官(第40代)、参議院議員(5期)。剣道範士全日本剣道連盟顧問

弟に農林水産大臣加藤六月、次男に自由民主党参議院議員加藤紀文、義理の甥に自由民主党衆議院議員加藤勝信、義理の兄に渡辺武次郎がいる。

来歴・人物

編集

岡山県笠岡市出身。旧制中央大学法学部を経て、内務省入省。1950年の参議院議員選挙に岡山県選挙区から自由党公認で出馬し初当選、当時の最年少参院議員だった。保守合同後、自由民主党に移り通算当選5回。1964年岡山県知事選に出馬し初当選。2期8年務めたが、1972年の知事選で長野士郎に敗れ落選。知事在任中の1972年に山陽新幹線岡山駅まで開業した際に、テープカットを行った。

その後は再び参議院議員となり、1977年11月から1978年12月まで福田改造内閣自治大臣国家公安委員会委員長北海道開発庁長官を務めた。1986年秋の叙勲で勲一等旭日大綬章受章(勲八等からの昇叙)[1][2]1992年次男の紀文に地盤を譲り政界引退。議員在職中、司法試験合格者の国会議員は在職年数により法曹資格を得られるよう弁護士法の改正を図ったが、果たせなかった。引退後に司法修習(47期、同期に森雅子西脇亨輔)を受け弁護士に転身した。弁護士法改正は2004年に行われ、国会議員在職5年以上の司法試験合格者は100時間の研修を経て弁護士登録が可能となった。

2000年2月9日、急性心不全のため岡山県倉敷市川崎医科大学附属病院で死去、84歳没[3]。死没日をもって従七位から正三位に叙される[4]

脚注

編集
  1. ^ 加藤 武徳. コトバンクより2022年12月23日閲覧
  2. ^ 『官報』号外特第17号1頁 昭和61年11月5日号
  3. ^ “訃報”. 産経新聞. (2000年2月10日). オリジナルの2001年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010417125248/http://www.sankei.co.jp/databox/paper/0002/10/paper/today/dead/10dea002.htm 2022年12月23日閲覧。 
  4. ^ 『官報』第2827号9-10頁 平成12年3月13日号

参考文献

編集
  • 田中二郎、佐藤功、野村二郎編『戦後政治裁判史録2』第一法規出版、1980年。
公職
先代
小川平二
  自治大臣
第25代:1977年 - 1978年
次代
渋谷直蔵
先代
小川平二
  国家公安委員会委員長
第35代:1977年 - 1978年
次代
渋谷直蔵
先代
小川平二
  北海道開発庁長官
第40代:1977年 - 1978年
次代
渋谷直蔵
先代
三木行治
  岡山県知事
公選第6 - 7代:1964年 - 1972年
次代
長野士郎
議会
先代
柳田桃太郎
  参議院商工委員長
1977年
次代
楠正俊
先代
寺本広作
  参議院内閣委員長
1974年 - 1976年
次代
中山太郎
先代
久保等
  参議院社会労働委員長
1959年 - 1960年
次代
吉武恵市
名誉職
先代
佐々木良作
最年少参議院議員
1950年5月 - 1953年5月
次代
宮沢喜一