十七人の忍者』(じゅうしちにんのにんじゃ)は、1963年日本映画[1]。主演:里見浩太朗、監督:長谷川安人。脚本:池上金男東映京都撮影所製作、東映配給。モノクロ

十七人の忍者
監督 長谷川安人
脚本 池上金男
出演者 里見浩太朗
近衛十四郎
三島ゆり子
大友柳太朗
東千代之介
音楽 鏑木創
撮影 鷲尾元也
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1963年7月7日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

「東映集団抗争時代劇」のはしりとされる一作[2][3][4][5]。当時の映画界では忍者ブームによって製作されたと見られた[6]

あらすじ編集

生命より使命が大切という怖るべき忍びの者幕閣の密命を受け、幕府に反乱の疑いある駿河大納言の連判状を狙い続けるが、敵方にも忍びの者があってお互い秘術を尽くして最後の一人まで斗う[6][7]

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督 : 長谷川安人
  • 企画 : 天尾完次
  • 脚本 : 池上金男
  • 音楽 : 鏑木創
  • 撮影 : 鷲尾元也
  • 美術 : 富田治郎
  • 照明 : 増田悦章
  • 録音 : 藤本尚武
  • 編集 : 堀池幸三

製作編集

企画編集

本作の企画クレジットは天尾完次であるが、実際の企画者は、自身で発案者と話す当時の東映企画部次長・渡邊達人とされる[8][9]。また本作を皮切りに「集団時代劇」路線を敷いたのも渡邊[8][9]。渡邊は「企画者として天尾完次を選んで脚本を渡した」[10]、「天尾に現場指揮を任せて同路線を牽引させた」と述べている[8][9]。天尾は本作が本格的なプロデューサーとしてのデビュー作[11]

池上金男が書いた本作の脚本タイトルは最初は『謀反』だった[12]第二東映の廃止で映画の製作が減り、池上の優先本数契約の未消化分が発生した[12]。当時渡邊は東映本社の芸文課に勤務していた[12]。1962年秋に池上は渡邊に「薄いのでいいから何でもいいから書いてくれ」と頼まれ、池上は5日ぐらいで一人で本作の脚本を書いた[12]。渡邊はそれを読みもせず、封筒から出さず芸文課の書棚の上に乗せていた[12]。渡邊がそれら脚本の山を泊懋に「映画にならなかったものは題名書き出して破棄しろ」と指示した[12]。暇だった泊は昼休みに本作の脚本を読み、「これは面白い」と渡邊に薦め、これを読んだ渡邊が芸文課で脚本読みにかけた[12]。すると芸文課一致で「京都(東映京都撮影所、以下、東映京都)に送って映画化を図るべき」となった。ところが渡邊が「それはダメだ。オレが預かる」とカバンに入れた[12]。渡邊は東京渡辺銀行御曹司[13]、家が没落していなければ銀行頭取になっていたかもしれない人だった[13]

1962年の終わり頃、東映京都の企画部次長・中村有隣が過労で倒れ、その穴埋めとして1963年1月、当時の坪井与(與)東映企画本部長の命により、黒住盛太郎企画部長と共に東映京都に渡邊が企画部次長として派遣された[10][12]。渡邊は「今度京都に赴任した渡邊です」と黒住企画部長のところに挨拶に行って「時にオレは目を付けてたものがある。実はかねがね腹案があって、私の独断で池上に脚本を書かせた。ちょうど間に合ったから持って来たけど、これはどうだろうか」と本作『十七人の忍者』の脚本をオミヤゲとして差し出した[12]。「これは面白い」となり映画化が決まった[12]

渡邊は企画会議で「東宝の『用心棒』によって東映の時代劇はリアリティが感じられない絵空ごとになった、従って時代考証を基にしたストーリィの立て方に腐心し、新しい殺陣を考案する、中村錦之助大川橋蔵は一人で一本の作品を支えるだけの人気を保持しているが、片岡千恵蔵市川右太衛門は下降線であるので、若手と組ませてマスの力で人気保持に努める、従って集団劇の企画を考えていかなくてはならない」などの大綱を述べた[9][10]。渡邊は「池上金男とひそかに二人でアメリカ映画ナバロンの要塞』をヒントに企画したのが本作」と述べているが[9][10][14]、池上は先述のように単独で脚本を書いたと話しており、渡邊の証言とは食い違う[12]。渡邊が『柳生武芸帳 片目水月の剣』でデビューした長谷川安人に監督を託した[8]

脚本編集

本作の脚本を西脇英夫は「集団の密室ドラマとして完璧に近いドラマ構成を持っており、 池上金男の群を抜いた職人的技術は『十三人の刺客』によって一挙に爆発した」と評している[15]

キャスティング編集

後に中島貞夫の監督デビュー作『くノ一忍法』で有名になる三島ゆり子は長谷川の抜擢[14]。鬼頭右馬之介役の毛利清二は、後に刺青絵師として有名になった[14]

同時上映編集

警視庁物語 十代の足どり

東映集団抗争時代劇編集

「集団抗争時代劇」「集団時代劇」の名称の由来は[4][5][14][16][17]、東映の社史に「後年"集団時代劇"と呼ばれるようになった」と説明されており[18]、リアルタイムではなく、東映自身かジャーナリズムかは分からないが、後年そう呼ばれるようになったもの。同じく東映の社史では本作『十七人の忍者』から『十三人の刺客』『大喧嘩(おおでいり)』『忍者狩り』『十一人の侍』などを「集団時代劇」と呼んでいる[18]。『ポスターでつづる東映映画史』には「"集団時代劇"なる名称は、特に会社側がキャッチフレーズとして打ち出したものでもなく、またこれらの作品群を意図的に売り出そうとしたわけでもない。ただ、時代劇王国を誇っていた東映が、年間いろんな種類の時代劇を無差別に作っていた中で、次第に特定のジャンルとして定着して来たものである」などと書かれており[11]、同書では原型は『七人の侍』で、同じ黒澤明監督の『用心棒』や『椿三十郎』などの影響を受けて、始まったのが「東映集団時代劇」で、その始まりを五味康祐原作・近衛十四郎主演による『柳生武芸帳』(1961年3月公開、監督:井沢雅彦、脚本:結束信二高田宏治)を第一作とする「柳生武芸帳シリーズ」に置いている[11]品田雄吉は東映発行の『東映映画三十年』で、1963年3月封切りの『五人のあばれ者』(監督:小沢茂弘、主演:片岡千惠藏)を「集団時代劇路線」第一作としている[19]

渡邊も著書で一度も「集団抗争時代劇」「集団時代劇」という言葉は使わず[20]「私が推し進めた『新時代劇路線』」などと説明している[8]。『映画時報』1963年11月号に「時代劇復興に力こぶを入れている東映では、今度時代劇に"数字シリーズ"を採用することになり、これを"集団映画路線"と名付けている」と書かれ[21]、準備中の作品として『十三人の刺客』(片岡千恵蔵主演)『十一人の賊軍』(松方弘樹主演)『九人の反逆児』(山本周五郎原作、『砦山の十七日』より)『二十一人の眼』(里見浩太朗主演)『三十七の足跡』(松方弘樹主演)が発表された[21]。辻野力弥東映企画室長は「『ナバロンの嵐』や『大脱走』など、最近の洋画のヒット作を見ても分かるように、魅力あるスターを混えての集団の活躍が多くのファンに喝采を浴びている。東映時代劇は、この集団の魅力に数字インネンを加えて新しく"数字シリーズ"製作を決定した」などと話しており[21]、時代劇だけ"集団もの"を路線化したわけではなく、当時の映画界の趨勢を受け、東映全体で取り入れた"集団もの"の一つに時代劇があったと見られる。岡田茂東映東京撮影所(以下、東映東京)所長時代に路線化した「ギャング路線」にも"集団劇"が取り入れられており[22]、東映東京で『暗黒街の顔役 十一人のギャング』(1963年1月公開)や『ギャング対Gメン 集団金庫破り』(1963年2月公開)を撮った石井輝男は「その頃、会社からスターを揃えた集団劇にしてくれ」と発注があった」と証言している[22]

1964年8月に『集団奉行所破り』という映画が公開され、"集団"という語をタイトルに初めて使用した命名者は、当時の東映京都所長・岡田茂とされているため[23][24][25]、会社もこの頃には「集団時代劇」というジャンルを明確にしていたものと見られる[11]。岡田は企画部を所長直属にし、全権を自ら負い、新しい時代劇をどんどん作らせた[24][26]。岡田は前任の東映東京で上手くいった若手での東映京都改革を目指していた[26]。特に本作以降、「サスペンスフルな集団忍者アクションが面白い」という風潮が撮影所内に広がり、岡田も「企画書なんて出さなくてもエエから、いい考えがあったら口で言え!」と企画部員に伝え[24]、忍者ものを中心とした「集団時代劇」が大量に生産された[24]

「集団時代劇」が製作されたのは1963年~1967年頃までの4~5年間とされており[15][27]、製作当時にそれらの映画を紹介する文献には「集団路線」[28]、「集団剣劇路線」[29]、「集団刺客サスペンス」などと書かれている[30]山根貞男は「『集団時代劇』といっても、そんなジャンルが明確にあるわけでも、ちゃんとした定義があるわけでもない。ときには『集団抗争時代劇』とも『集団残酷時代劇』と呼ばれることがある。1963年12月、工藤栄一監督『十三人の刺客』が出現したとき、ラストのえんえんと長い凄惨な殺陣が多くの人に衝撃を与え、ジャーナリズム上にそうした呼称が生まれたのであろう」と論じている[4]

本作に次いで渡邊の指揮による本作と同じ脚本・池上金男、監督・工藤栄一による『十三人の刺客』が1963年12月7日に『わが恐喝の人生』(佐伯清監督)と併映で封切られた。興行は失敗に終わったが[20]、これが「集団時代劇」の白眉となり[18]、「集団時代劇」はシリーズ化された[18]。但し、興行的には目立ったものはなく[20]、時代劇の頽勢は挽回できぬ状況になった[9][20]。1964年2月、東映東京を再建した岡田茂が、大川博東映社長から東映京都の合理化時代劇改革の指揮権移譲を受けて[9][20][31][32]、東映京都所長に復帰した。岡田は東映京都の全ての企画の決定権を握った[23][33][34][35]。東映東京の撮影所長時代から、東映京都の時代劇はもうダメだろうと考えていた岡田であったが[36]、「任侠路線」へ全面切換えを決意する前は[37][38][39]、時代劇復活の望みを持っており[23][26][40]リストラ対策に呼応して[41]、一人のスターにたよらない集団劇を方針の一つとして挙げていたため[42]、任侠路線を敷く準備をしながら[38]、当初は「集団抗争時代劇」は継続させた[4][9][38]。「集団抗争時代劇」は、東宝の『用心棒』や松竹の『切腹』などに触発され[43]、東映の明朗時代劇に陰りが見えたことから、他社の時代劇の対抗策として作られた[43]。しかし任侠路線が大当たりを続けたことで「集団時代劇」を含む時代劇の映画での製作は終了させ[9][44]、時代劇はテレビに移していった[23][44][45][46][47]

「東映集団時代劇」は、東映時代劇の衰退期に、次の方向を模索する中で、リアルな表現と大人向きのテーマを内包する事によって一時的に人気は得たものの、それが逆に、従来の明朗時代劇のウソを暴露する事ともなり、時代劇自体の人気(幻想)を急速に衰えさせる結果になった[48]。抬頭した任侠路線によって、東映映画の主流はそちらに向かい、やがて任侠映画が時代劇にとって代わる日本映画の看板になっていった[11]。しかし「集団時代劇」が描いたリアルな殺陣は、任侠映画に引き継がれ、やがては集団時代劇の数々の秀作を書いた池上金男によって、日活ニューアクションの元祖となった「無頼シリーズ」を生むに至る[11]。政治の谷間で死んでいく下層の若者群像は、日活ニューアクションにも描かれ、そのテーマは、後の東映実録路線に受け継がれた[11]。その歴史的存在意義は大きい[11]。 

永田哲朗は「パターンの中に自己を見失っていた東映時代劇が、特定のヒーローではなく、集団ないしはグループ、組織が主人公だという新しい考え方を打ち出し、従来の善悪というような図式化された対立ではなく、組織対組織の抗争を描いた点は評価できる。しかし新しい方向へ進むかに見えた東映の集団リアリズム路線は、その後は"大"路線を作ることになって、リアリティも人間性も感じられない、いつもの東映調に後退させた」などと評している[17]

西脇英夫は1976年の映画誌の時代劇特集で「『集団抗争時代劇』は多くの新人作家を一本立ちさせ、時代劇に新しい境地を開いた。その後、彼らのほとんどは映画界からテレビ界へ移行して時代劇を作り続けている。しかし映像の小さいテレビにそのエネルギーがどこまで反映したかはなはだ疑問である。シリアスで残酷な時代劇は茶の間向けではないのだろう。もはや彼らの熱気をテレビで伺い知ることはできない。あの4年間の東映集団抗争時代劇とは一体何だったのだろう。任侠映画、実録やくざと、変貌し続けた東映の戦国乱世時代のスタートを飾る胎動期であったのか。あの誠実な時代劇作りの精神は時代劇作家の最後のいなおりだったのか。いずれにしろ、その結論を出すのはもうしばらく控えよう。再び時代劇映画の伝統と革新がスクリーンの上に数々の作品となって甦るその日を待って」などと論じている[15]

影響編集

東映京都の脚本同人グループの中核メンバーだった鳥居元宏は、天尾完二プロデューサーから忍者映画の企画を持ち込まれ、「それまでにない忍者映画の脚本」を自負する脚本を書いて[49]岡田茂所長に提出[50]助監督仲間が次々監督デビューする中、取り残されていた鳥居は、岡田から「監督は誰がええやろうな」と言われたため、絶好のチャンスとばかり「そりゃあ僕でしょう」と自薦した[50]。監督デビューは承認されたが、岡田から「タイトル決まったで!『十七人の忍者 大血戦』や」と言われた[50]。「十七人も出てきませんよ」と反撥したが、岡田から「ええわ。新人監督の映画やから、題名を続編みたいにした方が売りやすいやろ」と全く関係のない本作の続編にされた[50]

出典編集

  1. ^ 十七人の忍者”. 日本映画製作者連盟. 2020年5月25日閲覧。
  2. ^ 日本カルト映画 1995, pp. 69-74、97.
  3. ^ テレビ成長期の日本映画 2018, pp. 212-215.
  4. ^ a b c d 活劇の行方 1984, pp. 124-160.
  5. ^ a b 感覚記憶と集団抗争時代劇ーー第4回京都映画祭報告 田代真
  6. ^ a b 「内外映画封切興信録 『十七人の忍者』」『映画時報』1963年8月号、映画時報社、 51頁。
  7. ^ 日本カルト映画 1995, p. 106.
  8. ^ a b c d e 渡邊 1991, pp. 139-149.
  9. ^ a b c d e f g h i あかんやつら 2013, pp. 166-204.
  10. ^ a b c d 渡邊 1991, pp. 132-138.
  11. ^ a b c d e f g h ポスター東映映画史 1980, pp. 178-182.
  12. ^ a b c d e f g h i j k l 日本カルト映画全集 1995, pp. 82-84.
  13. ^ a b 日下部五朗『シネマの極道 映画プロデューサー一代』新潮社、2012年、99頁。ISBN 978410333231-2
  14. ^ a b c d 日本カルト映画 1995, pp. 69-74.
  15. ^ a b c 西脇英夫「かつて東映にもニュー時代劇(アクション)があった」『ムービーマガジン』1976年7月20日発行 Vol.7、ムービーマガジン社、 18–19頁。
  16. ^ 映画用語 2012, p. 61.
  17. ^ a b 殺陣 1993, pp. 243-247.
  18. ^ a b c d クロニクル東映1 1992, pp. 182-183.
  19. ^ 東映映画三十年 1981, pp. 121.
  20. ^ a b c d e 渡邊 1991, pp. 132-149.
  21. ^ a b c 「東映、企画本部内に"特別活動班"設置 ―時代劇に集団映画の数字シリーズー」『映画時報』1963年11月号、映画時報社、 30頁。
  22. ^ a b 石井輝男福間健二『石井輝男映画魂』ワイズ出版、1992年、116-118頁。ISBN 4948735086
  23. ^ a b c d 渡邊 1991, pp. 139-147.
  24. ^ a b c d あかんやつら 2013, pp. 195-198.
  25. ^ 平井輝章「日本映画月評 東映時代劇のニュールックほか」『映画評論』1964年12月号、 38-39頁。
  26. ^ a b c 中島貞夫「企画特集 日本映画この生きている10年史 '60の豚は'70の狼になるか やくざ襲撃前夜のゴールデンエージ?」『映画芸術』1969年10月号 No266、映画芸術社、 44-45頁。
  27. ^ 納得すれば、楽しんでやらせていただく。 里見浩太朗 俳優| 5LのWeb版 50代以上の世代に向けたプレミアムマガジン
  28. ^ 由原木七朗(東京新聞記者)・加東康一(本誌評論家)「スタアと共に 里見浩太郎インタビュー 『結婚は30になるまでおあずけ 今年こそいい仕事を…』」『映画情報』1964年8月号、国際情報社、 65-66頁。
  29. ^ 「シネ街」『週刊読売』1964年6月14日号、読売新聞社、 34頁。
  30. ^ 「今月の日本映画ご案内 『大殺陣』」『月刊平凡』1964年9月号、平凡出版、 197頁。
  31. ^ 「戦後50年 東映 岡田茂会長インタビュー『 おもしろおかしく生きて勲二瑞宝』」『AVジャーナル』1995年12月号、文化通信社、 27頁。「東映事業中心の多角経営を促進 東映、時代に則した新機構人事」『映画時報』1964年3月号、映画時報社、 24-26頁。「座談会 日本映画界はどう進むべきか? ―現代の経営路線に悩む各社―」『映画時報』1964年5月号、映画時報社、 20-21頁。井沢淳・瓜生忠夫大黒東洋士・高橋英一・大橋重勇・嶋地孝麿「〈特別座談会〉 日本映画製作批判 ーこれからの企画製作はいかに進めるべきか」『キネマ旬報』1965年7月上旬号、キネマ旬報社、 16頁。
  32. ^ クロニクル東映2 1992, pp. 5-6.
  33. ^ あかんやつら 2013, pp. 191-198、261.
  34. ^ 「お楽しみ案内 映画・舞台 『その'退屈男'罷りならぬ 映画・歌舞伎先輩スターからヒジ鉄を食った大川橋蔵の立ち場』」『週刊サンケイ』1965年2月22日号、産業経済新聞社、 54–55頁。池上金男笠原和夫・下菊坂菊馬・佐治乾野上竜雄宮川一郎国弘威雄「《座談会》若い世代の発言その1・東映へ直言する」『シナリオ』1966年5月号、日本シナリオ作家協会、 30頁。
  35. ^ 「東映50周年と『千年の恋 ひかる源氏物語』 岡田茂インタビュー」『キネマ旬報』2001年12月上旬号、キネマ旬報社、 42-43頁。
  36. ^ 草壁久四郎「実録/戦後日本映画史 人と事件とー最終回 任侠・実録で血路を開いた東映・岡田 松竹・東宝、日活などの老舗に比べ新参だった東映は、岡田茂を中心に試行錯誤を繰り返しながら逞しく成長してきた...」『宝石』、光文社、1983年1月号、 198 - 204頁。
  37. ^ クロニクル東映1 1992, pp. 170-175、200-201.
  38. ^ a b c 映画監督工藤栄一 1992, pp. 122-141.
  39. ^ “【読書】波瀾万丈の映画人生』岡田茂著”. 産業経済新聞 (産業経済新聞社): p. 読書2頁. (2004年7月19日) “怪獣だけが映画じゃない、時代劇が銀幕の黄金時代を築いた(戦後の履歴書)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 9. (1994年11月27日) 松島利行 (1992年4月1日). “〔用意、スタート〕 戦後映画史・外伝 風雲映画城/62 時代劇的な任侠映画”. 毎日新聞夕刊 (毎日新聞社): p. 4 “東映名誉会長 岡田茂氏死去 黄金期支えたドン 希代のヒットメーカー”. 中日新聞 (中日新聞社). (2011年5月10日 朝刊TV解説14頁) 竹中労「連載 日本映画横断その10 大川博社長の死と東映任侠路線(10) 岡田新社長の実現 〈邦画五社はどこへ行く・5〉」『キネマ旬報』1971年10月秋の特別号、キネマ旬報社、 96 - 99頁。 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)、コラム|東映京撮・盟友対談② 『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第2回 / 全2回)岡田茂追悼上映『あゝ同期の桜』中島貞夫トークショー(第2回 / 全3回)『私と東映』× 神先 頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)楊紅雲 (2004年). “任侠映画路線における東映の成功 ―テレビに対抗した映画製作(1963-1972年)を中心に― (PDF)”. 多元文化 第4号. 名古屋大学. pp. 192-201. 2020年5月25日閲覧。
  40. ^ 映画監督工藤栄一 1992, p. 122.
  41. ^ FB編集同人編「追悼/笠原和夫・深作欣二『東映のゴールデン・トライアングル』 (A)岡田茂 (B)深作欣二 (C)笠原和夫 文・重政隆文」『FB 映画研究誌』第18号 2003年冬、行路社、 158-165頁。
  42. ^ 嶋地孝麿「中村錦之助その静かなる闘志『鮫』の撮影を京都にたずねる…」『キネマ旬報』1964年4月下旬号、キネマ旬報社、 21頁。
  43. ^ a b 映画用語 2012, pp. 60-61.
  44. ^ a b “【戦後史開封】(290) チャンバラ映画(5) 時代劇撤退次々去った東映スター”. 産業経済新聞 (産業経済新聞社): p. 朝刊特集. (1995年3月18日) 
  45. ^ 日本の映画人 2007, p. 122.
  46. ^ 東映の軌跡 2016, p. 564.
  47. ^ 『私と東映』× 神先 頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)“【産経抄】”. 産経新聞 (産業経済新聞社): p. 1. (2011年5月14日) 山根貞男・米原尚志『「仁義なき戦い」をつくった男たち 深作欣二と笠原和夫 『東映の神髄』とはなにか 聞き書き 東映元社長・岡田茂』日本放送出版協会、2005年、129-130頁。ISBN 4-14-080854-3「岡田茂(東映・相談役)×福田和也 東映ヤクザ映画『黄金時代』を語ろう 『網走番外地』『緋牡丹博徒』『仁義なき戦い』……」『オール読物』2006年3月号、文藝春秋、 216-217頁。深作欣二山根貞男『映画監督 深作欣二』ワイズ出版、2003年、353頁。ISBN 9784898301555
  48. ^ ポスター東映映画史 & 1980}, pp. 178-182.
  49. ^ 『明治侠客伝 三代目襲名』トークショー 京都ヒストリカ国際映画祭
  50. ^ a b c d あかんやつら 2013, pp. 197-198.

参考文献編集

外部リンク編集