メインメニューを開く

南津電気鉄道(なんしんでんきてつどう)は、かつて東京府南多摩郡由木村(現・東京都八王子市)大字鑓水に本社を置いていた鉄道事業者である。

歴史編集

当初は多摩一の宮駅(現在の多摩市)と、相模川尻駅(現在の相模原市)を結び、多摩一の宮駅からは玉南電気鉄道に接続し、新宿駅まで直通運転する構想ではじまり、敷設免許を1926年大正15年)11月に取得できた。

工事は第一期区間である鑓水近辺では一部レールの敷設も完了し[1]架線柱用の丸太まで準備されていたというが、1929年昭和4年)の世界恐慌の影響で生糸の価格が暴落し[2]、資金繰りが悪化したため工事は中断した[1]。工事請負師への給料の支払いが滞った事から会社は彼らに訴えられ、請負師たちによって換金のために敷設済のレールを引き剥がして売り飛ばされてしまう等[1]の混乱の末、計画はとん挫。1934年(昭和9年)に会社は解散することとなった[3]

年表編集

  • 1924年(大正13年)12月3日 - 東京府南多摩郡由木村大字鑓水永泉寺にて南津電気鉄道設立集会が開かれる[4]
  • 1925年(大正14年)9月25日 - 鉄道敷設免許却下(理由 本出願線ハ目下ノ交通状態ニ於イテ敷設ノ必要ナキモノト認ム 鉄道大臣仙石貢[5]
  • 1926年(大正15年)11月20日 - 鉄道省より敷設免許(南多摩郡多摩村-津久井郡川尻村間)を取得[6][7]
  • 1927年(昭和2年)
    • 1月18日 - 国分寺延長線(多摩一の宮駅-間島駅間)敷設免許申請。
    • 9月27日 - 南津電気鉄道株式会社設立[8][9]
    • 12月27日 - 鉄道免許交付[10]
  • 1928年(昭和3年)10月21日 - 鑓水の本社前および相模川尻駅予定地にて起工式が執り行われる[11]
  • 1929年(昭和4年)5月 - 資金繰りの悪化によって工事が中断[1]
  • 1933年(昭和8年)
    • 3月29日 - 鉄道免許失効(多摩一の宮駅-間島駅間)[10]
    • 8月17日 - 鉄道免許失効(相模川尻駅-多摩一の宮間)[12]
    • 8月18日 - 株主総会が行われ会社解散の決議が行われる[13]
  • 1934年(昭和9年)6月5日 - 鉄道省より会社解散の許可が下りる[6]

敷設予定駅一覧編集

相模川尻駅 - 相模相原駅 - 鑓水駅 - 由木中野駅 - 多摩一の宮駅 - 間島駅[14]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』150頁
  2. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』153頁
  3. ^ 会社解散申請理由には従来建設工事ニ対スル措置ヲ誤リ徒ニ株主間ニ紛争ヲ醸シ刑事告訴ヲ受クル等事業進捗セス到底完成不能ナル為会社解散セントス(No.18「会社解散決議並起業廃止ノ件」『第一門・監督・二、地方鉄道・イ、免許・南津電気鉄道・起業廃止・大正十五年~昭和九年』4頁(国立公文書館デジタルアーカイブで閲覧可))
  4. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』98頁
  5. ^ No.4「南津電気鉄道敷設願却下ノ件」『第十門・地方鉄道及軌道・六、敷設請願却下・巻八・大正十四年』2頁(国立公文書館デジタルアーカイブで閲覧可)
  6. ^ a b 「鉄道起業廃止許可」『官報』1934年6月8日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  7. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年11月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第38回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』115頁
  10. ^ a b 「鉄道免許失効」『官報』1933年3月29日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  11. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』135頁
  12. ^ 『鉄道統計資料. 昭和8年度 第3編 監督』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』166頁
  14. ^ 『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』132頁

参考文献編集

  • サトウマコト『幻の相武電車と南津電車―昭和恐慌で工事中断』230クラブ、1999年

関連項目編集

外部リンク編集