メインメニューを開く
桑田佳祐 > 君への手紙

君への手紙」(きみへのてがみ)は、桑田佳祐の17枚目のシングル2016年11月23日発売。発売元はタイシタレーベル / SPEEDSTAR RECORDS

君への手紙
桑田佳祐シングル
初出アルバム『がらくた
B面 悪戯されて
あなたの夢を見ています
メンチカツ・ブルース
リリース
規格 12cmCD
12インチレコード
デジタル・ダウンロード
録音 VICTOR STUDIO
猫に小判スタジオ
ジャンル ロック
歌謡曲 (#2)
時間
レーベル タイシタレーベル
SPEEDSTAR RECORDS
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1〜4)
プロデュース 桑田佳祐
ゴールドディスク
チャート最高順位
桑田佳祐 シングル 年表
ヨシ子さん
(2016年)
君への手紙
(2016年)
レッツゴーボウリング
2019年
がらくた 収録曲
愛のささくれ~Nobody loves me
(6)
君への手紙
(7)
サイテーのワル
(8)
ミュージックビデオ
「君への手紙」 - YouTube
「悪戯されて」 - YouTube
EANコード
EAN 4988002725823(初回限定盤)
EAN 4988002725830(通常盤)
EAN 4988002725847(アナログ盤)
テンプレートを表示

目次

背景編集

前作「ヨシ子さん」から約5か月ぶりとなるシングル。本作は、タイトルにもある「手紙」に掛けて「いいふみの日」である11月23日に発売されることが2016年9月27日に発表された。また、同時に桑田ソロで同年12月28日から31日に行われる年越しツアーライブ『ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜』も4年ぶりに開催されることが決まった。なお、年越しツアーライブの名前は前作の「ヨシ子さん」と、同年6月25日WOWOWで放送された桑田出演の番組『偉大なる歌謡曲に感謝 〜東京の唄〜』で披露された楽曲で本作のカップリング曲である「悪戯されて」と本作のタイトルを使用したものである[6][7]

リリース編集

本作は、前作同様に初回限定盤・通常盤・アナログ盤の3種類あり、どの作品もジャケットのデザインが異なっている。また、初回限定盤には、桑田本人がファンへ直筆した手紙や歌詞が書かれた便箋切手風のステッカーが付属となっている。また、一緒に上記の年越しライブのライブビューイングが全国12都市で行われ、初回限定盤のみに参加応募券が封入されることになっている[8]

また、本作の発売日の1週間後である同年11月30日に、映像作品『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』が発売される[9]。なお、本作と『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』の両方購入すると両作の応募券を使って抽選で2017名に“幸せの黄色いバッグ”がプレゼントされる[10]

制作編集

当初、本作は表題曲である「君への手紙」だけ発表されていてカップリング曲は未定だったが、同年10月22日に放送された自身のラジオ番組桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)にて、桑田がカップリング曲の3曲を発表した[7]。カップリング曲「悪戯されて」は先にメディアで披露されていたが、「あなたの夢を見ています」「メンチカツ・ブルース」は、同年10月29日の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で初公開された[11]

プロモーション編集

発売関連企画編集

前作「ヨシ子さん」と同様に本作でもツイッター企画があり、本作に関することをツイートすると抽選で77名に限定オリジナルグッズが貰えるようになっている[12]

本作のTVCMでは、ウッチャンナンチャン内村光良が出演しており、CMで「君への手紙」のPVの監督役を演じている。なお、CM出演のきっかけは内村が監督・脚本・主演を務めた映画『金メダル男』の主題歌として桑田が「君への手紙」を書き下ろしたことから、今回のCM企画が実現した[13]

テレビ放送編集

NHKで放送された「SONGS」では桑田が「茅ヶ崎萬秘(ちがさきマンピー)改メ 波乗亭米祐(なみのりていべーすけ)」という落語家に扮し、曲の合間に曲紹介も兼ねてこのシングルの収録曲にちなんだ小噺を行った[14]

テレビ披露編集

批評編集

大黒摩季KEYTALKの首藤義勝がそれぞれの自身のツイッターで本作のCDを購入したことを挙げている[21][22]

チャート成績編集

2016年12月5日付のオリコン週間ランキングで、初週7.0万枚を売り上げて初登場2位を獲得した。モーニング娘。の「セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない」に阻まれて2位となったが、ソロデビューシングル「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」から17作連続TOP10入りしており、本作の2位獲得は、60代以上の男性アーティスト(ソロのみ)によるシングルとしては、桑田自身が同年7月11日付において前作「ヨシ⼦さん」で記録した2位とならび、歴代最高位タイとなった[23]

オリコンによる本作の登場回数は12回である[2]。また、オリコンによる桑田ソロのシングル作品では本作の売上が最も低い[24]

収録曲編集

  1. 君への手紙 (4:29)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    映画『金メダル男』主題歌。また、自身出演のWOWOW「開局25周年」CMソング。
    ソロで映画の主題歌を担当するのは、8年ぶりである[25]
    映画『金メダル男』の監督・脚本・主演を担当した内村光良は、中学生の時からサザンオールスターズのファンであり、桑田と内村は1989年フジテレビバラエティ番組夢で逢えたら』に出演して共に出会った。2000年に内村出演のTBS系バラエティ番組『ウンナンのホントコ!』内の企画「未来日記Ⅲ」のテーマソングをサザン(「TSUNAMI」)が担当したり、内村が桑田のシングル「白い恋人達」のPVへの出演や、桑田の冠番組であるフジテレビ系音楽バラエティ番組『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』に出演したりして、長年交流を続けてきている。映画を製作している途中に内村は、「この映画の主題歌は桑田さんしかいない」という思いを直筆の手紙にして、この映画の作品のDVDと共に桑田へ送った。そして、1週間後にその返事として描き下ろされたこの楽曲を収録したCDが桑田のマネージャーによって内村のもとへ届いた。楽曲を聴いた内村は「男泣きをしました。一生の曲になった。」と語った[25][26][27]。『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」には、映画を見た時の印象や内村への思いが桑田によって詳細に書かれている[28]
    歌詞や楽曲については、夢追う者への応援、挫折した悔しい思いを、美しいバラードのメロディと優しさで包み込む、人生賛歌ともいうべきもので、生ギター一本で始まり、60s風のビートポップ・フレイバーがメロディに漂う、クールでスイートなロッカ・バラード楽曲になっている[25][29]。間奏の「エンヤートット」についてはビートルズからの影響が語られている[注 1]。なお、『がらくた』に収録されたバージョンでは「401stオールスターズ」の声が追加されている[32]
    2016年9月24日に放送された『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で、メディア初のオンエアーを行なった。なお、この時はまだシングル化は発表されていなかった[33]
    同年11月8日PVが解禁され、内容は、ニューヨークを思わせる街角の路地、書斎、和室、海辺などさまざまな場所で桑田が歌っており、桑田が持っていた曲のイメージを元にPVも出来上がっている。なお、海のシーンの撮影については桑田本人が発案している。PVで桑田はコートを着用しており、冬の海を思わせる演技をしていたシーンだったが、撮影当日は最高気温が28度だったという[34]。PVの監督は前作「ヨシ子さん」に引き続き田辺秀伸が担当。PVは同年10月に2日間で撮影が行われた[35]。また、PVが公開された同じ日に「ヨシ子さん」に引き続きWOWOWのCMソングになることが発表された[36][37]
  2. 悪戯されて (4:44)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐&片山敦夫 / 弦編曲:片山敦夫)
    自身出演の番組『偉大なる歌謡曲に感謝 〜東京の唄〜』で新曲として披露された楽曲[38]。曲調は、番組のコンセプト通り“歌謡曲”テイストな楽曲となっている。番組での演奏時は原由子TIGERに加え、斎藤誠山本拓夫の4人でコーラスを行っている[39]
    当初は、自身の映像作品『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』の初回限定盤のみの付属品として7インチレコードに収録したものを発表していたが、後から本作のカップリング曲としても発表された[40][7]
    PVには広末涼子阿部翔平浜田晃が出演しており、1970年代のサスペンスドラマ仕立ての内容となっている。企画については桑田本人が「松本清張原作のドラマや映画の予告編のようなビデオにしてみたい」と提案し、松本原作の映画『ゼロの焦点』の主演を務めた広末を選んだ。PVのストーリーは歌詞をベースにし、サスペンス劇場さながらのドラマの感じに仕上がっている[41]
    タモリはこの曲を絶賛している[42]
    『がらくた』完全生産限定盤A・Bに収録されているDVDには音源に新たなアレンジが施されて収録されている[43]。なお、当初はその音源を『がらくた』のCDに収録しようとしたが、置き場所が納得したものにならなかったため選曲から漏れた旨を桑田は語っている[44]
  3. あなたの夢を見ています (4:53)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐&片山敦夫)
    冬の訪れを感じさせるミドルテンポのポップナンバーになっていて[45]、自身のファンの方々の顔や生活を思い浮かべた楽曲になっており、当初はポップなシングル曲用に製作していた楽曲である[46]
  4. メンチカツ・ブルース (3:46)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    落語にはまっていることを公言する桑田が小噺を意識して作詞した曲で[45]、三番には明石家さんまビートたけし、タモリの名前が登場し、タモリはこの歌詞を知った際には笑顔で「ありがたいですね、これは」とコメントした[47]
    2016年11月25日に放送されたタモリが司会を務めるテレビ朝日音楽番組ミュージックステーション』で弾き語りとして披露している[42]

参加ミュージシャン編集

君への手紙
悪戯されて
あなたの夢を見ています
  • 桑田佳祐:Vocal, Acoustic & Slide Guitars, Tambourine, Bells, Hand Craps & Backing Vocal
  • 片山敦夫:Keyboards, Electric Piano & Synthesizer
  • 斎藤誠:Electric Guitar
  • 山本拓夫:Soprano Saxphone
  • 角谷仁宣:Computer Programming
メンチカツ・ブルース
  • 桑田佳祐:Vocal, Acoustic Guiter, Hand Craps, Sound Effect & Backing Vocal
  • 401stオールスターズ:Hand Craps

映像関連編集

収録アルバム編集

  • がらくた (#1,3)
    • 全曲アルバムバージョンで収録。

ミュージック・ビデオ収録作品編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ アイ・アム・ザ・ウォルラス」の事[30]。桑田はインタビューで「“エンヤートット エンヤートット”っていうリズムが、ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に入っている」と発言しているが[31]、実際は『マジカル・ミステリー・ツアー』に収録されている[30]。また、「エンヤートット」のフレーズは2011年のライブ『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』で歌唱された宮城県民謡「大漁唄い込み」でも使われている。

出典編集

  1. ^ レコ協 11月ゴールドディスク認定作品発表、AKB48「ハイテンション」&乃木坂46「サヨナラの意味」がミリオン認定 MUSICMAN-NET 2016年12月9日閲覧
  2. ^ a b 君への手紙(初回限定盤) オリコン 2017年2月24日閲覧
  3. ^ 2016年11月度月間ランキング1位〜10位 オリコン ウェブ魚拓より
  4. ^ 年間 CDシングルランキング 2016年度 61位〜70位 オリコン 2016年12月24日閲覧
  5. ^ Billboard Japan Hot 100 2016.12.5付 Billboard Japan 2018年12月1日閲覧
  6. ^ 桑田、還暦初ライブ…4年ぶり年越しも goo ニュース(スポーツ報知)2016年9月27日閲覧
  7. ^ a b c サザンオールスターズ official 2016年10月23日0:03ツイート Twitter
  8. ^ 桑田佳祐、SG「君への手紙」初回盤に本人直筆の手紙封入。横アリ年越しライブも決定 (1ページ目/全2ページ) BARKS 2016年9月27日閲覧
  9. ^ 桑田佳祐、映像作品『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝~』から3曲を特別OA! RO69 2016年10月15日閲覧
  10. ^ 桑田佳祐「君への手紙」より YouTube
  11. ^ サザンオールスターズofficial Twitter 2016年10月30日0:40ツイート 2016年10月31日閲覧
  12. ^ 特設サイト 桑田佳祐「君への手紙」 2016年11月10日閲覧
  13. ^ 桑田佳祐 新曲CMでウッチャン号泣!? オリコン 2016年11月16日閲覧
  14. ^ 桑田佳祐がNHK「SONGS」で見せた落語家の姿。実現したリスナーとの対話
  15. ^ 桑田佳祐 謎の音楽評論家も登場!? 未発表新曲「悪戯されて」地上波初披露の音楽特番8/26オンエア Billboard JAPAN 2016年8月25日閲覧
  16. ^ ミュージックステーション 2016年11月18日出演アーティスト テレビ朝日 2016年11月18日閲覧
  17. ^ ミュージックステーション 2016年11月25日出演アーティスト テレビ朝日 2016年11月18日閲覧
  18. ^ 日テレ「ベストアーティスト」視聴率14・6% 瞬間最高は嵐がリオ五輪テーマソング披露の19・4% スポーツ報知 2016年11月30日閲覧
  19. ^ SONGS | 第402回 桑田佳祐 ~新境地!落語で誘う桑田ワールド~ NHK 2017年6月27日閲覧
  20. ^ ミュージックステーション 2016年12月23日出演アーティスト テレビ朝日 2016年12月3日閲覧
  21. ^ 首藤義勝 2016年11月23日19:39ツイート Twitter
  22. ^ 大黒摩季 2016年11月25日20:50ツイート Twitter
  23. ^ 【今週のオリコン】RADWIMPSが2作連続で首位獲得!シングルはモーニング娘。’16が通算18作目の1位 m-on music 2016年11月29日閲覧
  24. ^ 桑田佳祐のシングル売上11位〜17位 オリコン 2017年11月6日閲覧
  25. ^ a b c 桑田佳祐ソロ名義では8年ぶりの映画主題歌! 内村光良×知念侑李(Hey! Say! JUMP)主演映画『金メダル男』に提供 billboard JAPAN 2016年9月27日閲覧
  26. ^ 内村 主題歌書き下ろしの桑田佳祐との秘話「男泣きしました」 デイリースポーツ 2016年10月22日閲覧
  27. ^ “桑田佳祐が8年ぶり映画主題歌提供 内村光良監督、念願かない男泣き”. Oricon style (オリコン). (2016年7月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2075744/full/ 2016年7月27日閲覧。 
  28. ^ 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p26 - 29より。
  29. ^ 桑田佳祐、新シングル『君への手紙』を“いいふみの日”に発売決定 年越しライブも開催へ リアルサウンド 2016年9月27日閲覧
  30. ^ a b ビートルズと日本 TOKYO 5 DAYS トークイベント・レポートシンコーミュージック・エンタテイメント
  31. ^ 『ヨシ子さん』リリース記念企画 桑田佳祐、ネット初登場! 新曲と音楽を大いに語る「狙ってたらヒット曲ってやっぱりできない」(インタビュアー:萩原健太) リアルサウンド
  32. ^ がらくた』歌詞ブックレット P37より。
  33. ^ 桑田佳祐の新曲「君への手紙」が、本日放送『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で初オンエア リアルサウンド 2016年9月28日閲覧
  34. ^ 「Pen」 2017年09月01日号 No.435 p84より
  35. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.136 20ページより
  36. ^ 桑田佳祐、話題の新曲「君への手紙」がWOWOW開局25周年CM曲に決定 OKmusic 2016年11月8日閲覧
  37. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.136 18ページより
  38. ^ 桑田佳祐、新曲「悪戯されて」 TOKYO FMレギュラー番組でラジオ初オンエア オリコン 2016年9月4日閲覧
  39. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.135 19ページより
  40. ^ 桑田佳祐「悪戯されて」が7インチレコードに BD/DVD『THE ROOTS』初回特典 オリコン 2016年9月25日閲覧
  41. ^ 桑田佳祐新曲MV主演は広末涼子 史上初の“歌謡”サスペンス!? オリコン 2016年11月18日閲覧
  42. ^ a b 弘中綾香のMステブログ テレビ朝日 2016年12月4日閲覧
  43. ^ a b 桑田佳祐「がらくた」特設サイト 2017年6月28日閲覧
  44. ^ 代官山通信 vol.139「桑田佳祐のオールスター讀物」より。
  45. ^ a b 桑田佳祐、11・23「君への手紙」は新曲4曲入り オリコン 2016年10月23日閲覧
  46. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.136 16ページより
  47. ^ 桑田佳祐、新曲にタモリ・たけし・さんまBIG3登場「名前を拝借しました」,マイナビ,2016年11月25日

関連項目編集

外部リンク編集