メインメニューを開く

人物・経歴編集

大学在学中にS-KENのプロデュースによるユニット[8]Flim-Flam」のヴォーカル「春[2](Haru[3]、ハル[4])」としてデビュー[9]2000年に「TIGER」としてソロデビュー[1][9]。ソウルフルで強く太い歌声と評される[10][11]

また以降は、コーラス歌手として、サザンオールスターズMISIAなどのサポートメンバーを務めていることで知られる[12][13]

大野雄二(Yuji Ohno & Lupintic Five、Yuji Ohno & Lupintic Six)による『ルパン三世』のコンサートではヴォーカル・コーラスグループ「Fujikochans」(「Fujikochan's」とも[14])の一員を務めており[15][16]、『ルパン三世』第4シリーズのアイキャッチも担当したほか[15]、大野のプロデュースのもと「Fujikochans」名義のアルバムをリリースしている[11][17]

ソングライターとしても活動し、安室奈美恵やMISIAなどに歌詞や楽曲を提供している[1][18]

ソロシンガー及びラッパー[7][19]としてはアルバム2枚とシングル5枚をリリースしており[1]RAZORS EDGE主催のライブの常連となっている[20][21][22][23][24]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  • 「GO ON, TOGETHER, FOREVER IN THE RHYTHM」(2000年9月20日)[18]
  • 「give it 2 me now」(2001年6月27日)[18]
  • 「Please」(2001年8月1日)[18]
  • 「GIRLFRIEND」(2002年3月6日)[18]
  • 「ORANGE」(2002年7月10日)[18]

アルバム編集

  • 『BLACK HAIR & BLACK EYES』(2002年7月24日)[18]
  • 『Summer dayz 〜太陽と遊ぼう〜』(2003年7月30日)[18]

コンピレーションアルバム編集

  • 『SLOW JAM Sweet Ballade Collection』(2003年3月26日)[18]
    • 「サルビアの涙」
    • 「A LOVE STORY」
    • 「素敵な嘘なら」
  • 『和音 Produced by MURO』(2017年5月24日)

参加作品編集

ゲスト・ヴォーカルとして
  • PALM DRIVE
    • 「PRIVATE EYEZ」(『BLOCK HOLIDAY』収録、2003年3月26日)※作詞も担当[18]
  • SFKUaNK!![18]
    • 「A LOVE SONG」(『スフォンク!!』収録、2005年12月14日)
    • 「Geppetta」(同上)※作詞・作曲も担当
    • 「Da Da Dance!! (Hit The Floor)」(『Stand Up pleeeease!!』収録、2006年10月18日)
  • SUIKEN
    • 「HOT IN POT」(『HOT IN POT』収録、2006年7月26日)[18]
  • GIANT SWING
    • 「YOUR EYES ON ME feat. TIGER」(『GIANT SWING DELI』収録、2007年3月7日)※作詞・作曲も担当[18]
  • The Forest(「The Forest feat. TIGER」名義)
    • 「Fly Like a Bird」(コンピレーションアルバム『J-HOUSE MASTER』収録、2003年8月6日)※作詞も担当[18]
  • 大野雄二 関連
    • MANHATTAN JOKE feat. TIGER」(Yuji Ohno & Lupintic Five『UP↑ with Yuji Ohno & Lupintic Five』収録、2014年12月10日)[13]河合奈保子のカヴァー[26]
    • 「DESTINY LOVE feat. TIGER」(同上)[13]
    • 「おさんぽしましょ feat. TIGER」(You & Explosion Band『ルパン三世 PART4 オリジナル・サウンドトラック〜ITALIANO』収録、2015年10月21日)[27]
    • 「エンドレス・トワイライト-最後の真珠- feat. TIGER」(Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends『BUONO!! BUONO!!』収録、2015年10月21日)[11]
    • 「愛のつづき feat. TIGER」(Yuji Ohno & Lupintic Six『YEAH!! YEAH!!』収録、2016年6月8日)[28]
    • 「GOLDEN TIME feat. TIGER」(Yuji Ohno & Lupintic Six『RED ROSES FOR THE KILLER』収録、2017年6月21日)[29]
    • 「SUPER HERO〜peace ver. feat. TIGER」(同上)[29]
  • 斎藤誠
    • 「Take Me To The River」(『Put Your Hands Together! 斎藤誠の「幸せを呼ぶ洋楽カバー集」』収録、2015年1月21日)[18]
  • 小松秀行
    • 『Breezin'』(2015年4月8日)[30]
「Flim-Flam」として
  • オムニバス・アルバム『SOUP UP』(1996年4月24日)[6]
    • 「勝気な未来」
    • 「エレベーター」
  • ミニ・アルバム『NUDE』(1997年4月25日)[8]
  • ミニ・アルバム『MUSTARD』(1998年1月25日)[2]
  • オムニバス・アルバム『ROYAL STRAIGHT FLASH!』(1999年9月22日)[6]
    • 「little red corvette」
  • ミニ・アルバム『Watermelon Sugar』(2000年1月21日)[4][18]
「Fujikochans」として
  • アルバム『introducing Fujikochans with Yuji Ohno & Friends』(2017年3月15日)[11][17][31]
「海の底バンド」として
  • 配信シングル「三年間 / Bottom of the sea.」(2018年12月18日)[32]

楽曲提供編集

  • PALM DRIVE
    • 「PRIVATE EYEZ」作詞(『BLOCK HOLIDAY』収録、2003年3月26日)※ヴォーカルも担当[18]
  • 安室奈美恵[18]
    • SO CRAZY」作詞(シングル、2003年10月16日)
    • Queen of Hip-Pop」作詞(シングル、2005年7月13日)
    • 「FAST CAR」作詞(『PAST < FUTURE』収録、2009年12月16日)
    • 「Bad Habit」作詞(同上)
    • 「Wonder Woman」作詞(『Checkmate!』収録、2011年4月27日)
    • 「♯1」作詞(同上)
    • Love Story」作詞(シングル、2011年12月7日)
    • 「Let's Go」作詞(『Uncontrolled』収録、2012年11月24日)
    • Beautiful」作詞(シングル、2013年3月6日)
    • 「Rainbow」作詞(『FEEL』収録、2013年7月10日)
    • 「Poison」作詞(同上)
    • TSUKI」作詞(シングル、2014年1月29日)
    • 「Neonlight Lipstick」作詞(同上カップリング)
    • BRIGHTER DAY」作詞(シングル、2014年11月12日)
    • 「Golden Touch」作詞(『_genic』収録、2015年6月10日)[33]
    • 「Stranger」作詞(同上)[33]
    • Red Carpet」作詞(シングル、2015年12月2日)[33]
    • 「Black Make Up」作詞(同上カップリング)[33]
    • Mint」作詞(シングル、2016年5月18日)[33]
    • 「Chit Chat」作詞(同上カップリング)[33]
    • Dear Diary」作詞(シングル、2016年10月26日)[33]
    • 「Strike A Pose」作詞(「Just You and I」カップリング、2017年5月31日)[33]
  • MISIA[18]
    • 「めくばせのブルース」作詞(『BACK BLOCKS』収録、2003年10月22日)
    • 「FUTURE FUNK」作詞(『ASCENSION』収録、2008年12月17日)
  • SFKUaNK!![18]
    • 「Geppetta」作詞・作曲(『スフォンク!!』収録、2005年12月14日)※ヴォーカルも担当
    • 「Da Da Dance!!」作曲(『Stand Up pleeeease!!』収録、2006年10月18日)
    • 「Da Da Dance!! (Hit The Floor)」作曲(同上)※ヴォーカルも担当
  • YA-KYIM[18]
    • 「You Belong To Me」作詞・作曲(『STILL ONLY ONE』収録、2006年1月11日)
    • 「Hands up」作詞・作曲(『Keep YA Style』収録、2006年8月2日)
    • 「STYLES」作詞・作曲(同上)
    • 「99-05」作詞・作曲(同上)
    • 「I'm proud I'm me」作詞・作曲(『beauty × beauty』収録、2006年11月1日)
    • 「Superstar」作詞・作曲(『Can YA Feel?』収録、2007年3月7日)
    • 「Keep YA Head Up feat. HOKT from NORTH COAST BAD BOYZ」作詞(同上)
    • 「Hey Sister! (Tell Me What YA Thinkin') feat. TARO SOUL」作詞(同上)
    • 「Feel The Sky」作詞・作曲(同上)
    • 「Hands up type Ⅱ feat. TOMOGEN from DOBERMAN INC」作詞・作曲(同上)
    • 「Can't Help But Wait〜あなたに逢いたくて」作詞(『Super☆Looper』収録、2008年5月28日)
  • "E"qual
    • 「Dress code feat. YA-KYIM」作詞・作曲(『7 Days』収録、2006年9月27日)[18]
  • GIANT SWING
    • 「YOUR EYES ON ME feat. TIGER」作詞・作曲(2007年3月7日)※ヴォーカルも担当[18]
  • 山田優
    • 「Fly So High」作詞(シングル、2007年6月13日)[18]
  • 黒木メイサ[18]
    • 「Rock U 〜Movie Ver.〜」作詞・作曲(『「クローズ ZERO」オリジナルサウンドトラック』収録、2007年10月24日)
    • 「Criminal」作詞(『hellcat』収録、2009年4月8日)
  • May J.[18]
    • 「Jealous Girl」作詞・作曲(『Baby Girl』収録、2007年12月5日)
    • 「Girls Spacey Healin'」作詞・作曲(『WITH 〜BEST collaboration NON-STOP DJ mix〜』収録、2011年4月27日)
  • 三浦大知
    • 「Baby Be Mine」作詞・作曲(『Who's The Man』収録、2009年9月16日)[18]
  • AISHA
    • 「It’s On You feat. AISHA」作詞・作曲(『I, Shout!!!』収録、2012年10月3日)[18]
  • 千織[18]
    • 「Reminiscence 〜レミニッセンス〜」作曲(シングル、2007年3月7日)
    • 「Best Friends?」作詞(シングル、2006年5月24日)
    • 「Love & Peace」作詞(シングル、同上)
  • The Forest(「The Forest feat. TIGER」名義)
    • 「Fly Like a Bird」作詞(コンピレーションアルバム『J-HOUSE MASTER』収録、2003年8月6日)※ヴォーカルも担当[18]
  • 壱岐尾彩花
    • 「Spin Me Round」作詞(コンピレーションアルバム『GIRLS NIGHT OUT vol.2』収録、2009年7月1日)[18]
  • Crystal Kay
    • 「Superman」作詞(シングル、2011年12月14日)[18]
  • ゴスペラーズ

コーラスとして編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y Tiger Official Site”. 2019年4月29日閲覧。
  2. ^ a b c Flim-Flam / マスタード [廃盤]”. CDJournal. 2019年4月29日閲覧。
  3. ^ a b FLIM-FLAM/WATER MELON SUGAR レコード通販のサウンドファインダー”. 2019年4月29日閲覧。
  4. ^ a b c d Flim-Flam / Watermelon Sugar [廃盤]”. CDJournal. 2019年4月29日閲覧。
  5. ^ a b TIGER|日本タレント名鑑”. 2019年4月29日閲覧。
  6. ^ a b c Watermelon Sugar”. mediacraft. 2019年4月29日閲覧。
  7. ^ a b TIGER - Real Sound|リアルサウンド”. Real Sound. 2019年4月29日閲覧。
  8. ^ a b Flim-Flam / ヌード [廃盤]”. CDJournal. 2019年4月29日閲覧。
  9. ^ a b タレントデータバンク”. 2019年4月29日閲覧。
  10. ^ 【ライブレポート】大野雄二、キネマ倶楽部をルパン色に染め上げる”. 音楽ナタリー (2018年5月29日). 2019年4月29日閲覧。
  11. ^ a b c d e ルパン音楽でおなじみ、コーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャーした初アルバム”. OTOTOY. 2019年4月29日閲覧。
  12. ^ a b 大野雄二新バンド、1stアルバムリリースへ ルパン主題歌セルフカバーも収録”. Real Sound (2016年4月11日). 2019年4月29日閲覧。
  13. ^ a b c d Yuji Ohno & Lupintic Five新作にEGO中納ら、初PVも”. 音楽ナタリー (2014年12月10日). 2019年4月29日閲覧。
  14. ^ 大野雄二による10年ぶりのボーカルアルバム「introducing Fujikochan’s with Yuji Ohno & Friends」が3月15日発売決定!”. 日刊エンタメクリップ (2016年12月27日). 2019年4月29日閲覧。
  15. ^ a b Yuji Ohno & Lupintic Five、クリスマスイブにルパンと共演”. 音楽ナタリー (2015年12月26日). 2019年4月29日閲覧。
  16. ^ a b 大野雄二率いるYuji Ohno & Lupintic Five、新旧「ルパン三世」アニメーションとのコラボを披露”. Real Sound (2015年12月26日). 2019年4月29日閲覧。
  17. ^ a b 大野雄二「THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』」インタビュー|ルパンと歩んできた40年間”. 音楽ナタリー. 2019年4月29日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an Tiger Official Site”. 2019年4月29日閲覧。
  19. ^ TIGER”. TSUTAYA/ツタヤ. 2019年4月29日閲覧。
  20. ^ RAZORS EDGE主催のイベントStormy Dudes Festa 2015最終発表に赤犬ら8組 (2015/05/08) 邦楽ニュース”. rockinon.com (2015年5月8日). 2019年4月29日閲覧。
  21. ^ RAZORS EDGE主催サーキットイベントにHAWAIIAN6、ストンピン、bachoら”. 音楽ナタリー (2016年4月5日). 2019年4月29日閲覧。
  22. ^ RAZORS EDGE、半年ぶり自主企画で新シングル発売”. 音楽ナタリー (2017年5月17日). 2019年4月29日閲覧。
  23. ^ RAZORS EDGE主催「STORMY DUDES FESTA」にG-FREAK、SHADOWSら”. 音楽ナタリー (2017年9月15日). 2019年4月29日閲覧。
  24. ^ RAZORS EDGE主催「STORMY DUDES FESTA」タイムテーブル&昨年映像公開”. 音楽ナタリー (2017年10月18日). 2019年4月29日閲覧。
  25. ^ MUROプロデュースのカバーアルバム発売、ボーカルにPUSHIMやLeyonaら”. 音楽ナタリー (2017年5月24日). 2019年4月29日閲覧。
  26. ^ 巨匠・大野雄二が語る、日本のポップスの発展と成熟「ジャズの影響力は、実はものすごく大きい」”. Real Sound (2014年12月10日). 2019年4月29日閲覧。
  27. ^ 大野雄二率いるYuji Ohno & Lupintic Five、結成10周年を記念した初のベストアルバムリリース決定”. Real Sound (2015年10月21日). 2019年4月29日閲覧。
  28. ^ 「音は若返りました!!!」大野雄二新バンドが初音源「YEAH!! YEAH!!」発表”. 音楽ナタリー (2016年4月12日). 2019年4月29日閲覧。
  29. ^ a b 「僕は思いのほかロマンチストだったりする」”. Real Sound (2017年6月23日). 2019年4月29日閲覧。
  30. ^ ベーシスト小松秀行の初リーダー作に田島貴男、鈴木雅之が参加”. 音楽ナタリー (2015年2月20日). 2019年4月29日閲覧。
  31. ^ 大野雄二プロデュース・Fujikochans、峰不二子が可憐に唄う新作ジャケ公開”. Musicman-net (2017年2月15日). 2019年4月29日閲覧。
  32. ^ 平岡恵子、上田健司、名越由貴夫、佐藤タイジ、ASA-CHANGら“海の底バンド”初音源”. 音楽ナタリー (2018年12月18日). 2019年4月29日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i j k Tiger Official Site”. 2019年4月29日閲覧。
  34. ^ (2ページ目)大野雄二✕プロデューサー浄園祐が語る、『ルパン三世』と音楽の深い関係「音楽が印象に残るアニメという点では、ルパンがいちばん強い」”. Real Sound (2015年10月22日). 2019年4月29日閲覧。
  35. ^ 70歳迎えたs-ken新作に細野晴臣、スカパラ、トータス松本、竹中直人ら参加”. 音楽ナタリー (2017年3月22日). 2019年4月29日閲覧。
  36. ^ 斎藤有太16年ぶりアルバムに奥田民生や小春参加、マスタリングはABEDON”. 音楽ナタリー (2018年8月6日). 2019年4月29日閲覧。
  37. ^ a b c 「THEME FROM LUPIN III 2016」の雰囲気と会場とのマッチング”. Real Sound (2017年5月22日). 2019年4月29日閲覧。
  38. ^ 土屋アンナがむき出しに!ソウルフルな一発録音カバーアルバム”. 音楽ナタリー (2015年12月9日). 2019年4月29日閲覧。
  39. ^ ももクロ最新トレイラーで堂本剛&やくしまるえつこ提供曲のインスト公開”. 音楽ナタリー (2016年1月28日). 2019年4月29日閲覧。
  40. ^ 桑田佳祐、2016年総括の横アリ4DAYS「皆さんに幸せが訪れますように!」”. 音楽ナタリー (2017年1月1日). 2019年4月29日閲覧。
  41. ^ 【ライブレポート】桑田佳祐、全国行脚を経てホーム横浜に凱旋「皆さんと最後まで幸せな時間を」 - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー (2018年1月1日). 2019年4月29日閲覧。
  42. ^ サザンオールスターズ@横浜アリーナ2015.01.01 邦楽ライブレポート”. rockinon.com (2014年12月27日). 2019年4月29日閲覧。

外部リンク編集