ビッグ3 (日本のお笑いタレント)

ビッグ3(ビッグスリー、英称BIG3)とは、日本のお笑い界のトップに君臨する3大お笑いスターを指す用語。ビートたけし明石家さんまタモリの3人を指す。お笑い第二世代の代表格。

FNS27時間テレビ』や『タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ』など、BIG3の名称はフジテレビでの企画番組で使用されることが多かったが、その後各メディアでも同じように使用され[1][2][3]、一般的に広く認知されている。

概要編集

1988年から1999年まで毎年、年末年始1月1日 - 1月3日)に放送されていた、新春特別番組タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ』(フジテレビ系列)などで「BIG3」の呼称が使用された。

芸歴では、ビートたけし(1972年 - ) → 明石家さんま(1974年 - ) → タモリ(1975年 - )の順番ではあるが、基本的に3人を並べて表記したり紹介する時には年齢順となり、タモリ(1945年生まれ) → たけし(1947年生まれ) → さんま(1955年生まれ)の順番となる。

BIG3共演番組編集

たけし・さんま・タモリ編集

第1回放送の『FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』に於いて、フライデー襲撃事件逮捕起訴され、長らく謹慎をしていたビートたけしが、判決確定・謹慎明け後に初めてテレビに復帰し、総合司会のタモリ・明石家さんまと共演したことで大きな話題を呼んだ。

これをきっかけに『タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ』(フジテレビ系列)が始まることとなる。

27時間テレビでは、1990年 - 1996年の7年間、毎年日曜日に「BIG3」スペシャル企画が放送され、1996年まで継続された。「車庫入れ事件」(さんまの愛車を無断で拝借し、その目の前で破壊する)など、テレビ史に残る数々の伝説を残した。『ゴルフマッチ』とともに、「BIG3」の歴史を語る上でなくてはならない番組である(詳しくはリンク先を参照)。

2008年の『FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』には『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系列)の三宅恵介ディレクターの呼びかけで、12年ぶりに『FNSの日』に「BIG3」が出揃い(タモリは「笑っていいとも!増刊号生スペシャル」内の出演)、さんまやたけしは往年の衣装を揃えるなどして番組に貢献した。また「車庫入れ」も復活し、さんまと岡村隆史ナインティンナイン)の愛車に鬼瓦権造(たけし)がペンキで落書きする、パフォーマンスが行われ、さんまも「誰か奴を止めなさい!」と叫ぶことでこれに応じた。

2009年には、たけしが深夜名物コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」に内包にされた企画「笑顔でポン!」に出演した。その放送回では、2009年の『FNSの日26時間テレビ 2009 超笑顔パレード 爆笑!お台場合宿!!』の総合司会・島田紳助(当時お笑いタレント)も出演しており、たけし・さんま・紳助の共演が実現した。ちなみに、たけしとタモリの絡みは2008年・2009年ともに実現していない。

2012年の深夜名物コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」の後半では、『FNSの日』として約16年振りに「BIG3」が揃い話題となった。

  • タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ1988年1989年1991年 - 1994年1996年 - 1999年、フジテレビ系列)
    • バラエティスポーツゴルフ)番組。3人ともゴルフの腕は相当なものであり、また、様々な仕掛けや移動中などの会話も好評であった。
  • 和田アキ子殺人事件2007年TBS系列
  • 森田一義アワー 笑っていいとも!笑っていいとも!増刊号(フジテレビ系列)
    • 1986年9月5日金曜日)の『笑っていいとも!』の生放送で、オープニングいいとも青年隊がテーマ曲「ウキウキWATCHING」を通常通り1フレーズ歌った後に、通常は総合司会のタモリが正面から登場するはずが、「サプライズ・スペシャルゲスト」としてたけしが登場した。遅れてタモリも登場し、たけしに「なにやってんの? 誰?」と質問、たけしは「B&Bですけど。『笑っている場合ですよ!』」とおどけてみせた。その後、当時金曜レギュラーのさんまも登場し、「立つ位置困るわー」と困り果てていた。
    • その結果、「BIG3」の共演が実現した(ただし、まだ当時はあまり、この3人が「BIG3」と言われていなかった時代のことであり、当時は年に1、2回はほぼ必ずBIG3の共演が番組で実現していた)。この時、当時の番組スタッフは、レギュラー陣のさんまどころか総合司会者のタモリにすら、たけしが『いいとも!』のスタジオアルタに来ることを知らせていなかったらしく、タモリがたけしに「何かあったのかと思った」と言うほど驚いていた。
    • また、『平成教育テレビ』(1992年)の前日には、タモリとさんまのトークコーナー「タモリ・さんまの日本一のホラ吹き野郎」に出演している。
    • 下記の通り、『いいとも!』レギュラー放送最終回の「テレフォンショッキング」にたけしが番組最後のテレフォンゲストとして出演したが、たけしは(実際には明日の放送はないものの)明日のお友達にさんまを紹介し、さんまの電話出演という形で3人が共演した。なお、さんまは当日夜の『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』にゲスト出演した。
  • なるほどザ・春・秋の祭典スペシャル
    • 基本的には「ビッグ3」間の絡みは無し。タモリは「笑っていいとも!」チーム、たけし・さんまは「オレたちひょうきん族」チームとして出演。「オレたちひょうきん族」終了後は、タモリは引き続き「笑っていいとも!」チーム、さんまは「あっぱれさんま大先生」チーム、たけしは予選Bブロックの「平成教育委員会」の司会として、逸見政孝と共に出演。
  • オレたちひょうきん族 (フジテレビ系列)
    • たけしとさんまのコント「THEタケちゃんマン」のコーナーにタモリがゲスト出演している。この時は、さんま扮するブラックデビルJr.がテレフォンショッキングに出演した設定で、たけし扮するタケちゃんマンが次のゲストとして紹介されるも、そこへ乱入してくるという内容のコントを行った(これがお笑いBIG3が3人揃って初共演した番組とされている)。

2人の共演編集

それぞれが大物故、レギュラー番組も多いため3人で共演することは少ない。そのため1人が欠けた状態で共演することも多い。

たけし・タモリ編集

この2人が同じ番組で顔を合わせるのは、間にさんまを挟んだ場合がほとんどであり、2人だけの共演は数える程しかない。ただし、1970年代後半に面白グループを介した交流はあり、1980年代前半では、テレビ番組ラジオ番組などで時々共演する場面も見られた。

さんま・タモリ編集

さんまは、タモリ司会の『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)の長期レギュラー出演者(1984年 - 1995年まで出演)であったため、付き合いは長い。さんまの『いいとも!』降板以降は特別番組などでたまに共演している。

たけし・さんま編集

この2人は特に共演が多かったが、2000年頃からしばらくの間は数える程しかなかった。しかし、2007年以降は共演が再び多くなっている。たけしの暴走にさんまが振り回される、という演出が定番である。

3人別々の共演編集

日本テレビ開局記念番組編集

2008年11月28日 - 11月30日の21:00 - 23:24(JST)枠のゴールデンタイム3夜に渡って、日本テレビの開局55年記念特別番組[1]として『BIG3』3人がそれぞれ、以下の冠番組を担当した。

放送日 放送時間 番組タイトル
2008年11月28日 21:00 - 23:24(2時間24分) 明石家さんまに聞きたかったのはそういうコトだったのねスペシャル
2008年11月29日 タモリ教授のハテナの殿堂?
2008年11月30日 ビートたけしの今まで見たことないテレビ

フジテレビ開局記念番組編集

2014年3月1日の19:00 - 23:10(JST)枠のゴールデンタイムにフジテレビの開局55周年記念特別番組として『BIG3』3人がそれぞれ『めちゃ×2感謝してるッ!お笑いBIG3も参戦の4時間超スペシャル』にスペシャルゲスト出演を果たした。

タモリは「ガリタ食堂」改め「モリタ食堂」にナインティナイン笑福亭鶴瓶と食事、たけしは「たかっしー&ふなっしーが行く!!」に「たけっしー」の着ぐるみを着て出演、さんまは「めちゃギントン」のコーナーにそれぞれゲスト出演をした。

評価編集

  • タモリは「俺は自分の才能で番組をやっていない。『いいとも!』なら旬のタレント、『タモリ倶楽部』なら旬の文化人、『ミュージックステーション』なら旬のアーティストを目当てに視聴者がいる。どの番組も俺を目当てに観られていない。たけしやさんまは凄い。あの2人は自分を売りに番組をやっている」と述べている[4]
  • さんまはたけし・タモリとの芸風の違いについて「あの人たちは懐が深いから、一歩引いて相手が出てくるのをポンと打つように、相手の出方をうかがいながらトークを行っているが、一方で自分はどんな時もがむしゃらに前に出ていってトークを展開していく」とその違いを分析している[5]
  • ダウンタウン松本人志はBIG3について、若い時は邪魔な存在と思っていたが、年齢を重ねるにつれてBIG3がまだまだ頑張っている事で「自分もまだやれる」と励みになっていると言っている[6]
  • ナインティナイン岡村隆史はBIG3が30年以上も君臨し続けている状況について、冗談で「そろそろ死んでくれませんか?」と言うなど後輩として、その圧倒的存在感に半ばお手上げ状態と語っている[7]
  • 長く活躍していることもあり、知名度が高い。2020年7月22日に放送された『水曜日のダウンタウン』の「古今東西 日本人知名度ランキング」[8]では、1位タモリ(97.4%)・4位さんま(94.3%)・5位たけし(94.2%)という結果だった[9]

エピソード編集

関連人物編集

  • 逸見政孝 逸見は進行役としての役割以外に、3人へのツッコミ役[注釈 1]としても実力を発揮し、本番組だけでなくFNS27時間テレビでもBIG3企画に欠かせないホスト役として「BIG3+1」とも言える名物的存在となるが、BIG3を束ねる能力を持つほぼ唯一の人物でもあったため、結果的には逸見の逝去がこの企画の失速につながった。また、逸見自身もゴルフが趣味の一つであるため、各ホールやプレーの状況説明も的確だった。
  • 横澤彪
  • 三宅恵介
  • 荻野繁
  • 王東順
  • 大岩賞介
  • 加茂裕治

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 特に英語/日本語禁止ホールでは言葉巧みにさんまを陥れる誘導術は秀逸で、大阪出身の逸見がふつうに大阪弁やフランクな言い回しを多用したのはこの番組だけだった。

出典編集

  1. ^ a b “さんま タモリ たけし 「ビッグ3」 夢の競演 バラエティー制作ガチンコ対決 11・28から3夜連続 3者3様の内容に気合満々”. デイリースポーツ: p. 24. (2008年10月30日) 
  2. ^ 「たけし、さんま、タモリ(お笑いビッグ3)『忍び寄る老いと女』」『週刊文春』第51巻1号(通巻2509号)、文藝春秋社、2009年1月1日、 206-211頁。
  3. ^ 「浮き沈みの激しい芸能界で、三者三様の選択をした大物たち タモリ たけし さんま お笑いビッグ3に学ぶ : 大淘汰時代を生き残るヒント」『週刊現代』第56巻11号(通巻2750号)、講談社、2014年3月29日、 158-161頁。
  4. ^ 女性セブン2014年4月10日号、60頁。
  5. ^ さんまが語った“たけし・タモリ”との違い。
  6. ^ 松本人志が嫉妬する芸人とは? お笑いBIG3への印象変化「俺もまだできる」
  7. ^ ナイナイ岡村 “お笑いBIG3”に白旗状態「ジョコビッチより全然強い」
  8. ^ 調査対象は日本の人口バランスに合わせた比率の10代〜70代(2000人)で、全国のあなたの街に住みます芸人による街頭調査およびリサーチ会社による調査を行った。ノミネートされた人物の中には戦国武将などの歴史的人物も含む。
  9. ^ “『水ダウ』の「古今東西知名度ランキング」アンダー60で唯一トップ10に入る中居正広の凄まじさ”. クイックジャパンウェブ. (2020年7月23日). https://news.yahoo.co.jp/articles/555538a4966e406db65f1843c54ac21b2f4f89b2 
  10. ^ 桑田佳祐、新曲にタモリ・たけし・さんまBIG3登場「名前を拝借しました」

関連項目編集

外部リンク編集