メインメニューを開く

呉 昌征(ご しょうせい、1916年6月28日 - 1987年6月7日)は、台湾高雄市橋頭区(当時は台南庁楠梓坑支庁仕隆区)出身のプロ野球選手外野手)。左投げ左打ち。プロ入りから1942年までは本名の呉 波(ご は)。その後日本に帰化石井 昌征(いしい まさゆき)に改名。登録名呉 昌征とした。

呉 昌征 (石井 昌征)
Go Shosei.JPG
1952年7月
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗 日本台湾
台南庁楠梓坑支庁仕隆区(現:高雄市橋頭区
生年月日 (1916-06-28) 1916年6月28日
没年月日 (1987-06-07) 1987年6月7日(70歳没)
身長
体重
167[1] cm
64[1] kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手投手
プロ入り 1937年
初出場 1937年3月28日
最終出場 1957年10月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1995年
選出方法 特別表彰

経歴編集

嘉義農林学校(のちの国立嘉義大学)時代には近藤兵太郎監督の下、春の甲子園に1回、夏の甲子園に3回出場[2]。裸足の選手として知られたが、平素から裸足でプレーしていたわけではなく、甲子園出場の前に全員でスパイクを新調したが、呉は足に合わず靴ずれが生じ、痛くて脱ぎ捨てただけだったという[3]。当時は外野手に加えて投手を兼任していたが、1935年の春の甲子園では、2回戦でリリーフに立つもほかに救援登板した2投手と合わせて計21四球を出す乱調で、浦和中に12点を与え敗退した。以降、主戦投手になることはなく、野手に専念するようになった[1]1935年の夏の甲子園では、準々決勝で松山商業延長戦の末に敗れたが、この試合で安打を放ち一塁出塁すると三球連続で盗塁を決め、僅か3球の間に得点を挙げてしまったという。またこの時の新聞に「甲子園は涼しかった」との談話を残している[4]

1937年東京巨人軍に入団すると、新人ながら一番・中堅手のレギュラーとなって春期は打率.289を挙げて打撃成績5位に入るとともに、リーグ最多の8三塁打を記録する。その後打撃不振に陥り一時出場機会が減少するが、1940年より打順は下位ながら中堅手のレギュラーに復活する。1942年は主に七番打者を務めるが、戦時中の物資不足により品質の粗悪な飛ばないボールを使っていたため他選手が軒並み低打率に喘ぐ中、呉は前年より打率を大幅に向上させて終盤にはトップバッターに定着し、打率.286で首位打者を獲得する。なお、打率2割台での首位打者獲得はNPB唯一の記録となっている。翌1943年呉波から呉昌征改名すると、シーズン当初よりトップバッターに入って打率.300を記録。リーグでただ一人の三割打者となって、2年連続の首位打者とともに最高殊勲選手タイトルを獲得した。また、この年の5月17日から9月18日まで当時の新記録となる29連続盗塁成功を記録している(1964年に広瀬叔功が31連続で更新)[5]。なお、この両年はリーグ最多得点(1942年:65、1943年:68)を記録するとともに、2年連続で盗塁数2位(1942年:40、1943年:54)となった。

1943年シーズン終了後、台湾に帰郷するため巨人を退団する[2]。しかし、台湾へ向かう準備で訪れた大阪で、同地の企業・神島化学工業に勤務することとなり[2]、さらに神島化学の社長・宮原清が阪神球団社長の富樫興一に呉を紹介したことで、阪神軍に移籍することとなった[2]。この移籍については、金銭トレードとも書かれることがある[2]1944年は20試合の出場で19盗塁を記録し、巨人軍の呉新亨と並んで盗塁王となった。

1946年は投手が少ないチーム事情から、「外野から正確なバックホームができるのだから、投手もできるだろう」という理由で投手としても登板するようになる。同年4月28日に行われた開幕第2戦目の対阪急戦(西宮)で初先発[1]。9回1失点でプロ初勝利を完投で挙げる[1]。これ以降、先発ローテーションに定着した[1]。特に同年6月16日には戦後初のノーヒットノーランを達成。この試合では四死球を5個与えているが、投球数は122球で試合時間は約1時間半の快投だった[1]。結局、チームトップの14勝(6敗)、リーグ9位の防御率3.02を挙げた。更に、登板のない日は打者として一番・センターで出場。打率の方でも.291(リーグ14位)を記録し、文字通り投打で大活躍した。しかし、以降のシーズンでは投手として出場することはほとんどなく、主に一番・センターとして阪神球団の主力選手を務めた[2]。なお、この間の1947年には81得点で三度目のリーグ最多得点を記録している。

1949年末の2リーグ分裂騒動若林忠志に従ってパ・リーグ毎日オリオンズに移籍。1950年は二番・右翼手としてリーグ4位の打率.324を挙げるとともに、16試合連続得点を記録するなど、毎日のリーグ優勝に貢献した。また同年の日本シリーズ第2戦ではシリーズ第一号本塁打を放っている。1951年も打率.302(リーグ7位)と2年連続3割を記録すると、以降1953年まで一番または二番・左翼手としてレギュラーを務める。1954年以降は山内和弘にレギュラーを譲って控えに回り、1957年現役引退。実働20年で現役引退したが、実働20年を記録した選手は日本プロ野球史上初であり[2]、連盟特別表彰を受けた[6]。巨人・阪神という人気チームで、主力選手として活躍した稀有な存在であった。巨人対阪神のOB戦では、「君はこっちだ」と川上哲治青田昇藤村富美男梶岡忠義ら両軍からからかわれていた。

1987年6月7日に死去。満70歳没。1995年野球殿堂入り。

2013年に日本在住の子孫が昌征のルーツを辿るべく訪台している[7]2018年1月4日には台湾棒球名人堂に選出され、王貞治氏に次ぐ2人目の日台野球殿堂入りとなった[8]

選手としての特徴編集

俊足・強肩の外野手として活躍。小柄ながらエネルギッシュな攻守により人間機関車と呼ばれた[6]。長打力はなかったが、シュアーなバッティングが持ち味で、時折見せるセーフティバントも得意とした[9]。外野手として鉄砲肩の上にコントロールが良く、二塁からの走者を正確なバックホームで刺す様子はまるで神業のようであったという[10]

人物編集

昌征という名前は、呉の恩人の息子につけられた名前を「自分にも(その名を)分けてつけさせて下さい」といって変更したものである。

太平洋戦争末期の1945年日本プロ野球戦争の影響からシーズンは中断され、阪神甲子園球場グラウンドは芋畑になったが、呉はそこで現場監督(耕作指導員)を務めた[2]。呉は学生時代に嘉義農林学校で学んだ経験を生かし土壌改良にも取り組んだという[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1937 巨人 55 255 194 36 56 5 8 0 77 19 18 -- 8 -- 51 -- 2 23 -- .289 .441 .397 .838
1937秋 19 59 55 6 18 2 2 0 24 4 4 -- 0 -- 4 -- 0 12 -- .327 .373 .436 .809
1938 32 116 81 17 17 0 2 0 21 7 9 -- 5 -- 29 -- 1 15 -- .210 .423 .259 .683
1938秋 5 13 11 1 3 0 0 0 3 0 0 -- 0 -- 2 -- 0 2 -- .273 .385 .273 .657
1939 49 48 43 13 7 2 0 0 9 1 2 -- 0 0 5 -- 0 14 -- .163 .250 .209 .459
1940 91 316 269 40 53 7 6 2 78 25 13 -- 3 2 39 -- 3 40 -- .197 .304 .290 .593
1941 85 336 265 43 59 6 5 1 78 30 14 -- 11 -- 58 -- 2 19 -- .223 .366 .294 .660
1942 105 455 370 65 106 11 11 1 142 35 40 7 7 -- 77 -- 1 35 -- .286 .411 .384 .794
1943 84 386 297 68 89 12 4 2 115 20 54 5 3 -- 85 -- 1 25 -- .300 .457 .387 .844
1944 阪神
大阪
20 93 74 20 22 5 0 0 27 3 19 2 1 -- 18 -- 0 7 -- .297 .435 .365 .800
1946 101 450 388 78 113 10 7 1 140 32 25 6 7 -- 54 -- 1 25 -- .291 .379 .361 .740
1947 115 513 445 81 119 15 9 1 155 28 40 9 3 -- 64 -- 1 29 -- .267 .361 .348 .709
1948 135 606 527 79 146 14 3 0 166 24 35 11 5 -- 70 -- 3 32 -- .277 .365 .315 .680
1949 82 222 184 31 41 6 1 0 49 10 14 5 5 -- 33 -- 0 16 -- .223 .341 .266 .607
1950 毎日 98 407 361 89 117 23 11 7 183 45 29 6 3 -- 42 -- 1 36 3 .324 .396 .507 .903
1951 104 422 381 59 115 13 4 3 145 25 18 9 2 -- 35 -- 4 26 0 .302 .367 .381 .747
1952 108 320 267 41 69 13 2 1 89 27 16 6 2 -- 50 -- 1 20 4 .258 .377 .333 .711
1953 101 296 250 47 68 5 3 0 79 14 8 5 3 -- 43 -- 0 27 1 .272 .379 .316 .695
1954 89 138 115 16 28 5 2 1 40 10 8 2 0 2 19 -- 2 21 0 .243 .355 .348 .703
1955 107 193 167 33 55 2 0 1 60 23 13 5 2 2 21 2 1 19 1 .329 .403 .359 .762
1956 72 94 82 6 13 2 0 0 15 4 1 2 2 0 10 0 0 15 3 .159 .250 .183 .433
1957 43 51 41 11 12 1 1 0 15 3 1 1 1 0 9 0 0 7 0 .293 .420 .366 .786
通算:20年 1700 5789 4867 880 1326 159 81 21 1710 389 381 81 73 6 818 2 24 465 12 .272 .379 .351 .731
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 阪神(阪神軍)は、1946年に大阪(大阪タイガース)に球団名を変更

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1940 巨人 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 30 7.0 8 1 2 -- 0 3 0 0 9 9 11.57 1.43
1946 大阪 27 20 16 2 0 14 6 -- -- .700 757 181.1 172 5 65 -- 2 63 2 1 71 61 3.03 1.31
1947 1 1 1 0 0 1 0 -- -- 1.000 37 9.0 6 0 2 -- 1 0 0 0 1 0 0.00 0.89
1948 1 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 0.2 5 0 0 -- 0 0 0 0 3 2 27.00 7.50
1949 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 9 1.0 5 0 1 -- 0 0 0 0 5 5 45.00 6.00
通算:5年 31 23 17 2 0 15 7 -- -- .682 841 199.0 196 6 70 -- 3 66 2 1 89 77 3.48 1.34

タイトル編集

表彰編集

 
高雄市橋頭区にある呉の功績を称えるパブリックアート

記録編集

節目の記録
  • 1000試合出場:1950年5月1日、対大映スターズ戦 ※史上2人目
  • 実働20年:1937年-1944年、1946年-1957年 ※史上初
その他の記録

背番号編集

  • 23 (1937年 - 1943年、1946年 - 1956年)
  • 53 (1957年)

登録名編集

  • 呉 波 (ご は、1937年 - 1942年)
  • 呉 昌征 (ご しょうせい、1943年 - 1957年)

映画化編集

台湾公立嘉義農林学校(現・国立嘉義大学)野球部の活躍を描いた台湾映画KANO 1931海の向こうの甲子園」が2014年2月27日から台湾で公開された[12]魏祈安が少年時期の吳波(呉昌征)を演じる。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g “【6月16日】1946年(昭21) 盗塁王・呉昌征 戦後初のノーヒットノーラン達成”. スポーツニッポン. (2012年6月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/pro_calendar/1206/kiji/K20120616003458240.html 2013年8月13日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i 内田雅也 (2012年3月27日). “猛虎人国記(18)~外地~”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002919290.html 2013年8月13日閲覧。 
  3. ^ 「人間機関車・呉昌征はなぜ“はだしの選手”と言われたのか/プロ野球仰天伝説157」週刊ベースボールONLINE
  4. ^ 『巨人軍の男たち』58頁
  5. ^ 『宇佐美徹也の記録 巨人軍65年―栄光の巨人軍65年の歩み』46頁
  6. ^ a b 『ジャイアンツ栄光の70年』37頁
  7. ^ (繁体字中国語)〈南部〉《首位日職台將》吳昌征傳奇 子來台尋根2013年4月29日,自由時報
  8. ^ 「KANO」ゆかりの呉昌征氏、王貞治氏に次ぐ2人目の日台野球殿堂入り中央社フォーカス台湾
  9. ^ 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』257頁
  10. ^ 『巨人軍の男たち』59頁
  11. ^ 台湾野球殿堂、呉昌征氏らに終身貢献賞中央廣播電臺
  12. ^ KANO公式日本語サイト

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集