メインメニューを開く

和田 拓也(わだ たくや、1978年2月14日 - )は、日本男性総合格闘家東京都大田区出身。フリーランス。サンボ四段。元ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト

和田 拓也
WADA1278.jpg
基本情報
本名 和田 拓也
通称 コマンドサンボの継承者
サンボ界の貴公子
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-02-14) 1978年2月14日(41歳)
出身地 東京都大田区
所属 SHOOTO GYM K'z FACTORY
→SKアブソリュート
→フリーランス
身長 171cm
体重 77kg
階級 ウェルター級
バックボーン レスリングサンボ
テーマ曲 魁!ミッドナイト(RIKI
テンプレートを表示

来歴編集

小中学生時代からプロレスラーに憧れ、自由が丘学園高等学校でレスリング部に入門。 在学中にプロレスから徐々に格闘技に興味を持ち、パンクラス入門を目指し卒業後にスポーツ会館サンボスクールに入門。 パンクラスの入門テストは身長体重が足りなかった為、書類選考で不合格になり階級制がある修斗を目指す事になる。 サンボやコンバットレスリング、アマチュアリングス、アマ修斗などで実績を積み 1999年7月16日、プロ修斗デビュー。

2000年3月18日、フランスで開催されたGolden Trophy 2000の75kg級トーナメントで優勝を果たした。

2002年10月1日付けで竹内出と共に、SHOOTO GYM K'z FACTORYからSKアブソリュートに移籍。10月4日に修斗プロライセンス返上を修斗コミッションに通達し、10月7日付けで受理された[1]

2002年11月30日、初参戦となったパンクラス伊藤崇文と対戦し、判定負けを喫した。

2004年2月27日、フロリダ州で開催されたAFCジョルジ・サンチアゴと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。

2007年2月17日、BodogFightでスティーブン・ヘイグ(ファイト・ファクトリーの創立者であり、エディ・アルバレスのトレーナー)と対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫した。

2007年4月15日、アブダビコンバット日本予選77kg未満級に出場するも、準決勝で敗退した[2]

2007年10月14日、パンクラスでキム・ヒュンクワンと対戦。2Rにバッティングにより両者ともカットし、ヒュンクワンの傷口が深くドクターストップ。2R1分40秒時点まで試合内容で2-0の判定勝ちとなったものの[3]、翌2008年5月になってノーコンテストに裁定が変更された[4]

2008年4月27日、ウェルター級暫定キング・オブ・パンクラス決定戦でジェイソン・パラチオスと対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年10月26日、ノンタイトル戦で鳥生将大と対戦。キャリアの短い鳥生に判定ドローに持ち込まれた。

2008年12月7日、第4代ウェルター級キング・オブ・パンクラス決定戦で鳥生将大と再戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年4月5日、防衛戦で岩見谷智義と対戦し、判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2009年10月25日、日本デビュー戦となった宇良健吾と対戦し、判定ドロー。

2009年11月23日、修斗で行われた修斗 vs. パンクラスの対抗戦で山下志功と対戦し、スリーパーホールドで一本勝ちを収めた。

2010年4月29日に次期挑戦者決定戦に勝利した宇良健吾とタイトルマッチで対戦予定であったが、「宇良との再戦はモチベーションが上がらないので辞退したい」として4月29日付けでウェルター級キング・オブ・パンクラス王座を返上した[5]。5月21日、SRC参戦が発表された[6]

SRC編集

2010年6月20日、SRC13のウェルター級グランプリシリーズ1回戦でイ・ジェソンと対戦し、2-1の判定勝ち[7]。10月30日、SRC15のウェルター級グランプリシリーズ準決勝で中村K太郎と対戦し、パウンドによりギブアップ負けを喫した[8]

2011年より競輪選手を目指し格闘技を引退。 日本競輪学校103回生入学適性試験を受験し最終選考で不合格になり、競輪選手を断念。

プロレス編集

2015年6月27日、ハードヒット・ベイサイド横浜大会で全日本プロレスの青木篤志を相手に復帰しプロレスデビュー。

2016年5月21日、全日本プロレス横浜大会に初参戦しプロレスに挑戦。同団体に所属する青木篤志は中学時代からの同級生。7月2日、 川村亮デビュー10周年興行「川村SOUL」では青木篤志とタッグを組み、鈴木陽一&杉江“アマゾン”大輔組と対戦した(エキシビジョンマッチ扱い)。

12月29日、ハードヒット高山善廣と対戦[9]

2017年3月25日、ハードヒットで勝村周一朗と対戦し、引き分ける[10]

2018年7月7日ハードヒット横浜大会で高橋義生と対戦。 アームロックで1本勝ちした。

2018年10月28日、ニコプロpresentsハードヒット「君の寝技に恋してる」で行われた第1回「THE IRON WRESTLER TOURNAMENT」で桜井隆多、松本崇寿を下しトーナメント優勝[11]

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
40 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 0 6 14 0 10 1
9 0 6 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 中村K太郎 1R 3:30 ギブアップ(パウンド) SRC15
【ウェルター級グランプリシリーズ2010 準決勝】
2010年10月30日
イ・ジェソン 5分3R終了 判定2-1 SRC13
【ウェルター級グランプリシリーズ2010 1回戦】
2010年6月20日
山下志功 3R 4:26 スリーパーホールド 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 3 2009年11月23日
宇良健吾 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年10月25日
岩見谷智義 5分3R終了 判定2-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2009年4月5日
鳥生将大 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2008年12月7日
鳥生将大 5分2R終了 判定1-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年10月26日
ジェイソン・パラチオス 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR
【ウェルター級暫定キング・オブ・パンクラス決定戦】
2008年4月27日
梁正基 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年11月28日
キム・ヒュンクワン 2R 1:40 ノーコンテスト(バッティング) PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年10月14日
山田崇太郎 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年4月27日
× スティーブン・へイグ 3R 1:37 チョークスリーパー BodogFight: Costa Rica Combat 2007年2月17日
ヨシロックT 1R 4:22 チョークスリーパー PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年12月2日
× カーロス・コンディット 3R 4:22 チキンウィングアームロック PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年9月16日
小路伸亮 5分2R終了 判定1-0 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年4月9日
× 弘中邦佳 1R 4:29 三角絞め D.O.G IV 2005年12月11日
倉持昌和 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年8月27日
星野勇二 5分2R終了 判定0-1 D.O.G II 2005年6月11日
長岡弘樹 5分2R終了 判定1-0 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年3月6日
× 井上克也 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年9月24日
門馬秀貴 5分3R終了 判定2-0 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年5月28日
× ジョルジ・サンチアゴ 1R 1:52 腕ひしぎ十字固め Absolute Fighting Championships 7 2004年2月27日
小沢稔 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年10月31日
芹沢健一 5分3R終了 判定1-1 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年6月7日
北岡悟 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年4月12日
大石幸史 5分2R終了 判定0-1 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年1月26日
× 伊藤崇文 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年11月30日
× デイブ・ストラッサー 5分3R終了 判定1-2 修斗 TREASURE HUNT 06 2002年5月5日
池本誠知 5分3R終了 判定3-0 修斗 2002年2月11日
× 中尾受太郎 1R 4:07 三角絞め 修斗 SHOOTO TO THE TOP -THE FINAL ACT- 2001年12月16日
ジェイ・バック 5分2R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年9月27日
ザ・ばばんば 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年6月30日
セドリック・ライブス 1R 1:02 ヒールホールド Golden Trophy 2001 2001年3月1日
ラフロス・ラロス 5分2R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年11月12日
楠勇次 5分2R終了 判定0-1 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年8月27日
池本誠知 5分2R終了 判定1-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年5月22日
ボリス・ヴィアール チョーク Golden Trophy 2000
【75kg級トーナメント 決勝】
2000年3月18日
ディディエ・リュッツ チキンウィングアームロック Golden Trophy 2000
【75kg級トーナメント 準決勝】
2000年3月18日
ロゼール・ルタパン ヒールホールド Golden Trophy 2000
【75kg級トーナメント 1回戦】
2000年3月18日
川勝将軍 5分2R終了 判定2-0 III 修斗 the Renaxis 1999 1999年7月16日

グラップリング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 山田崇太郎 ポイント1-(-1) ADCC 2007 JAPAN TRIAL 最終予選
【77kg未満級 準決勝】
2007年4月15日
山崎昭博 ポイント3-0 ADCC 2007 JAPAN TRIAL 最終予選
【77kg未満級 1回戦】
2007年4月15日
吉本収 1R ヒールホールド The CONTENDERS 2 1999年10月17日

獲得タイトル編集

  • 第5回全日本コンバットレスリング選手権 76kg級 優勝(1999年)
  • アマチュアリングス 70kg級 優勝(1997年)
  • Golden Trophy 2000 75kg級トーナメント 優勝(2000年)
  • 暫定ウェルター級キング・オブ・パンクラス王座(2008年)
  • 第4代ウェルター級キング・オブ・パンクラス王座(2008年)
  • 全日本サンボ選手権 82kg級 優勝 (2008年)

脚注編集

  1. ^ (話題) [修斗] K'zの竹内出と和田拓也がライセンス返上 BoutReview 2002年10月8日
  2. ^ [ADCC] 4.15 北沢:杉江、岡見、植松ら世界大会へ BoutReview 2007年4月20日
  3. ^ 【パンクラス】エース・近藤、スタンドでの打撃を一切出さずに桜木を完封 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年10月14日
  4. ^ 【パンクラス】和田拓也VSキム・ヒュンクワンの試合結果を訂正、無効試合に 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年5月14日
  5. ^ 【パンクラス】6・5和田拓也が返上したウェルター級王座を宇良と山宮が争う 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月27日
  6. ^ 【SRC戦極】6・20和田拓也「“最終章”という心境。最後に世界に挑みたい」 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年5月21日
  7. ^ 【SRC戦極】最強チャンピオン誕生!サンドロが金原を僅か38秒でKO、王座を奪取(2) Archived 2010年6月25日, at the Wayback Machine. 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年6月20日
  8. ^ 【SRC戦極】泉浩が石井慧との対戦をアピール!ウェルター級GP決勝は中村VS榎本(2) Archived 2010年11月3日, at the Wayback Machine. 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月30日
  9. ^ 「佐藤vsロビンソン」、「青木vs平」エキシビションマッチなど 12・29新宿大会の全カード決定”. ぼくらのプロレス (2016年12月26日). 2016年12月28日閲覧。
  10. ^ ニコプロ presents ハードヒット〜湾岸MOON RISE”. ハードヒット (2017年3月30日). 2017年3月25日閲覧。
  11. ^ ニコプロpresentsハードヒット「君の寝技に恋してる」 | ハードヒット オフィシャルサイト” (日本語). hardhitpro.com. 2018年10月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
王座新設
パンクラスウェルター級暫定王者

2008年4月27日 - 2008年12月7日

次王者
王座廃止
空位
前タイトル保持者
井上克也
第4代パンクラスウェルター級王者

2008年12月7日 - 2010年4月29日

空位
次タイトル獲得者
宇良健吾