四宮 隆史(しのみや たかし)は、日本実業家プロデューサー弁護士株式会社CRG代表取締役、E&R総合法律会計事務所代表第二東京弁護士会所属。

しのみや たかし
四宮 隆史
職業 実業家
プロデューサー
弁護士
ジャンル テレビドラマ
映画
事務所 CRG
公式サイト 四宮 隆史 | Facebook
主な作品
映画
見えないほどの遠くの空を』(プロデューサー
あゝ、荒野 前篇』(製作
あゝ、荒野 後篇』(製作)
インターネットドラマ
チェイス 第1章』(共同プロデューサー
テンプレートを表示

株式会社NHKエンタープライズ二十一での勤務を経て、TMI総合法律事務所に在籍したのち、ハーツリンク株式会社社長、四宮法律事務所代表などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

慶應義塾大学に進学し[1][2][3]経済学部にて学んだ[1][2][3]。大学卒業後は、日本放送協会などの番組制作を手掛けるNHKエンタープライズ二十一に入社した[3][註釈 1]番組ディレクターなどを務めていたが[1][2][3]日本国外の映画プロデューサー弁護士資格を持っている者が多いと知り[1]司法試験を受験した[1]。合格後は、第二東京弁護士会に所属する弁護士として活動した[2][3]

弁護士として編集

当初はTMI総合法律事務所に在籍し[2]映画音楽放送出版広告などといった業界の案件を担当した[2]2007年1月、四宮法律事務所を設立し[2]、独立を果たした[1]2010年3月、四宮法律事務所をE&R総合法律会計事務所に改組した[2]。E&R総合法律会計事務所においても、引き続き代表を務めた[4]。また、著作権など知的財産に関する専門書も上梓している[2][5][6][7]

実業家として編集

2007年1月、プロデュース事業を手掛ける企業としてハーツリンクを設立し[3]社長に就任した。動画サイトの運営や[3]、映画、テレビ番組などの企画製作などにも携わった[3]。さらに、脚本家福田靖らを擁する芸能事務所CRG」を設立し、代表取締役に就任した[8]。また、榎本憲男監督した映画見えないほどの遠くの空を』でプロデューサーを務め、岸善幸が監督する映画『あゝ、荒野 前篇』および『あゝ、荒野 後篇』では製作を担当するなど、映画作品も手掛けていた。そのほか、FROGLOUDにて社外取締役を兼任した[9]。また、2007年1月から同年3月にかけて映画専門大学院大学にて[2]2015年からはデジタルハリウッド大学大学院にて[2]、それぞれ客員教授を兼任していた[2]。そのときの教え子には福原慶匡らがいる[10]

人物編集

自称
自身が経営するCRGの公式ウェブサイトのプロフィールにて「数多くの映像作品に携わってきた型破りなエンターテインメントロイヤー&プロデューサー」[1]を自称している。
ヤマザキマリ
漫画家ヤマザキマリは、四宮が経営するCRGに所属している[11]漫画テルマエ・ロマエ』の映画化にあたり原作使用料が論議を呼んだ際には、ヤマザキの代理人として弁護士である四宮がコメントを発表している[12]
チェイス 第1章
共同プロデューサーを務めたインターネットドラマ『チェイス 第1章』の内容が、清水潔ノンフィクション『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』に酷似していると指摘され[13][14]、波紋を呼んだ。
『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』を刊行した新潮社は、2017年12月に「弊社および清水氏はドラマ『チェイス』の制作について何ら関知いたしておりません」[15]「映像化につきましては、書籍発売後から数多くのお話を頂戴しておりますが、事件の被害者であるご遺族の感情に配慮し、弊社および清水氏は慎重を期して検討を進めております」[15]とのコメントを発表したうえで、翌年1月に『チェイス 第1章』を配信するアマゾンジャパンに即時配信停止を申し入れた[13][16]。新潮社ノンフィクション編集部の編集長は「ドラマを検証した結果、物語の展開やセリフ、情景描写など多くの類似点が見つかった。アマゾン側から映像化の申し入れはなかった。映像化については事件の被害者である遺族の感情に配慮し慎重を期している」[13]とコメントした。また、清水の勤務先であり、『NNNドキュメント』などでこの事件の調査報道を続けてきた日本テレビ放送網も「本ドラマ制作にあたり両社および本ドラマ関係者から、当報道局には一切の相談・通知もありませんでした」[17]としており「本ドラマは、当報道局はもとより被害者遺族への連絡・取材なども一切無く、事件被害者らの描写について多くの点で本件報道と類似点のある内容で制作・配信された」[17]と指摘したうえで「当報道局としては倫理的にも著作権法的な見地からも到底看過できません」[17]とのコメントを発表し、2018年1月にアマゾンジャパンとジョーカーフィルムズに対して抗議した[14]
一方、『チェイス 第1章』の共同プロデューサーである四宮は、『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』を刊行時に読んでいたことを明らかにしたうえで[18]、「足利事件に限らず、未だ解決の目処が立たない未解決事件を、未解決のまま放置しておくべきではない」[19]と感じたので「架空の連続ドラマという『入りやすい入り口』で表現することにより、広い範囲の人と共有することができ、結果として真相解明に向けた糸口が見つかるかもしれない。こんな想いから、ドラマ《チェイス》の制作を企画しました」[20]と主張している。
なお、『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』を執筆した清水は「私はテレビ局員で普段はチーフディレクターという立場です。自らでドラマを撮った事もあり、自著『殺人犯はそこにいる』を簡単にドラマ化にして良いなら、とっくの昔に自分でやってます。なぜそこに想いが至らないのか」[21]と苦言を呈している。また、2018年1月には「何より大切なことは遺族への配慮です。現実に起こった事件の『殺害の瞬間』描写など『ドラマ化』してはならないと考えています。これは日テレ足利報道や、桶川報道でも実践してきました」[22]と述べたうえで「もしもあなたの大切な誰かが不幸な最期を迎え、悲しみの中で暮らしている時、ある日突然にその不幸をエンターテイメントの題材にされ、『架空の事件』なのだと再現映像化された時、あなたはそれを許すことができるのでしょうか?」[23]としている。

略歴編集

作品編集

映画編集

インターネットドラマ編集

著作編集

単著編集

  • 四宮隆史著『小説で読む知的財産法――最新知財ビジネスの法実務』法学書院、2010年ISBN 9784587037758

分担執筆編集

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 「四宮隆史」『Takashi Shinomiya 四宮隆史 | CREATIVE GUARDIAN クリエイティブ・ガーディアン』CRG。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「代表/弁護士四宮隆史」『事務所紹介 | E&R総合法律会計事務所|エンタテインメント|弁護士|著作権|恵比寿|法律事務所|コンテンツビジネス』E&R総合法律会計事務所。
  3. ^ a b c d e f g h i 「略歴」『四宮隆史(弁護士)のホーム - webDICEアップリンク2017年5月9日
  4. ^ 「事務所情報」『事務所紹介 | E&R総合法律会計事務所|エンタテインメント|弁護士|著作権|恵比寿|法律事務所|コンテンツビジネス』E&R総合法律会計事務所。
  5. ^ TMI総合法律事務所編『著作権の法律相談』2版、青林書院2005年
  6. ^ 四宮隆史『小説で読む知的財産法――最新知財ビジネスの法実務』法学書院、2010年
  7. ^ 「著書」『Takashi Shinomiya 四宮隆史 | CREATIVE GUARDIAN クリエイティブ・ガーディアン』CRG。
  8. ^ 「Company」『Company | CREATIVE GUARDIAN クリエイティブ・ガーディアン』CRG。
  9. ^ 「Company profile」『company | 株式会社FROGLOUD』FROGLOUD。
  10. ^ 福原慶匡「『けものフレンズ』アニメプロデューサーが語る、デジタルハリウッド大学院とコンテンツ産業」『「けものフレンズ」アニメプロデューサーが語る、デジタルハリウッド大学院とコンテンツ産業|インタビュー|院生・修了生|デジタルハリウッド大学大学院 - DIGITAL HOLLYWOOD UNIVERSITY,GRADUATE SCHOOLデジタルハリウッド大学大学院
  11. ^ 「Creators」『Creators | CREATIVE GUARDIAN クリエイティブ・ガーディアン』CRG。
  12. ^ 「『出版社から説明ないことに疑問』――映画『テルマエ・ロマエ』原作使用料問題、代理人がコメント」『「出版社から説明ないことに疑問」――映画「テルマエ・ロマエ」原作使用料問題、代理人がコメント - ITmedia NEWSアイティメディア2013年3月4日
  13. ^ a b c 塩原賢「新潮社、アマゾンのドラマ『チェイス』の配信中止を要請」『新潮社、アマゾンのドラマ「チェイス」の配信中止を要請:朝日新聞デジタル朝日新聞社2018年1月18日
  14. ^ a b 「配信ドラマ『チェイス』は『とうてい看過できない』――日本テレビもアマゾンに抗議」『配信ドラマ「チェイス」は「とうてい看過できない」 日本テレビもアマゾンに抗議 - 産経ニュース産経デジタル2018年2月2日
  15. ^ a b 新潮社「Amazonドラマ『チェイス』に関して」『Amazonドラマ「チェイス」への配信中止の申し入れ | News Headlines | 新潮社』新潮社、2017年12月28日
  16. ^ 新潮社「Amazonドラマ『チェイス』への配信中止の申し入れ」『Amazonドラマ「チェイス」への配信中止の申し入れ | News Headlines | 新潮社』新潮社、2017年1月18日
  17. ^ a b c 「ドラマ『チェイス』への抗議について」『ドラマ「チェイス」への抗議について|NNNドキュメント|日本テレビ日本テレビ放送網
  18. ^ 四宮隆史『四宮隆史さんのツイートツイッター2017年12月31日
  19. ^ 四宮隆史『四宮隆史さんのツイートツイッター2017年12月31日
  20. ^ 四宮隆史『四宮隆史さんのツイートツイッター2017年12月31日
  21. ^ 清水潔清水 潔さんのツイートツイッター2017年12月31日
  22. ^ 清水潔清水 潔さんのツイートツイッター2018年1月1日
  23. ^ 清水潔清水 潔さんのツイートツイッター2018年1月1日
  24. ^ 「四宮隆史客員教授」『全教員一覧|教員紹介&一覧|デジタルハリウッド大学大学院 - DIGITAL HOLLYWOOD UNIVERSITY,GRADUATE SCHOOLデジタルハリウッド大学大学院

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集