メインメニューを開く

国 景子(くに けいこ、1940年[1] - )は、日本女優兵庫県神戸市出身[1]

くに けいこ
国 景子
生年月日 1940年
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
職業 女優
活動期間 1960年 - 1970年代

目次

来歴・人物編集

神戸海星女子学院高等学校卒業[1]。ファッションモデルを経て、1960年に松竹に入社、同年の野村芳太郎監督『黄色いさくらんぼ』でデビュー[1][2][信頼性要検証]。以後、篠田正浩監督『乾いた湖』(1960年)、渋谷実監督『モンローのような女』(1964年)などの作品に出演[2]。1965年松竹を離れ、以後は高倉健主演・石井輝男監督『網走番外地シリーズ』(東映、1965-1967年)、千葉真一主演・深作欣二監督『カミカゼ野郎 真昼の決斗』(にんじんプロダクション・國光影業、1966年)などの作品に脇役として出演する傍ら、テレビドラマにも数多く出演[2]。1970年代半ばまで活動した[2]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 週刊朝日』1960年12月18日号、朝日新聞社[要ページ番号]
  2. ^ a b c d 『日本映画俳優全集・女優篇』

外部リンク編集