メインメニューを開く

土浦駐屯地(つちうらちゅうとんち、JGSDF Camp Tutiura)は、茨城県稲敷郡阿見町大字青宿121-1に所在し、陸上自衛隊武器学校等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。戦前は、予科練で有名な「土浦海軍航空隊」が置かれていた。

土浦駐屯地
土浦駐屯地遠景 (2016/8/1)
土浦駐屯地遠景 (2016/8/1)
所在地 茨城県稲敷郡阿見町大字青宿121-1
座標 北緯36度2分58秒
東経140度13分24秒
駐屯地司令 武器学校長 兼務
主要部隊 武器学校
武器教導隊
ほか
開設年 1952年
テンプレートを表示

駐屯地司令は、武器学校長が兼務。なお、本駐屯地には会計隊及び駐屯地業務隊が存在しない。

目次

沿革編集

  • 1952年(昭和27年)
    • 7月30日:警察予備隊総隊武器学校が立川駐屯地から移駐開始[1]
    • 9月15日:総隊武器学校主力が移駐[1]
    • 9月25日:総隊武器学校土浦移駐開庁式[1]
  • 1954年(昭和29年)7月1日:陸上自衛隊へ移管に伴い、保安隊武器学校が陸上自衛隊武器学校に改称[2]
  • 2012年(平成24年)10月14日:武器学校・土浦駐屯地創設60周年記念行事の開催。

駐屯部隊・機関編集

防衛大臣直轄部隊・機関編集

東部方面隊隷下部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

備考編集

  • 陸上自衛隊で使用される装備の教育用として、90式戦車87式自走高射機関砲など本州ではあまり見ることの出来ない装備や、試験用として10式戦車の試作車などが配備されている。屋外戦車展示場には、旧日本陸軍の戦車や戦後の米軍からの貸与車両、国内での開発車両、試作車などが多く展示されており、資料的にも価値が高い。また、霞ヶ浦湖畔には技術研究本部の試験場(現:防衛装備庁航空装備研究所土浦支所)が存在している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 土浦駐屯地開設30周年記念アルバム
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1954年6月30日). 2016年5月3日閲覧。

外部リンク編集