メインメニューを開く

増原裕子

日本の女性LGBT活動家、社会起業家、文筆家

増原 裕子(ますはら ひろこ、1977年12月27日 - )は、日本LGBT活動家社会起業家文筆家

ますはら ひろこ
増原 裕子
Masuhara Hiroko 2018.jpg
増原裕子(2018年)
生誕 (1977-12-27) 1977年12月27日(41歳)
神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学大学院文学研究科
職業 経営コンサルタント
政党 立憲民主党
公式サイト 増原 ひろこ 公式サイト

経歴 編集

神奈川県横浜市出身。慶應義塾女子高等学校慶應義塾大学文学部卒業。2003年に同大学院フランス文学修士課程修了後、外務省ジュネーブ公館に在外公館派遣員として勤めた[1][2]。その後、会計事務所やIT関連会社を経て、2013年に企業や団体向けにLGBT講演や研修を取り組む社会的企業「トロワ・クルール」を立ち上げ、代表取締役を務める[3]

2011年から東小雪と付き合い、2015年4月1日に施行された渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例に基づき発行される「パートナーシップ証明書」の申請し、11月5日、東小雪との第1号証明書が受理された[4]。2017年12月25日、パートナー解消に伴い渋谷区に証明書を返還した[5][6]。2018年5月、勝間和代との交際を発表した[1]が、2019年11月11日、増原自身が別の人と生きていきたいと考えるようになったことからパートナーシップを解消したことを報告した[7]

2018年12月16日、第25回参議院議員通常選挙に、京都府選挙区から立憲民主党公認で立候補することを正式に表明した[8][9][3][1]。2019年5月16日、連合京都は増原推薦を決定[10]。同年6月12日、国民民主党は増原の支持を決定[11]。また、社会民主党も増原推薦を決めた[12]。7月21日に行われた第25回参議院議員通常選挙において、即日開票の結果、2位の共産党現職の倉林明子に1万2千票差をつけられ落選した[9][3][13]

活動編集

東京ディズニーリゾートでの同性挙式編集

2012年3月、東京ディズニーランドがパーク内のシンデレラ城を一般客の結婚式用に開放する「ディズニー・ロイヤルドリーム・ウェディング」の企画を発表した。これに際し、増原らが同性カップルの挙式について問い合わせたところ、利用は可能とされたものの、「一般客への影響」を理由として、どちらかがタキシード(男性用衣装)を着なければならないと回答された。

これにつき、運営側オリエンタルランドの対応に対して批判的な反響がTwitterで広がった。その後、東京ディズニーリゾートはアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーに確認した上で、増原らに対して先の回答を撤回し「同性カップルによる同性での結婚式は可能」と伝え、これは特例でなく同性カップルによる挙式を東京ディズニーランドでも認めることを公にも発表した。翌2013年3月1日、増原たちは東京ディズニーシーで式を挙げ、日本のディズニーリゾートで同性挙式をした最初のカップルとなった。[14]

主張編集

  • 2018年7月、衆議院議員杉田水脈の『新潮45』寄稿中「LGBTは生産性がない」などの記述に対し、「ナチス優生思想とリンクする」「あまりの無知、無理解そして偏見による明らかなヘイトスピーチ」と批判した。[15][16]
  • 選択的夫婦別姓導入に「賛成」としている[17]
  • 同性婚に賛成[17]
  • 非自民反共産の立場を取り、2019年8月9日での街頭演説では「6年前に共産党に取られてしまったこの議席を取り戻して、しっかりと政治に緊張感を取り戻したいと責任感を持っています。二番目に滑り込ませて。」と訴えた[18]しんぶん赤旗によると6年前に北神圭朗が倉林の対立候補として出馬した時同様、自民党候補を推薦しているはずの公明党より票の融通があったという[19]

著作編集

  • 増原裕子『ダイバーシティ経営とLGBT対応』SBクリエイティブ、2018年9月。ISBN 978-4815600358

共著

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 安倍龍太郎 (2018年12月12日). “立憲、増原裕子氏擁立へ 勝間和代さんのパートナー”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASLDC76GMLDCPLZB01L.html 2018年12月18日閲覧。 
  2. ^ 増原裕子のプロフィールまとめ、仕事から「ディズニー結婚式」まで本人が徹底的に語る”. ビジネス+IT (2018年8月24日). 2018年12月18日閲覧。
  3. ^ a b c “立憲民主、参院選京都で会社社長を擁立へ”. 毎日新聞. (2018年12月12日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20181212/k00/00m/010/232000c 2018年12月18日閲覧。 
  4. ^ “元タカラジェンヌと女性会社経営者、渋谷区が同性カップルに「結婚相当」の証明書発交付”. 産経新聞. (2015年11月6日). https://www.sankei.com/life/news/151106/lif1511060002-n1.html 2018年12月18日閲覧。 
  5. ^ “LGBTが暮らしやすい社会――東小雪さん、増原裕子さんと同性婚を考える「やっぱり日本で結婚したい」”. ハフポスト. (2015年6月14日). https://www.huffingtonpost.jp/2015/06/13/lgbt-higasi-koyuki-masuhara_n_7577964.html 2018年12月18日閲覧。 
  6. ^ “同性カップル解消、証明書を返還”. 共同通信. (2017年12月28日). https://jp.reuters.com/article/idJP2017122801000770 2018年12月18日閲覧。 
  7. ^ “増原裕子さん、勝間和代さんとの破局を報告「私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい…」”. スポーツ報知. (2019年11月11日). https://hochi.news/articles/20191111-OHT1T50125.html 2019年11月11日閲覧。 
  8. ^ “記者会見する増原氏”. 時事通信. (2018年12月16日). https://www.jiji.com/jc/p?id=20181216194232-0029127005 2019年7月8日閲覧。 
  9. ^ a b “参院選 立民 増原氏が立候補へ”. NHK 京都 NEWS WEB. (2018年12月17日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20181217/2010002525.html 2018年12月18日閲覧。 
  10. ^ “ファイル 連合京都が参院選で立憲の増原裕子氏推薦を決定 /京都”. 毎日新聞. (2019年5月17日). https://mainichi.jp/articles/20190517/ddl/k26/010/506000c 2019年7月8日閲覧。 
  11. ^ “国民、参院選鹿児島の公認を取り下げ”. 産経新聞. (2019年6月12日). https://www.sankei.com/politics/news/190612/plt1906120038-n1.html 2019年6月27日閲覧。 
  12. ^ “参院選2019 支持訴え、精力的に 公示後、初の週末 各陣営が街頭へ /京都”. 毎日新聞. (2019年7月7日). https://mainichi.jp/articles/20190707/ddl/k26/010/214000c 2019年7月8日閲覧。 
  13. ^ 京都 選挙区 | 参院選 2019 | NHK選挙WEB
  14. ^ “Gay Wedding Is Embraced by Disney in Tokyo”. The New York Times. (2013年3月4日). https://www.nytimes.com/2013/03/05/world/asia/social-media-embrace-same-sex-wedding-at-tokyo-disneyland.html 2018年12月18日閲覧。 
  15. ^ “同性カップル「生産性ない」 自民・杉田氏の寄稿に批判”. 朝日新聞. (2018年7月24日). https://www.asahi.com/articles/ASL7S46J3L7SUBQU00H.html 2018年12月18日閲覧。 
  16. ^ 杉田水脈議員問題、差別への“赤信号”をルールに”. WEBRONZA (2018年8月2日). 2018年12月18日閲覧。
  17. ^ a b 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  18. ^ おっはー(小川明大)長岡京市議公式twitter
  19. ^ 大激戦勝ち抜いた力は 京都倉林明子氏しんぶん赤旗2019年7月22日付

外部リンク編集