多嘉王

日本の皇族

多嘉王(たかおう)は、日本の皇族久邇宮朝彦親王の第5王男子。伊勢神宮祭主となる(男性の祭主としては最後)。

多嘉王
Prince Taka.jpg

身位
敬称 殿下
His Imperial Highness
出生 1875年8月17日
京都府
死去 (1937-10-01) 1937年10月1日(62歳没)
京都府京都市
配偶者 王妃静子(水無瀬静子)
子女 発子女王
賀彦王
珖子女王
恭仁子女王
宇治家彦(家彦王)
梨本徳彦(徳彦王)
父親 久邇宮朝彦親王
役職 伊勢神宮祭主
テンプレートを表示

生涯編集

 
皇族大礼服を着用した多嘉王

1907年(明治40年)に皇室典範が増補され王が臣籍降下し華族となる道が開けた。従来は男子皇族の臣籍降下は認められておらず、男子が絶えぬ限り皇族が増え続けることとなっていた(永世皇族制)。しかし、皇族が養子をとることは禁じられていたため、男子のいない宮家は断絶する事となっていた。皇室典範増補により当時の宮家当主及び跡継ぎではない王は皆一様に臣籍降下し華族となり爵位を賜ったが、多嘉王のみ臣籍降下しなかった。これには「西久邇宮」創設のために温存されたとの説がある[1]

多嘉王家は京都市上京区の久邇宮別邸(現:ホテル・KKR京都くに荘)に住まい、久邇宮本家からは独立した生活を送り、その子らは東京の学習院ではなく京都市内の学校にて学んだ[2]

栄典編集

血縁編集

王は1907年明治40年)に子爵水無瀬忠輔の娘静子と成婚し3男3女を儲けるが、第1王女発子女王、第2王女珖子女王、第1王子賀彦王はいずれも早世した。前述の通り多嘉王は宮家を創設していないため、成人した二人の息子は何れも臣籍降下して伯爵を叙せられている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 鹿島茂宮家の時代 : セピア色の皇族アルバム』朝日新聞社、2006年、96頁。ISBN 4022502266NCID BA79009705
  2. ^ <聞き取り記録>八木通夫氏 「一中・三高・京大、軍隊」」『京都大学大学文書館研究紀要』第12巻、京都大学大学文書館、2014年3月、 37-95頁、 doi:10.14989/189584ISSN 1348-9135NAID 120005473088
  3. ^ 『官報』第1575号、「叙任及辞令」1917年11月01日。p.6
  4. ^ 『官報』第1499号、「叙任及辞令」1931年12月28日。p.742