多村 仁志(たむら ひとし、本名:多村 仁(読み同じ)、1977年3月28日 - )は、神奈川県厚木市出身の元プロ野球選手外野手)。野球解説者。右投右打。

多村 仁志 (多村 仁)
20130923 Hitoshi Tamura, outfielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
横浜DeNAベイスターズでの現役時代
(2013年9月23日、横浜スタジアム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県厚木市
生年月日 (1977-03-28) 1977年3月28日(43歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1994年 ドラフト4位
初出場 1997年4月4日
最終出場 2015年4月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2006年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2006 野球

日本人選手として国際大会優勝、両リーグで日本シリーズ優勝、両リーグでリーグ優勝、二軍優勝、一軍選手、二軍選手、育成選手と経験した唯一の選手である。

経歴編集

プロ入り前編集

厚木市立小鮎中学校出身、中学時代は厚木リトルシニアでプレーした。横浜高校では斉藤宜之紀田彰一クリーンナップを組み、1994年に3年生の春夏連続で甲子園に出場した。高校通算14本塁打。1994年のドラフト4位で横浜ベイスターズに入団。背番号は52

横浜時代編集

1995年1996年は一軍出場がなく、1996年オフの教育リーグで本塁打、打点の記録を樹立した。

1997年4月4日、開幕戦の対中日ドラゴンズ戦で公式戦初出場した。この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、7回表に開幕投手盛田幸希代打として登場し、プロ初打席は山本昌から外野フライに終わった。4月8日、対阪神タイガース戦で田村勤からプロ入り初安打を記録した。

2000年は背番号を55に変更して一軍へ復帰し、外野レギュラーの波留敏夫の故障などもあり、主に代打、途中出場で一軍に定着した。84試合に出場し、打率.257、7本塁打の成績を残した。

2001年は33試合の出場、打率.163、1本塁打に終わった。

2002年は81試合に出場し、打率.235だったが5本塁打を記録した。

2003年は91試合に出場し、規定打席に届かなかったが、打率.293、18本塁打を記録したほか、14盗塁を記録した。

2004年は背番号を6に変更し、開幕戦でプロ入り初の先発出場した。それからはレギュラーとして定着し、8月15日に日本人打者として球団で田代富雄以来23年ぶりとなる30本塁打を記録した。10月6日に大洋、外国人も含めて横浜在籍の打者として球団史上初の40本塁打を達成した。123試合に出場して規定打席に初めて到達し、3割、40本、100打点も球団史上初の記録を残し大きな飛躍を遂げた。盗塁は10盗塁を記録し、2年連続の二桁盗塁を記録した。ただし細かな故障癖は相変わらずで、多村が欠場した際には古木が空いた打順にそのまま入ることがあった。

2005年4月5日の対読売ジャイアンツ戦にてダン・ミセリからプロ初となるサヨナラ適時打を放つ。この年からセ・パ交流戦が始まり、通算12本塁打で他3人とともに初代本塁打王となる。6月18日の試合終了時点で打率.344、21本塁打で暫定的に二冠王に立っていたが、6月22日から腰痛のために二軍で調整、さらに6月29日には自らが運転する車での事故によって残りの前半戦を欠場した。一時入院する程の大怪我を負ったがそれでも7月29日の対広島東洋カープ戦から復帰し、9月17日の対巨人戦で、8回に通算100号本塁打を達成し、チーム日本人初となる2年連続の3割30本を達成した。出場試合数は前年を下回る117試合で、交通事故による離脱が響き契約更改では現状維持となった。

2006年は開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出された。同大会では全試合に出場し、好守や特大本塁打など活躍。3本塁打、9打点はチーム本塁打王、打点王だった。

シーズンでは4月4日に横浜スタジアムで催された対中日ドラゴンズ戦で9回裏に岩瀬仁紀から同点2ランを放つなどチームの主軸として牽引していたが、6月7日にフルキャストスタジアム宮城で催された対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、本塁クロスプレーの際に捕手の膝が脇腹を襲い肋骨を4本折る重傷を負い、長期離脱してシーズンの大半を欠場し、39試合の出場に留まった。

ソフトバンク時代編集

2006年12月5日に寺原隼人と1対1の交換トレードで福岡ソフトバンクホークスへ移籍することが発表された。背番号は横浜時代と同じ6

2007年は開幕戦に3番で出場して2本塁打を放つなど3安打猛打賞を記録した。シーズン中に4度の肉離れをしつつも自己最多の132試合に出場し、打率.271、13本塁打、68打点で2年ぶりに規定打席に到達した。北京オリンピック野球日本代表候補に背番号1番で選出されたが治療のため、直前にメンバーから外れた。

2008年も開幕から順調に出続けていたが、4月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦で3回表の守備中に大塚明の左中間への打球を追って左翼手長谷川勇也と交錯し、右足腓骨を骨折、前半戦を棒に振った。9月上旬から復帰し、2試合連続で猛打賞を記録している。長期離脱が響き39試合の出場に終わった。

2009年に登録名を多村 仁志(読みは同じ)に変更。故障に悩まされながらも93試合で打率.282、17本塁打、57打点の成績を収め、海外移籍も可能となるFA権を取得したが、権利を行使せず残留する。

2010年5月8日の対埼玉西武ライオンズ戦で、6回にプロ通算150号本塁打を記録。5月26日から小久保裕紀に代わりソフトバンクの4番として出場を続ける。交流戦で史上最高打率の.415で首位打者を獲得した。7月23日にファン投票により16年目にして初めてオールスターに出場し、福岡Yahoo! JAPANドームで開催された第1戦で4番で出場した。8月24日の対オリックス・バファローズ戦で1回裏に近藤一樹から6年ぶりの満塁本塁打を打った。自己最多の140試合に出場し、打率.324、27本塁打、166安打、出塁率.374を記録し、2003年以来7年ぶりのリーグ優勝に貢献した。100試合以上出場したシーズンで初めて三振数が3桁を切った。外野手では最高得票でベストナインを獲得。11月15日にメジャーリーグ移籍も視野に入れてFA権を行使したが、ソフトバンクの会長の王貞治の一言により11月24日に残留を表明し、2011年1月28日に単年契約を結んだ。

 
ソフトバンク時代
(2011年7月20日、福岡ドームにて)

2011年4月23日の対ロッテ戦で日本プロ野球通算1000試合出場を達成。10月2日の対西武戦で、3回表に石井一久から右前適時打を放ち、日本プロ野球通算1000安打を達成。 同シーズンはまたしても故障に悩まされ、100試合の出場で打率.241、4本塁打に終わった。しかし、初めての出場となった中日ドラゴンズとの日本シリーズに、骨折をしながらも強行出場し、第3戦で、チーム初本塁打となる2点本塁打を放ちチームに勢いを与え、第5戦で2打点を挙げ日本一となる。表彰式で「MVPは多村だろ」と相手チームの中日勢から称賛されるほど活躍した。

2012年は更に出場機会を減らし、79試合で前年とほとんど変わらない成績だった。

DeNA時代編集

2012年11月5日に吉村裕基江尻慎太郎山本省吾との交換トレードで神内靖吉川輝昭とともに横浜DeNAベイスターズへ移籍して7年ぶりの古巣へ復帰した。背番号は横浜時代のプロ入り当初と同じ52となった。

2013年4月11日に対広島戦ホームゲームの6回に今季第1号となる代打本塁打を放つ。5月10日に対巨人戦ホームゲームで、3対10と7点差をつけられた7回裏に代打で2ラン本塁打を放ち、その後1点差まで追い上げ、9対10で迎えた9回一死一、二塁から西村健太朗からプロ入り初のサヨナラ3ラン本塁打を放った。同一試合で代打本塁打とサヨナラ本塁打を記録したのは日本プロ野球史上5度目。この年は96試合に出場し、3年ぶりの2桁本塁打をマークするなど随所で活躍し、チーム6年ぶり最下位脱出に貢献した。

2014年筒香嘉智梶谷隆幸が外野にコンバートされて、この2人がスタメンでほぼ固定され、残りの外野1枠を荒波翔金城龍彦などと日替わりオーダーで出場するか、右の代打要員となり、前年より少ない73試合の出場に終わった。

2015年はチーム若返りのために一軍公式戦4試合に出場しただけで、本塁打を放てず本塁打記録は16年で止まり、5月3日に出場選手登録を抹消される。抹消後は若手選手の育成を重視するチーム事情から、イースタン・リーグ公式戦への出場機会が「1試合につき2打席」に限られた。実際は、この条件の下で故障に見舞われることなく打率.319、7本塁打を記録[1]したが、一軍への復帰を果たせないまま、10月3日に球団から戦力外通告を受けた。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示された。

中日時代編集

2015年11月10日に草薙球場で開催された12球団合同トライアウトに参加しなかったが、2015年12月末に、横浜時代のチームメイトの谷繁元信が一軍監督を務める中日ドラゴンズの関係者が多村に接触。横浜時代の2001年秋季キャンプで臨時コーチとして指導を受けた落合博満ゼネラルマネジャーとの面談でその場で入団が決定した。

2016年1月15日に、育成選手として中日へ入団することが正式に発表された。背番号は215[2][3]

球団は2016年の早い段階で多村の支配下登録を検討していた[4]。多村は支配下登録期限直前(7月30日)の時点で、2017年も現役生活を続けることを表明し、球団も育成選手契約の更新を検討していることが報じられた。しかし、2016年10月1日に戦力外通告を受け現役引退を表明し、10月31日に自由契約が公示された[5]

引退後編集

2017年からは野球解説者として、テレビ神奈川J SPORTSTBSチャンネルDAZNなどの多くの中継に出演している。

2020年より、DAZNが特別協賛となって新設されたプロ野球最優秀バッテリー賞の月間賞において、セ・リーグの選考委員を務める[6]

選手としての特徴編集

 
多村の打撃フォーム(ソフトバンク時代)

打撃編集

強く柔軟なリストを活かしたスイングから広角に長打を打ち分ける打撃を持ち味とし[7]、ボールを手元まで引きつけて右方向に長打を放つ技術に加え[8]、ソフトバンク移籍後2010年までの通算得点圏打率.322と状況に関わらず自分の打撃ができる柔軟さも兼ね備える[9]

守備編集

球界屈指の身体能力の高さを誇り、優れた打球判断を生かした広い守備範囲にも定評があり[7]、2010年にリーグの右翼手中2位のUZR2.3を残した[10]

走塁編集

一塁到達まで4秒を切る俊足も兼ね備え[11]、レギュラーに定着した2003年、2004年と二年連続で二桁盗塁を記録した。

人物編集

東京スポーツが報じたところによると、第1回WBCでの活躍によってキューバでの多村の知名度や人気は高く、フレデリク・セペダは多村がソフトバンク時代に使っていたバットを使用しており、グリップにも「H6」と刻まれている[12]

横浜・ソフトバンク時代は当時の背番号の6に合わせて、5ツールプレイヤー(5ツール=打撃技術、パワー、足、守備、肩)にファッションを加えた「6ツールプレイヤー」を自称していた[13]。自身が使う用具にも「6TOOLS」と刻印し、公式サイト名(現在は閉鎖)にも使用していた(当初は"S"が無く、「6TOOL」だった)。また、2009年からはファッションをメンタリティに変更していた[13]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1997 横浜 18 27 26 2 7 1 0 1 11 4 0 0 0 1 0 0 0 9 0 .269 .259 .423 .682
2000 84 245 226 21 58 6 1 7 87 29 2 0 0 2 13 3 4 64 3 .257 .306 .385 .691
2001 33 54 43 8 7 2 0 1 12 2 0 0 0 0 8 2 2 15 1 .163 .321 .279 .600
2002 81 196 183 23 43 8 0 5 66 16 3 1 2 0 9 1 2 54 1 .235 .278 .361 .639
2003 91 260 242 29 71 12 0 18 137 46 14 7 1 0 12 1 5 65 7 .293 .340 .566 .906
2004 123 492 449 80 137 19 2 40 280 100 10 7 1 1 39 0 2 126 8 .305 .363 .624 .987
2005 117 499 450 71 137 26 2 31 260 79 2 4 0 1 43 1 4 108 6 .304 .369 .578 .947
2006 39 145 127 24 35 3 0 8 62 20 5 1 0 1 14 2 3 29 5 .276 .359 .488 .847
2007 ソフトバンク 132 553 509 61 138 28 3 13 211 68 3 2 2 1 38 0 3 117 8 .271 .325 .415 .739
2008 39 158 149 17 45 6 1 3 62 15 0 1 0 1 6 0 2 29 6 .302 .335 .416 .752
2009 93 338 308 39 87 17 1 17 157 57 0 1 0 4 22 1 4 66 11 .282 .334 .510 .844
2010 140 559 513 74 166 33 1 27 282 89 2 2 0 3 33 2 10 93 11 .324 .374 .550 .924
2011 100 356 323 28 78 16 0 4 106 36 1 1 0 1 29 0 3 66 11 .241 .309 .328 .637
2012 79 218 200 16 50 9 1 4 73 20 0 1 0 0 18 0 0 43 7 .250 .312 .365 .677
2013 DeNA 96 277 238 26 62 11 1 12 111 39 1 1 0 3 33 0 3 54 5 .261 .354 .466 .820
2014 73 166 147 11 40 5 1 4 59 23 0 2 1 1 15 1 2 23 4 .272 .345 .401 .747
2015 4 8 7 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .143 .250 .143 .393
通算:17年 1342 4551 4140 531 1162 202 14 195 1977 643 43 31 7 20 333 14 49 962 94 .281 .340 .478 .819

WBCでの打撃成績編集

















































2006 日本 8 35 27 6 7 0 0 3 16 9 0 0 1 0 6 0 1 9 2 .259 .412 .593

年度別守備成績編集



外野












1997 横浜 7 5 1 0 0 1.000
2000 72 130 5 1 1 .993
2001 27 27 2 0 0 1.000
2002 69 84 3 1 1 .989
2003 85 122 2 2 1 .984
2004 119 243 6 3 2 .988
2005 115 240 5 3 1 .988
2006 34 58 0 1 0 .983
2007 ソフトバンク 126 223 2 2 1 .991
2008 36 71 0 1 0 .986
2009 79 120 3 1 1 .992
2010 136 226 3 2 0 .991
2011 83 136 2 2 0 .986
2012 48 85 0 1 0 .988
2013 DeNA 69 96 5 0 0 1.000
2014 44 63 1 0 1 1.000
2015 3 2 0 0 0 1.000
通算 1152 1931 40 20 9 .990

表彰編集

  • ベストナイン:1回 (2010年)
  • 優秀JCB・MEP賞:1回 (2004年)
  • 厚木市民功労賞 (2006年) ※WBC優勝貢献を称えて
  • 紫綬褒章 (2006年) ※WBC優勝貢献を称えて

記録編集

初記録
節目の記録
本塁打に関する記録
その他の記録

背番号編集

  • 52 (1995年 - 1999年、2013年)
  • 55 (2000年 - 2003年)
  • 6 (2004年 - 2012年)
  • 8 (2014年 - 2015年)
  • 215 (2016年)

登録名編集

  • 多村 仁 (たむら ひとし、1995年 - 2009年5月21日)
  • 多村 仁志 (たむら ひとし、2009年5月22日 - )

代表歴編集

日本代表
その他
  • 2004 日米野球

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 38歳の現役続行決意 多村の背中押した“まだ、できる”金言とはスポーツニッポン.2015年11月2日
  2. ^ 育成選手として多村仁志選手が入団中日ドラゴンズ公式サイト 2016年1月15日
  3. ^ DeNA戦力外の多村が中日と育成契約 背番215日刊スポーツ 2016年1月15日
  4. ^ “多村仁志、最後まで「バットマンの誇り」持ち続けた”. 日刊スポーツ. (2016年12月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1756163.html 2016年12月29日閲覧。 
  5. ^ 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構公式サイト (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  6. ^ “2020プロ野球最優秀バッテリー賞にDAZNが特別協賛 「月間賞」ではTwitterでのユーザー投票も”. ベースボールチャンネル. (2020年6月2日). https://www.baseballchannel.jp/npb/80742/ 2020年10月14日閲覧。 
  7. ^ a b 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰『プロ野球スカウティングレポート2011』廣済堂出版、2011年、34-35頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  8. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2005』白夜書房、2005年、27頁。ISBN 4-86191-015-3
  9. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』白夜書房、2011年、132頁。ISBN 978-4-86191-710-3
  10. ^ Baseball Lab守備評価~Right Fielder Archived 2012年1月6日, at the Wayback Machine.SMR Baseball Lab
  11. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2007』アスペクトムック、2007年、7頁。ISBN 978-4-7572-1338-8
  12. ^ ““キューバの至宝”セペダ憧れの日本人選手は「H6」”. 東スポWeb. (2014年5月16日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/267155/ 2018年6月10日閲覧。 
  13. ^ a b “祝・中日入団! 球界一の愛されキャラ・多村仁志の野球人生”. 週刊野球太郎. (2016年1月25日). https://yakyutaro.jp/r.php?hash=z0HHW 2019年4月6日閲覧。 
  14. ^ 過去20年で最高の外野手は誰だ?~記録で見る真実の「守備力」~プロ野球 - Number Web - ナンバー、2016年3月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集