大日駅

日本の大阪府守口市にある大阪市高速電気軌道・大阪モノレールの駅

大日駅(だいにちえき)は、大阪府守口市大日町にある大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)・大阪モノレールOsaka Metro谷町線大阪モノレール本線の2路線が乗り入れる。

大日駅
だいにち
Dainichi
所在地 大阪府守口市
所属事業者 大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
大阪モノレール
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1983年昭和58年)2月8日 - 大阪市営地下鉄(当時)谷町線守口駅から当駅への延伸開通と同時に開業。ただし守口延長の際に大日検車場が完成し、その入出庫線時代より大日駅設置の準備工事はされていた。
  • 1997年平成9年)8月22日 - 大阪高速鉄道(当時)大阪モノレール線が南茨木駅から延伸開業し、乗り換え駅となる[1]
  • 2001年(平成13年)9月 - 三洋電機大日工場を閉鎖。
  • 2004年(平成16年)4月12日 - 三洋電機大日工場の跡地を再開発し、大日駅前交通広場がオープン。
  • 2006年(平成18年)9月21日 - イオン大日ショッピングセンターのプレオープンに併せて大阪高速鉄道の駅に2階改札口を新設。
    • 9月29日 - イオン大日ショッピングセンターがグランドオープン。
  • 2018年(平成30年)4月1日 - 大阪市交通局の民営化により、谷町線の駅は大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) の駅となる。
  • 2020年令和2年)6月1日 - 大阪高速鉄道が大阪モノレールに社名変更[2]
  • 2021年(令和3年)2月20日 - 大阪モノレールの駅で可動式ホーム柵の使用を開始[3]

駅構造編集

Osaka Metro谷町線・大阪モノレール共に島式1面2線の駅である。府道京都守口線(旧国道1号)と中央環状線とが交差する大規模な交差点が位置していることから、横断歩道がないため、歩行者や自転車のための地下道が設けられており、駅の地下はこの地下道と一体化した構造になっている。

大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)編集

Osaka Metro 大日駅
 
地下鉄大日駅に通じる大日地下道
だいにち
Dainichi
(1.8 km) 守口 T12
所在地 大阪府守口市大日町
駅番号  T11 
所属事業者 大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
所属路線 谷町線
キロ程 0.0 km(大日起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
14,968人/日(降車客含まず)
-2020年-
乗降人員
-統計年度-
29,658人/日
-2020年-
開業年月日 1983年昭和58年)2月8日
テンプレートを表示

改札口が地下2階、ホームが地下3階に設けられている地下駅。改札口は1か所のみ。

当駅は、東梅田管区駅に所属し、駅長が配置され、当駅および守口駅太子橋今市駅千林大宮駅を管轄している。駅番号はT11

のりば編集

番線 路線 行先
1・2   谷町線 東梅田天王寺八尾南方面[4]

備考編集

近くに大日検車場があるので、駅の手前に車庫へ通じる引き込み線がある。また、ホームの先に留置線があり、夜間に列車が留置されていることもある。なお、1977年の守口延長時に同検車場を設置した際に、すでに大日駅設置の準備がなされていたため、1983年の大日延長に際しては駅関連施設などの工事程度で済んだ。

大阪モノレール編集

大阪モノレール 大日駅
 
大阪モノレール大日駅
だいにち
Dainichi
22 南摂津 (2.1 km)
(1.3 km) 門真市 24
所在地 大阪府守口市大日東町
駅番号  23 
所属事業者 大阪モノレール
所属路線 本線
キロ程 19.9 km(大阪空港起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年次-
15,242人/日
-2019年-
開業年月日 1997年平成9年)8月22日[1]
テンプレートを表示

配線図

南摂津駅

2 1


   
   
   
   

門真市駅

3階建ての高架駅で、ホームは3階にある。改札口は1階と2階に1か所ずつ存在しており、大阪高速鉄道では2007年10月現在唯一複数の改札口が存在する駅となっている。2階の改札口はイオンモール大日へ直結しているが、8:30 - 20:00のみの供用で、それ以外は1階改札口しか利用できない。また、谷町線に合わせた紫色が駅のイメージカラーとなっている。1階改札口付近のコンコースには当時の三洋電機が寄贈したステンドグラスがある。駅番号は23

のりば編集

ホーム 路線 行先
1 本線 門真市
2 本線 南茨木万博記念公園千里中央蛍池大阪空港方面

利用状況編集

  • 大阪モノレール - 2019年次の1日平均乗降人員15,242人であり、大阪モノレールの駅全18駅中8位[5]1997年の駅開業後、利用客数を順調に増やしていたが、2006年のイオン大日ショッピングセンターの開業で更に増加している。
  • 大阪市高速電気軌道 - 2020年11月10日の1日乗降人員29,658人(乗車人員:14,968人、降車人員:14,690人)である[6]

各年次の1日乗車・乗降人員の推移は下表の通りである。

年次 大阪市高速電気軌道[備考 1] 大阪モノレール 出典
特定日 1日平均
調査日 乗降人員 乗車人員 乗降人員 乗車人員
1990年(平成02年) 11月06日 20,631 10,734

[7]
1991年(平成03年) -
1992年(平成04年) -
1993年(平成05年) -
1994年(平成06年) -
1995年(平成07年) -
1996年(平成08年) [備考 2]02月15日 21,289 10,848 [8]
1997年(平成09年) - 3,415 1,695 [9]
1998年(平成10年) 11月10日 21,723 11,088 6,384 3,217 [10]
1999年(平成11年) - 6,600 3,327 [11]
2000年(平成12年) - 7,215 3,592 [12]
2001年(平成13年) - 7,351 3,655 [13]
2002年(平成14年) - 7,669 3,813 [14]
2003年(平成15年) - 7,637 3,847 [15]
2004年(平成16年) - 7,728 3,886 [16]
2005年(平成17年) - 7,975 4,006 [17]
2006年(平成18年) - 10,323 5,250 [18]
2007年(平成19年) 11月13日 26,432 13,408 11,822 5,930 [19]
2008年(平成20年) 11月11日 27,400 13,958 12,160 6,103 [20]
2009年(平成21年) 11月10日 27,400 13,773 12,116 6,077 [21]
2010年(平成22年) 11月09日 27,063 13,751 12,393 6,231 [22]
2011年(平成23年) 11月08日 27,289 13,877 12,286 6,170 [23]
2012年(平成24年) 11月13日 28,046 14,208 12,620 6,345 [24]
2013年(平成25年) 11月19日 28,750 14,628 12,777 6,363 [25]
2014年(平成26年) 11月11日 29,802 15,156 12,924 6,431 [26]
2015年(平成27年) 11月17日 30,569 15,539 13,394 6,652 [27]
2016年(平成28年) 11月08日 30,908 15,624 14,196 7,022 [28]
2017年(平成29年) 11月14日 31,865 16,124 14,485 7,174 [29]
2018年(平成30年) 11月13日 33,831 17,101 14,798 7,331 [30]
2019年(令和元年) 11月12日 33,719 17,006 15,242 7,559 [31]
2020年(令和02年) 11月10日 29,658 14,968
備考
  1. ^ 2017年度までは大阪市営地下鉄。
  2. ^ 会計年度上は1995年度での集計。

駅周辺編集

かつては駅前に三洋電機大日工場があったが、2001年9月に群馬工場への統合により閉鎖され、跡地に大日駅前交通広場、イオングループのショッピングセンター『イオンモール大日イオンシネマ大日を内包)』や高層マンション群「サンマークスだいにち」が建設された。

公共施設編集

  • 大日駅前広場
    • バスのりば(全3か所)、詳しくは後述
    • タクシープール:ロータリーの中央部に位置している。
    • 地下自転車駐車場:広場の地下1・2階に位置し、3,400台が収容できる。駐輪場ではなく「駐車場」と表記されている。
  • 守口市立図書館(旧・守口市生涯学習情報センター ムーブ21)
  • イオン大日SC内郵便局

商業施設編集

 
イオンモール大日

学校編集

その他編集

 
大阪市高速電気軌道大日検車場

バス路線編集

路線バス編集

京阪バスが運行。なお、地下鉄大日南口停留所は、大日駅南西の国道1号上に設置されている。どちらの停留所とも2・4・8号経路のバスが発着するが、朝の一部の便は大日駅前広場に乗り入れない。

大日駅前広場0番のりば
  • 8号経路:佐太二番・大久保中央公園経由 古川橋駅
  • 9号、9A号経路: 金田・仁和寺・菅原神社前経由 摂南大学行
  • NS経路:ノンストップ 摂南大学行
大日駅前広場1番のりば
  • 1A号経路:五番・大久保・仁和寺・対馬江経由 寝屋川市駅
  • 4号経路:金田・仁和寺・市立総合センター前経由 寝屋川市駅行
  • 5号経路:金田・仁和寺・点野団地・摂南大学経由 寝屋川市駅行
  • 6号経路:佐太二番・大久保・仁和寺・対馬江経由 寝屋川市駅行
大日駅前広場2番のりば
  • 2号、4号経路: パナソニック前経由 京阪守口市駅
  • 8号経路:地下鉄大日南口・八雲西町・外島町 経由 京阪守口市駅行
  • 9A号経路: 八番・京阪守口市駅・豊里・上新庄駅北口経由 JR吹田
地下鉄大日南口停留所
  • 2号経路:京阪守口市駅行
  • 4号経路:金田・仁和寺・市立総合センター前経由 寝屋川市駅行/パナソニック前経由 京阪守口市駅行
  • 8号経路:佐太二番・大久保団地・もりぐち歴史館経由 古川橋駅行/八雲西町・外島町経由 京阪守口市駅行

2020年3月31日まで関西国際空港のリムジンバスが運行されていたが天満橋へ行く経路に変更になり、大日駅には乗れ入れなくなった。

隣の駅編集

大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
  谷町線
大日駅 (T11) - 守口駅 (T12)
大阪モノレール
本線
南摂津駅 (22) - 大日駅 (23) - 門真市駅 (24)

脚注編集

  1. ^ a b 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、9頁。
  2. ^ “社名変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 大阪高速鉄道, (2020年5月11日), オリジナルの2020年5月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200523055241/https://www.osaka-monorail.co.jp/monorailwp/wp-content/uploads/2020/05/pressrelease_20200511.pdf 2020年6月2日閲覧。 
  3. ^ 大日駅で「可動式ホーム柵」を使用開始します” (日本語). 大阪モノレール (2021年2月17日). 2021年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月17日閲覧。
  4. ^ Osaka Metro|大日” (日本語). www.osakametro.co.jp. 2018年8月12日閲覧。
  5. ^ 決算状況 - 大阪モノレール
  6. ^ 路線別乗降人員(2020年11月10日 交通調査) (PDF)” (日本語). Osaka Metro. 2021年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月3日閲覧。
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成12年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  29. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)
  30. ^ 大阪府統計年鑑(令和元年) (PDF)
  31. ^ 大阪府統計年鑑(令和2年) (PDF)

関連項目編集

外部リンク編集