大網藩(おおあみはん)は、明治維新期の短期間、上総国山辺郡大網村(現在の千葉県大網白里市大網)に藩庁を置いた。1869年、羽前国長瀞藩が分領であった大網に移転して成立したが、1871年に常陸国龍ヶ崎(現在の茨城県龍ケ崎市)に転出して龍ヶ崎藩となった。

藩史 編集

関連地図(千葉県中南部周辺)

前史 編集

幕末期の長瀞藩は、出羽国村山郡長瀞(現在の山形県東根市大字長瀞)に陣屋を構える1万1000石の小大名であったが、所領は出羽国上総国下総国に分散していた[注釈 1][3]米津政敏は慶応元年(1865年)に藩主となるが、定府の大名であり[3]、藩士の多くも江戸に詰めていた。慶応4年/明治元年(1868年)の戊辰戦争において、長瀞周辺は庄内藩軍と新政府軍の戦場となり長瀞陣屋を焼失[3][注釈 2]天童の戦い参照)、また関東の飛び地領には旧幕府脱走兵が入り込み金品や食糧を要求するなど、藩政は混乱状態に陥った[3]

大網への移転と大網藩の成立 編集

明治2年1869年)春、長瀞藩士は東京を引き払い「一藩残らず」大網村に移転した[3]。大網村は村高2622石(旧高旧領取調帳)・戸数520(上総国村高帳)という大きな村で[5]、多数の領主に分割支配される相給の村であった[5][注釈 3]。米津氏はこのうち1000石余を領しており、支配関係の上で密接な関係を持っていた[6]。大網が移転地とされたのもこうした事情による[6]。なお、大網村(大網宿)[注釈 4]にはこれより先、明治元年1868年)12月16日に安房上総知県事の柴山典(文平)が移っており、宮谷の本国寺に知県事役所を置いて、房総の旧幕府領・旗本領の統治にあたっていた(宮谷県[8]

 
陣屋跡に建てられたと伝えられる旧大網小学校(2012年8月撮影)。背後は中世大網城のあった丘[9]

明治2年(1869年)6月に版籍奉還を経て知藩事に任命された政敏は、8月に太政官の事務局である弁官に、政敏が大網に「暫時」移住し、長瀞へは執政の者を派遣することの願いを出して許可された[3]。次いで10月22日付で藩の本拠を大網に移転して「大網藩知事」とするよう願いを出し、11月2日付で許可された[3]。これにより大網藩が立藩する[注釈 5]。大網藩は仮藩庁を大網村の蓮照寺に置き[3]、中世の大網城付近で陣屋の建設に着手した[13]大網白里市立大網小学校の旧校地[注釈 6]がその場所であると伝えられる[13]

明治3年1870年)4月、大網藩は弁官を通して政府に、分散した支配地をまとめるよう要望を出している[16]

幕末以来、米津氏の領地(管轄地)については混乱が続いていた。慶応3年(1867年)、当時の長瀞藩は武蔵国埼玉郡内の領地を上地し、その代地として安房国朝夷郡白浜村(現在の南房総市白浜町)が与えられることとなったものの、実際の郷村引き渡しが行われないまま幕府が瓦解し、白浜村は宮谷県管轄地に組み入れられていた[16]。明治3年(1870年)10月8日の太政官達により羽前国内の大網藩管轄地(4486石余[17])は山形県の管轄に移すことが指示され[18][注釈 7]、10月29日に引き渡しが行われたが[18]、代地については後日沙汰するとされた。大網藩は12月8日付の弁官宛て願書において、藩の財政が困難である状況を訴え、至急代地を与えられるよう嘆願している[19]

同年12月24日付の太政官達により、上地された羽前国村山郡の管轄地、および旧幕府時代に上地された武蔵国埼玉郡内の元領地(合計5119石余[17])の代地が宮谷県管轄地内から与えられることとなり、上総国山辺郡内の諸村(合計5111石余[20])を大網藩に渡すよう宮谷県に通達された[21]。しかし明治4年(1871年)2月8日に山辺郡大網村などの宮谷県への移管が命じられた[22]。これについて、一つの村に大網藩庁と宮谷県庁が置かれることで民政にも差支えがあるという事情も挙げられた[23]。大網藩には羽前国村山郡の管轄地・武蔵国埼玉郡の元領地に加え上総国山辺郡の管轄地の代地として、常陸国河内郡龍ヶ崎村など6か村(合計6173石余[24])が与えられることなった[25]

龍ヶ崎への移転 編集

明治4年1871年)2月15日[12]、政敏は常陸国河内郡龍ヶ崎村(現在の茨城県龍ケ崎市)に藩庁を移した。明治4年(1871年)2月17日(新暦4月6日[11]太政官布告「大網藩龍崎藩ト改称候事」により、大網藩は龍ヶ崎藩に改名した[26][27]。これにより「大網藩」は1年3か月で消滅した。

歴代知藩事 編集

 
米津政敏
米津家
  • 1万石
  1. 米津政敏(まさとし) 従五位下 伊勢守

領地 編集

旧高旧領取調帳』では国ごとに旧高調査年度が違うため、旧領名として「長瀞藩」「竜ヶ崎藩」を挙げるものが混在する(「大網藩」の記載はない)。

『旧高旧領取調帳』データベースにおいて、旧領名を「長瀞藩」「竜ヶ崎藩」とするものを参考に掲げる[28]。「長瀞藩」とする諸村の「旧高」は合計約8251石、「竜ヶ崎藩」とする諸村の「旧高」は合計約3418石で、合計は約1万1670石である。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 長瀞周辺の出羽国の所領は6400石余であった[1][2]
  2. ^ 長瀞藩は第3代藩主米津政易・第4代藩主米津政明兄弟が庄内藩酒井家から養子に迎えられた人物であるために庄内藩と近い関係にあり(当時の庄内藩主酒井忠篤は米津政敏の従弟にあたる)、庄内藩寄りの立場をとった。なお、陣屋で生活していた前藩主政明以下、陣屋詰めの人々は庄内藩領鶴岡に退避しており、死傷者は出していない[4]
  3. ^ 『大網白里町史』によれば、寛政5年(1793年)時点では12給に及んでいた[6]
  4. ^ 「〇〇宿」は「〇〇町」「〇〇村」同様の尾称で、大網村は明治2年(1869年)に「大網宿」を称した[7][5]。明治初年の上総国には、市原郡八幡宿(町村制施行時に八幡町、現在の市原市)、周淮郡鹿野山宿(町村制施行時に秋元村、現在の君津市)、山辺郡大網宿(町村制施行時に大網町、現在の大網白里市)および上埴生郡長南宿(町村制施行時に武丘村のち庁南町、現在の長南町)の4宿があった[7]
  5. ^ 『明治史要』では、長瀞藩の大網藩への改称を11月1日とする[10]。『角川新版日本史辞典』付録「府藩県変遷表」は、11月1日に羽前長瀞藩が上総に移転し大網藩になったと描く[11]。千葉県ウェブサイトでは立藩の日付を明治2年(1869年)11月11日とする[12]
  6. ^ 大網小学校は2012年にみどりが丘に移転した[14][15]
  7. ^ 『角川日本地名大辞典』では、羽前国村山郡内の藩領は明治4年(1871年)3月に山形県に編入されたとする[1]

出典 編集

  1. ^ a b 長瀞藩(近世)”. 角川日本地名大辞典. 2023年6月26日閲覧。
  2. ^ 長瀞藩”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2023年6月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 府・藩・県制のもとで (1) 大網藩(大網白里町史)”. 大網白里市/大網白里市デジタル博物館(ADEAC所収). 2019年9月11日閲覧。
  4. ^ 加藤貞仁. “飛び地領の人々(下)”. 幕末とうほく余話. 無明舎. 2019年9月11日閲覧。
  5. ^ a b c 大網村(近世)”. 角川日本地名大辞典. 2023年6月26日閲覧。
  6. ^ a b c 町域村々の領主支配の変遷 (1) 村々の所領状況 大網村(大網白里町史)”. 大網白里市/大網白里市デジタル博物館(ADEAC所収). 2019年9月11日閲覧。
  7. ^ a b 中島義一 1969, p. 227.
  8. ^ 府・藩・県制のもとで (2) 宮谷県(大網白里町史)”. 大網白里市/大網白里市デジタル博物館(ADEAC所収). 2019年9月11日閲覧。
  9. ^ 上総大網城”. 城郭放浪記. 2023年7月1日閲覧。[信頼性要検証]
  10. ^ 太政官修史館『明治史要 第1編』、138頁https://dl.ndl.go.jp/pid/1151968/1/184 
  11. ^ a b 『角川新版日本史辞典』, p. 1383.
  12. ^ a b 2.幕末・明治初期の房総諸藩”. 県民の日パネル. 千葉県. 2019年9月11日閲覧。
  13. ^ a b 『房総における近世陣屋』, p. 49.
  14. ^ 大網白里市立大網小学校”. 大網白里市. 2023年7月1日閲覧。
  15. ^ 大網小「校舎移転記念式」(2月4日)”. 大網白里市 (2012年2月4日). 2023年7月1日閲覧。
  16. ^ a b 「菊間大網二藩ニ交換地ヲ宮谷県管地ニ於テ之ヲ賜フ」, 9/12コマ.
  17. ^ a b 「菊間大網二藩ニ交換地ヲ宮谷県管地ニ於テ之ヲ賜フ」, 3/12コマ.
  18. ^ a b 「大網館土浦佐倉館林諸藩ノ羽前国ニアル管地ヲ山形県ニ属ス」, 1/2コマ.
  19. ^ 「大網館土浦佐倉館林諸藩ノ羽前国ニアル管地ヲ山形県ニ属ス」, 1-2/2コマ.
  20. ^ 「菊間大網二藩ニ交換地ヲ宮谷県管地ニ於テ之ヲ賜フ」, 3-4/12コマ.
  21. ^ 「菊間大網二藩ニ交換地ヲ宮谷県管地ニ於テ之ヲ賜フ」, 1, 3-4/12コマ.
  22. ^ 「菊間大網二藩ニ交換地ヲ宮谷県管地ニ於テ之ヲ賜フ」, 5/12コマ.
  23. ^ 「菊間大網二藩ニ交換地ヲ宮谷県管地ニ於テ之ヲ賜フ」, 10/12コマ.
  24. ^ 「菊間大網二藩ニ交換地ヲ宮谷県管地ニ於テ之ヲ賜フ」, 6/12コマ.
  25. ^ 「菊間大網二藩ニ交換地ヲ宮谷県管地ニ於テ之ヲ賜フ」, 4-5/12コマ.
  26. ^ 『明治四年 布告全書 二 明治辛未』十七丁裏(23/32コマ)
  27. ^ 『法令全書』p.88
  28. ^ 旧高旧領取調帳データベースの検索”. 国立歴史民俗博物館. 2023年6月27日閲覧。

参考文献 編集

関連項目 編集

  • 下総三浦藩 - 江戸時代初期に三浦重成が大名に列し短期間存在した藩。藩庁は本佐倉とも大網ともされるが、三浦氏の供養塔が蓮照寺にある。
  • 宮谷県 - 明治維新期に旧幕府領・旗本領などを管轄した県。大網宿宮谷の本国寺に県庁を置いた。

外部リンク 編集

先代
長瀞藩
行政区の変遷
1869年 - 1871年
次代
龍ヶ崎藩