メインメニューを開く

地理編集

つくば市の東部に位置し、筑波研究学園都市研究学園地区中心部に位置する。首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスつくば駅つくばセンター)の北に位置し、小規模な店舗の並ぶ繁華街であると共に、筑波大学筑波キャンパス(北・中・南・西地区)の南、同春日地区(旧・図書館情報大学)および筑波学院大学の北に位置することから、繁華街学生街の両方の側面を持つ地域である。

地域の東に学園東大通り、西に学園西大通り、南に学園北大通り、北に平塚学園線[3]がある。

北は天王台、南は吾妻、東は妻木(さいき)、西は春日・要と接する。

地価編集

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、天久保1丁目8番12の地点で10万3000円/m2となっている。[4]

天久保一丁目編集

つくば駅(つくばセンター)に最も近く、飲食店居酒屋バーなど)やカラオケ店が立ち並ぶ[3]。「松見公園」は市内では有名な公園であり、休日を中心に親子連れで賑わう。

天久保二丁目編集

筑波大学筑波キャンパスのうち、西地区(宿舎地区・医学地区)が立地する。このため、学生向けのアパートマンション食堂などが立地する。

天久保三丁目編集

筑波大学筑波キャンパスの南地区(体育・芸術地区)があり、平塚学園線沿いに飲食店などの学生向けの商店が多い[3]古書店リサイクルショップもある。コンビニエンスストアが3軒ある。戦後開拓によって設置されたかつての松美集落を含む。

  • セブン-イレブンつくば平塚店
  • ローソン天久保三丁目店
  • ミニストップ天久保店
  • かつてはトレモントホテルという宿泊施設があった。

天久保四丁目編集

学園東大通りの東側にあり、大通り沿いに飲食店がある。北部はアパートなど宅地が多く、南部は筑波技術大学とつくば植物園がある。

地名の由来編集

旧桜村妻木地区の小字名を大字名(のちに町名)にしたもの。

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部)
天久保一丁目 1977年(昭和52年) 新治郡桜村妻木、筑波郡谷田部町東平塚・苅間[5]
天久保二丁目
天久保三丁目
天久保四丁目

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)8月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
天久保1丁目 545世帯 828人
天久保2丁目 1,272世帯 1,611人
天久保3丁目 1,003世帯 1,146人
天久保4丁目 442世帯 554人
3,262世帯 4,139人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、天久保全域が吾妻小学校、吾妻中学校となる。

施設編集

 
松見タワー
松見公園
松見池の周囲に広がる都市公園。公園のシンボルとなっている展望塔を含め、公園の全体計画、樹木の選定等菊竹清訓の設計。地上45m。
筑波メディカルセンター病院
つくば市街地にある、総合病院。略称メディセン。松見公園に隣接する。
筑波大学西地区
宿舎地区と医学地区からなる。宿舎地区は北部を平砂(ひらすな)学生宿舎、南部を追越(おいこし)学生宿舎[6]と呼ぶ。医学地区(第4エリア)には、筑波大学医学群の講義棟のほか、筑波大学附属病院がある。
筑波大学南地区
体育・芸術地区(通称:体芸地区、第5・第6エリア)があり、スポーツ施設が数多く立地する。このほか、大学会館の本館と別館がある。
筑波技術大学天久保キャンパス
聴覚障害者を対象とした産業技術学部と大学本部がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成29年度行政区別人口表” (日本語). つくば市 (2017年8月9日). 2017年8月15日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会、1983、1311ページ
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会、1983、73ページ
  6. ^ 本来の読みは「おっこし」である。

参考資料編集