メインメニューを開く

アメノオシホミミ

伝承上の上古日本の治天
天忍穂耳尊から転送)

アメノオシホミミ天忍穗耳尊日本神話に登場する[1][2]地神五代の二代目

天忍穗耳尊
音川安親編 万物雛形画譜

地神五代
先代 天照大神
次代 天津彦彦火瓊瓊杵尊

全名 正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊
別名 正哉吾勝勝速日天忍骨尊
正哉吾勝々速天穂別尊
神格 稲穂、農業
素戔嗚尊
天照大神
配偶者 栲幡千千姫命
天津彦彦火瓊瓊杵尊
(その他諸説は#妻子参照)
神社 西寒多神社
太郎坊宮
英彦山神宮
富田八幡宮など

目次

概要編集

天照大神と素戔嗚尊の誓約で生まれた五皇子の長男。弟に天穂日命天津彦根命活津彦根命熊野櫲樟日命がいる。

高皇産霊神の娘である栲幡千千姫命との間に瓊瓊杵尊をもうけた。

編集

  • 正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと) - 『日本書紀』[1]第六段本文、第九段本文、第一の一書、第八の一書、『先代旧事本紀』
  • 正哉吾勝勝速日天忍骨尊(まさかつあかつかちはやひあめのおしほねのみこと) - 『日本書紀』第六段第一の一書、第二の一書
  • 勝速日天忍穗耳尊(かちはやひあめのおしほみみのみこと) - 『日本書紀』第六段第三の一書、第九段第一の一書
  • 天忍穗耳尊(あめのおしほみみのみこと) - 『日本書紀』第九段第二の一書、『先代旧事本紀』
  • 天忍穗根尊(あめのおしほねのみこと) - 『日本書紀』第九段第六の一書
  • 天忍骨命(あめのおしほねのみこと) - 『日本書紀』第九段第七の一書
  • 正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと) - 『古事記』[1]
  • 正哉吾勝々速天穂別尊(まさかつあかつかちはやあめのほわけのみこと) - 『先代旧事本紀』

「まさかつあかつ」は「正しく勝った、私が勝った」の意、「かちはやひ」は「勝つこと日の昇るが如く速い」または「素早い勝利の神霊」の意で、誓約の勝ち名乗りと考えられる[1][2]。「おしほみみ」は威力(生命力)に満ちた稲穂の神の意である[1]

神話での記述編集

※ 史料は、特記のない限り『日本書紀』本文に拠る。

 
アマテラスとスサノヲの誓約(『古事記』に基づく) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

天忍穗耳尊は素戔嗚尊が天で自身の清い心を示すために生んだ五皇子の長男である。『日本書紀』神代紀第六段によると素戔嗚尊は姉の天照大神の前で「自分の心が清らかならば男神が生まれ、そうでなければ女神が生まれる」と誓約(うけい)を行ったという。そして姉から借り受けた勾玉をカリカリと噛んで掃き出し五皇子を生んだ。誓約に勝った素戔嗚尊の勝ち名乗りが「正哉吾勝」「勝速日」と考えられ一番最初に生まれた天忍穗耳尊の名前の一部となっている。天照大神も同時に素戔嗚尊から剣を受け取って女神を生んでおり、これが宗像三神である。誓約が終わったあと天照大神と素戔嗚尊は剣と勾玉を返すという形でお互いに生んだ子を取り替えた。そのため天忍穗耳尊たちは勾玉の持ち主である天照大神の子とされている[1][2]。『日本書紀』の一書や『古事記』『先代旧事本紀』などでは剣と勾玉の交換の有無、神を生む所作、神が生まれた順番などで細かな違いがある。一貫しているのは素戔嗚尊が天忍穗耳尊ら男神を生み、天照大神がひきとって自分の子にしたということである。

天忍穗耳尊は高皇産霊神の娘である栲幡千千姫命との間に瓊瓊杵尊をもうけた。高皇産霊尊がこの孫を葦原中国の主にしようと画策するのが『日本書紀』神代紀第九段の内容である。以降の天忍穗耳尊の事績は無く、系譜上のみの神となっている。第一の一書や『古事記』だと葦原中国平定天照大神が天忍穗耳尊を降臨させるために行われ、実際に天忍穗耳尊が天降ろうとする場面がある。しかし下界は物騒だとして途中で引き返してしまう[1]経津主神武甕雷男神らによって大国主から国譲りがされると再び天忍穗耳尊に降臨の命が下る。天忍穗耳尊はその間に生まれた息子の瓊瓊杵尊に行かせるようにと進言し、瓊瓊杵尊が天降ることになる(天孫降臨[1][2]

系譜編集

基本的には五皇子の長男だが、『日本書紀』の一書では次男とされる。本文での子は瓊瓊杵尊のみだが、第九段第六の一書では瓊瓊杵尊のほかに天火明命をもうける[1][2]天火明命が兄で瓊瓊杵尊が弟である。第九の一書では瓊瓊杵尊の代わりに「天照国照彦火明命」が生まれる。『先代旧事本紀』では「天照国照彦火明櫛玉饒速日命」と「天饒石国饒石天津彦火瓊瓊杵尊」の兄弟が生まれ、それぞれに天孫降臨神話がある。また名前からもわかるように天火明命と神武紀に登場する饒速日命が同一視されている。

また『日本書紀』第九段第七の一書ではいくつかの異伝が列挙されている。その一つには萬幡姫では無くその娘の玉依姫命を娶るとあり、子の名前も瓊瓊杵尊ではなく天之杵火火置瀨尊(あめのぎほほぎせのみこと)という。別の異伝では天忍穗耳尊自体が勝速日命(かちはやひのみこと)、天大耳尊(あめのおおみみのみこと)という親子の神に分割されていて、天大耳尊が丹舄姫(につくりひめ)を娶り瓊瓊杵尊を得る。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
火闌降命
 
隼人
 
 
 
 
天照大神
 
天忍穂耳尊
 
瓊瓊杵尊
 
 
火折尊
 
鸕鶿草葺不合尊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天穂日命
 
出雲氏族]
 
 
火明命
 
尾張氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神八井耳命
 
多氏族]
 
 
 
 
 
1 神武天皇
 
 
2 綏靖天皇
 
3 安寧天皇
 
4 懿徳天皇
 
5 孝昭天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天足彦国押人命
 
和珥氏族]
 
 
 
 
 
 
大彦命
 
阿倍氏族]
 
 
 
 
 
 
 
6 孝安天皇
 
7 孝霊天皇
 
8 孝元天皇
 
 
9 開化天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倭迹迹日百襲姫命
 
 
 
 
 
 
武内宿禰
 
葛城氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉備津彦命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稚武彦命
 
吉備氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


妻子編集

(特記以外は『日本書紀』本文による。「紀」は『日本書紀』を、「記」は『古事記』をさす。)

  • 妻:栲幡千千姫命(たくはたちぢひめ、記:萬幡豊秋津師比売命)
    高皇産霊神の娘、思兼神の妹
    • 天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと、記:天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命)[1][2]
      皇孫(すめみま)、天孫(あめみま)
    • 天火明命(あめのほあかり) - 『日本書紀』第九段第六の一書、第八の一書[1][2]
      尾張氏の祖(紀)。『日本書紀』本文、第二・第三・第五・第七の一書では瓊瓊杵尊の子。
      『先代旧事本紀』では「天照国照彦火明櫛玉饒速日命」という名で饒速日命と同一神。

信仰・神社編集

稲穂の神、農業神として信仰されており[2]、富田八幡宮(勝日神社、島根県安来市)、太郎坊宮滋賀県東近江市[2]英彦山神宮福岡県田川郡添田町[1]西寒多神社大分県大分市[2]木幡神社京都府宇治市[1]、天日神社(兵庫県伊丹市) 二宮神社兵庫県神戸市)、天忍穂別神社高知県香南市[1]伊豆山神社静岡県熱海市)などに祀られている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 薗田稔、茂木栄 『日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々』 学研、90,91頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 戸部民夫 『八百万の神々 日本の神霊たちのプロフィール』 新紀元社、107,119,120頁。

関連項目編集