女商一代 やらいでか!

女商一代 やらいでか!』(じょしょういちだい やらいでか)は、花登筺による小説、及びそれを原作としたドラマ化作品である。

概要編集

新関西新聞に連載され、1979年より全3巻。類稀な商才を持つ女性の女商一代記。

TVドラマ編集

1981年1月5日9月25日東海テレビ昼ドラマ枠にて放送された。放送開始直後は好評だったが、引き伸ばしを重ねてゆくうちに視聴率が落ちてしまい、花登筺にとっては心労による胃潰瘍の原因となったドラマだったと、星由里子に語られている[1]

キャスト編集

スタッフ編集

  • 演出:橋本信也、大西博彦
  • 脚本:花登筺
  • 制作:東海テレビ、東宝株式会社
東海テレビ制作 昼ドラマ
前番組 番組名 次番組
江差の女
(1980.9.29 - 1980.12.30)
女商一代 やらいでか!
(1981.1.5 - 1981.9.25)
続・ぬかるみの女
(1981.9.28 - 1981.12.29)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 女商一代 やらいでか! - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2021年1月21日閲覧。