伊藤 正博(いとう まさひろ、1932年2月6日[3][4][2][1] - )は、日本俳優声優。身長165 cm[3]。体重61.5 cm[3]東京都出身[3][4][2][1]

いとう まさひろ
伊藤 正博
本名 伊藤 正博[1][2]
生年月日 (1932-02-06) 1932年2月6日(92歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
身長 165 cm
職業 俳優声優
活動期間 1950年代 - 2010年代
活動内容 映画テレビドラマ
テンプレートを表示

略歴 編集

日本大学芸術学部卒業[4][1]。かつては、劇団宗芸[1]、東京映画[1]、タレントエージェント[1]、劇団東芸[3][1]プロダクション・エムスリー[2]希楽星[3][4]に所属していた。

出演 編集

映画 編集

テレビドラマ 編集

NHK 編集

日本テレビ 編集

TBS 編集

フジテレビ 編集

テレビ朝日 編集

  • NECサンデー劇場「大砲と撫子」(1960年2月14日)
  • 日本剣客伝」(1968年9月18日 - 10月2日)
  • 五番目の刑事」第8話(1969年11月20日) - 男 役
  • 特別機動捜査隊
    • 第448話「刑事」(1970年6月3日) - 八代 役
    • 第458話「白い心の旅路」(1970年8月12日) - 竹上 役
    • 第461話「私の愛した女」(1970年9月2日) - 竹上 役
    • 第466話「十年目の事件」(1970年10月7日) - 検事 役
    • 第614話「死刑囚のプレゼント」(1973年8月8日) - 志村 役
    • 第638話「ある夫婦のメロディー」(1974年1月23日) - 市川 役
    • 第640話「闇」(1974年2月6日) - 金原 役
    • 第767話「わたしは尼寺へ行きたい」(1976年7月28日) - 英郎 役
    • 第776話「地獄舞」(1976年10月6日) - 巡査 役
    • 第793話「季節労働者哀歌」(1977年2月2日) - 支配人 役
  • 鬼平犯科帳」第39話(1970年6月30日) - 弥七 役
  • 特捜最前線
    • 第16話「悲曲・断崖の女」(1977年7月20日)
    • 第28話「恐喝 にせ女子大生日記」(1977年10月12日)
    • 第32話「殉職・涙と怒りの花一輪」(1977年11月9日)
    • 第54話「ナーンチャッテおじさんがいた!」(1978年4月12日)
    • 第92話「白い小さな訪問者!」(1979年1月3日)
    • 第110話「列車大爆破0秒前!」(1979年5月9日)
    • 第142話「わが青春のカリフォルニア!」(1979年12月19日)
    • 第155話「完全犯罪・350ヤードの凶弾!」(1980年3月26日) - 運転手 役
    • 第183話「未熟児を棄てた女!」(1980年10月22日)
    • 第264話「白い手袋をした通り魔!」(1982年6月9日)
    • 第387話「命の炎を燃やせ!」(1984年10月24日)
    • 第405話「浅草の老警官・7分間の嘘!」(1985年3月6日)
    • 第442話「女子中学生殺人事件・冬のコオロギのSOS!」(1985年11月21日)
  • 土曜ワイド劇場
    • 歪んだ星座 受験戦争連続殺人」(1979年6月16日)
    • 「過去を消す女」(1984年6月16日)
    • 「悪女の季節」(1990年12月15日)
    • 混浴露天風呂連続殺人
      • 第14作「ヌードギャルみちのく秘湯激安ツアー 殺意の風景」(1994年10月15日) - 浅倉興業社員 役
      • 第19作「信州塩の道に消えたマルタイの謎 リベンジ刑事とカリスマ温泉ギャルの信濃路秘湯ツアー 姫川温泉〜笹倉温泉〜白馬八方温泉 信濃大町温泉〜蓼科温泉」(1999年12月18日) - 鋳物問屋の社長 役
    • そして誰もいなくなる」(1994年10月29日)
    • 「襲われた二人」(1995年2月18日) - 八代の上司 役
    • 俺たちの世直し強盗」(1997年1月4日) - 宗教法人「神の石の会」の会員 役
    • 作家 小日向鋭介の推理日記」第3作(1999年11月27日) - 八木沼の客 役
  • ザ・ハングマン」シリーズ
    • ザ・ハングマン
      • 第1話「七つの黒バラ」(1980年11月14日)
      • 第4話「辱しめられたキャンパス」(1980年12月5日)
      • 第21話「替え玉合格の悪ガキは十三階段へ」(1981年4月10日)
      • 第29話「爆発サイクリング」(1981年6月5日)
    • ザ・ハングマンII」第27話(1982年12月17日)
    • 新ハングマン」第6話(1983年9月2日) - コンパニオンクラブの客 役
    • ザ・ハングマンV」第9話(1986年4月4日)
  • 午後の旅立ち」第3話(1981年1月26日) - 刑事 役
  • 悪女の招待状」(1982年7月26日 - 9月27日) - 前田 役
  • 月曜ワイド劇場「ママ母vs.ママ娘、家出令嬢の課外授業」(1986年8月4日)
  • 女ふたり捜査官」第11話(1986年11月7日)
  • 火曜スーパーワイド「半熟ウィドゥ! 未亡人は18才」(1987年10月6日)
  • 白い巨塔」(1990年4月2日・4月3日)
  • 火曜ミステリー劇場赤かぶ検事奮戦記」第2作(1990年10月16日)
  • はぐれ刑事純情派 第4シリーズ」第26話(1991年9月25日)
  • 七人の女弁護士」シリーズ
    • 「七人の女弁護士 第2シリーズ」第3話(1991年11月7日)
    • 「七人の女弁護士 第3シリーズ」第7話(1993年2月18日)
  • 裏刑事-URADEKA-」第3話(1992年4月28日)
  • 往診ドクター事件カルテ」第1話(1992年10月13日)
  • 「裏窓の女」(1992年11月2日 - 11月5日)
  • ツインズ教師」第6話(1993年5月17日)
  • 「危険な恋・ビオラの女」第1話(1993年7月13日)
  • 最高の恋人」(1995年4月17日 - 6月26日)
  • 味いちもんめ 第2シリーズ」第7話(1996年2月22日)
  • 名探偵保健室のオバさん」最終話(1997年3月10日)
  • ガラスの仮面 第1シリーズ」第7話(1997年8月18日)
  • スウィートデビル」第4話(1998年8月3日)
  • はみだし刑事情熱系 PART3」第10話(1998年12月9日) - 長瀬賢太郎 役
  • 月下の棋士」第6話(2000年2月21日)
  • アンナさんのおまめ」第1話 - 第3話・第5話 - 第7話・第9話・最終話(2006年10月13日 - 10月27日・11月10日 - 11月24日・12月8日・12月15日) - 久保寺 役
  • 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜」第4話(2008年1月31日) - 東条益男 役
  • 「超高層マンションの妻」(2008年3月1日)
  • コールセンターの恋人」第9話(2009年9月4日) - 山下警部 役
  • 検事・鬼島平八郎」第6話・最終話(2010年11月26日・12月3日)
  • 相棒 season11」第3話(2012年10月24日) - 山神辰巳 役

テレビ東京 編集

特撮 編集

その他のテレビ番組 編集

  • NHK特集(NHK)
    • 明治の群像 海に火輪を」第1回(1976年1月29日) - 大木喬任
    • 「シーメンス事件 ~検事 小原直 回顧録から~」(1976年6月24日)
    • 日本の戦後
    • 第4回「それは、晩餐から始まった 財閥解体への道」(1977年7月28日)
    • 第6回「くにのあゆみ 戦後教育の幕あき」(1977年10月27日) - 橋本事務官 役
  • 世界まるごとHOWマッチ」(1983年4月7日 - 1990年4月5日、TBS)

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h 『日本タレント名鑑70』日本タレント年鑑刊行会、1970年、24頁。 
  2. ^ a b c d 掛尾良夫 編「男性篇」『声優事典』(第2版)キネマ旬報社、34頁。ISBN 4-87376-160-3 
  3. ^ a b c d e f 伊藤 正博”. 男優. 希楽星. 2016年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月11日閲覧。
  4. ^ a b c d 杉村喜光. “伊藤正博”. 誕生日データベース. 知泉. 2022年12月11日閲覧。
  5. ^ おもひでぽろぽろ”. 金曜ロードショー. 日本テレビ放送網. 2015年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月11日閲覧。
  6. ^ 森村誠一サスペンス「迷路」”. BS-TBS. BS-TBS. 2022年12月11日閲覧。
  7. ^ 棟居刑事シリーズ「花の狩人」”. BS-TBS. BS-TBS. 2022年12月11日閲覧。
  8. ^ 長く孤独な誘拐”. BS-TBS. BS-TBS. 2022年12月11日閲覧。

外部リンク 編集