宇佐美淳

日本の俳優 (1910-1980)
宇佐美諄から転送)

宇佐美 淳(うさみ じゅん、1910年9月1日 - 1980年5月9日)は、日本俳優宇佐美 淳也宇佐美 諄芸名でも活躍した。本名:駒木 五郎

うさみ じゅん
宇佐美 淳
宇佐美 淳
1948年頃
本名 駒木 五郎
こまき ごろう
別名義 宇佐美 淳也
うさみ じゅんや
宇佐美 諄
うさみ じゅん
生年月日 (1910-09-01) 1910年9月1日
没年月日 (1980-05-09) 1980年5月9日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本岩手県二戸郡姉帯村
職業 俳優
活動期間 1938年 - 1980年
著名な家族 北村小松(叔父)[1]
主な作品
映画
晩春』(1949年 小津安二郎
終電車の死美人』(1955年 小林恒夫
テレビドラマ
あかつき』(1963年-64年、NHK)
テンプレートを表示

来歴・人物 編集

岩手県二戸郡姉帯村出身。東京農業大学中退後に明治大学を卒業。その後は松尾自動車会社に就職。1937年、新興キネマに入社。映画役者として端役からキャリアを積み、二枚目スターとしての地位を確立。

その後大映松竹東映と各社の作品で活躍し、1960年代以降は脇役に転じた。

映画産業の斜陽後はテレビドラマに活躍の場を移す。特撮作品の科学者役や一般作品の老紳士役といった知的で上品な善役を主に演じる一方、政財界の大物フィクサーなどの黒幕役としても重厚な演技を見せた。

1980年5月9日、脳出血で死去。69歳没。

2010年9月20日、「俳優 宇佐美淳 生誕100年記念」イベントが鎌倉生涯学習センターホールで開催された[2]

特撮テレビドラマミラーマン』で共演した石田信之は、宇佐美について「昔気質の潔癖な方で、時間をきっちり守る方だった」と述懐している[3]。石田とともに『ミラーマン』で共演した工藤堅太郎は、「穏やかだったが頑固なところがあり、譲らないところは譲らない面があった」と述懐している[4]

家族 編集

主な出演作品 編集

映画 編集

 etc.

テレビドラマ 編集

アニメ 編集

脚注 編集

  1. ^ 『昭和十七年版 日本映畫年鑑』、大同社、1932年、p. 657。 
  2. ^ 「俳優 宇佐美淳 生誕100年記念イベント」ポスター
  3. ^ 大全 2004, p. 245.
  4. ^ 大全 2004, p. 274.
  5. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。

関連書籍 編集

参考文献 編集

  • 白石雅彦 編著『ミラーマン大全』円谷プロダクション監修、双葉社、2004年2月20日。ISBN 978-4575296525 

外部リンク 編集