メインメニューを開く
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 大阪市 > 中央区 > 安堂寺町

安堂寺町(あんどうじまち)は、大阪府大阪市中央区町名。現行行政地名は安堂寺町一丁目及び安堂寺町二丁目。

安堂寺町
Cominix
安堂寺町の位置(大阪市内)
安堂寺町
安堂寺町
安堂寺町の位置
安堂寺町の位置(大阪府内)
安堂寺町
安堂寺町
安堂寺町の位置
北緯34度40分35.6秒 東経135度30分58.31秒 / 北緯34.676556度 東経135.5161972度 / 34.676556; 135.5161972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
中央区
面積
 • 合計 0.070836811km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 2,885人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
542-0061[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

地理編集

大阪市中央区の南部に位置する。北は神崎町十二軒町谷町5丁目・龍造寺町、西は松屋町住吉松屋町、東は上町筋を挟んで上町、南は長堀通を挟んで谷町6丁目及び上本町西1丁目にそれぞれ接する。南北に細長い町域を持つ谷町を途中で分断する町でもある。

明治から昭和にかけての文豪・直木三十五の出身地としても知られ、文学碑が建てられている。

歴史編集

現行町名と旧町名で場所が異なる。

現行町名編集

  • 1872年明治5年) 南大組山家屋町(やまかやちょう)、桜町、坂田町、内安堂寺町、播磨町、尾張坂町、丹波屋町の北東部を統合して内安堂寺町通1 - 3丁目に改編。
  • 1879年(明治12年) 南大組が南区となる。
  • 1943年昭和18年) 1丁目の上町筋以東(もと山家屋町)が東区へ転属。
  • 1979年(昭和54年) 東区内安堂寺町通1丁目(もと山家屋町)が上町1丁目の一部となり消滅。
  • 1982年(昭和57年) 安堂寺町1 - 2丁目の現行町名に改編。

旧町名編集

  • 1872年(明治5年) 南大組安堂寺町1 - 5丁目(2丁目は上半・下半に分かれる)、北勘四郎町を統合して安堂寺橋通1 - 4丁目に改編。
  • 1879年(明治12年) 南大組が南区となる。
  • 1982年(昭和57年) 南船場1 - 4丁目の現行町名に改編。

町名の由来編集

日本書紀』に記述されている安曇寺が転訛し、安堂寺と呼ばれるようになったとする説があるが、定かではない。阿曇氏の拠点が上町台地側にあったとも推定される[5]

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
安堂寺町一丁目 357世帯 595人
安堂寺町二丁目 1,423世帯 2,290人
1,780世帯 2,885人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 1,018人 [6]
2000年(平成12年) 1,259人 [7]
2005年(平成17年) 1,559人 [8]
2010年(平成22年) 2,199人 [9]
2015年(平成27年) 2,761人 [10]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 474世帯 [6]
2000年(平成12年) 663世帯 [7]
2005年(平成17年) 895世帯 [8]
2010年(平成22年) 1,353世帯 [9]
2015年(平成27年) 1,640世帯 [10]

施設編集

交通編集

出身者編集

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府大阪市中央区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 安堂寺町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 安堂寺橋”. 大阪市. 2018年9月18日閲覧。
  6. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集