日本 > 愛知県 > 豊田市 > 安実京町

安実京町(あじきょうちょう)は、愛知県豊田市町名

安実京町
安実京町の位置
安実京町の位置
安実京町の位置(愛知県内)
安実京町
安実京町
安実京町の位置
北緯35度7分6.7秒 東経137度19分7.4秒 / 北緯35.118528度 東経137.318722度 / 35.118528; 137.318722
日本の旗 日本
都道府県 愛知県
市町村 豊田市
地区 足助地区
町名制定 2005年平成17年)4月1日
面積
 • 合計 1.13 km2
人口
2019年(令和元年)7月1日現在)[1]
 • 合計 10人
 • 密度 8.8人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
444-2423[2]
市外局番 0565(豊田MA[3]
ナンバープレート 豊田

地理 編集

豊田市の中央部に位置し、足助地区(旧東加茂郡足助町の町域にほぼ相当する)に属する。北は足助町、東は有洞町、南東は山谷町、南は葛沢町、西は東川端町と隣接する。落花生のような形状をした南北に長い町域を持ち、町域北部では矢作川支流の巴川の右岸に沿い、町域南部では巴川支流の神越(かみこし)川が縦貫し、町域の中央部にて2川は合流する。人家は主として2川の合流部付近から北部に及び、巴川右岸の山麓の傾斜地に散在している。

産業は農林業が中心である[4]。また、兼業農家が多数を占める[5]

歴史 編集

沿革 編集

  • 江戸期 - 寛永期の『三河国村々高附』においては「加茂郡あじつきやう村」、天保期の郷帳においては「加茂郡安実京村」という表記が見受けられる[6]
  • 1615年元和元年) - 旗本原田半兵衛(大蔵陣屋)の知行地となる[7]
  • 1869年明治2年) - 重原藩領となる[4]
  • 1871年(明治4年) - 大区小区制施行により、安実京村は第4大区第7小区に所属する[6]
  • 1878年(明治11年) - 郡区町村編制法施行により、加茂郡が東加茂郡と西加茂郡に分割される。これに伴い、安実京村の所属が加茂郡から東加茂郡に変更される[4]
  • 1884年(明治17年)7月 - 戸長役場設置に伴い、安実京村、綾渡村、有洞村、漆原村、大蔵連村、川端村、葛沢村、椿立村、戸中村、東大見村、御内蔵連村、室口村、山ケ谷村、山ノ中立村の14村が同組に組み込まれる[8]
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 市制・町村制施行により、安実京村、綾渡村、有洞村、漆原村、大蔵連村、川端村、葛沢村、椿立村、戸中村、東大見村、御内蔵連村、室口村、山ケ谷村、山ノ中立村の14村が合併して東加茂郡金沢村(かなざわむら)が誕生する[9]。これに伴い、安実京村は金沢村大字安実京に継承される[4]
  • 1906年(明治39年)5月1日 - 金沢村のうち川端・大字戸中を除く10大字が賀茂村(がもむら)に編入される[10][11]。これに伴い、金沢村大字安実京は賀茂村大字安実京に継承される[4]
  • 1955年昭和30年)4月1日 - 賀茂村が足助町に編入される[10]。これに伴い、賀茂村大字安実京は足助町大字安実京に継承される[4]
  • 2005年平成17年)4月1日 - 足助町の豊田市への編入に伴い、住所表示が豊田市安実京町に変更される。

世帯数と人口 編集

2019年(令和元年)7月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
安実京町 6世帯 10人

人口の変遷 編集

国勢調査による人口の推移

2005年(平成17年) 17人 [12]
2010年(平成22年) 17人 [13]
2015年(平成27年) 15人 [14]

学区 編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[15]

番・番地等 小学校 中学校
全域 豊田市立足助小学校 豊田市立足助中学校

施設 編集

  • 賀茂水力発電所

寺社 編集

  • 稲葉神社
旧安実京村村社。巴川左岸すなわち集落の対岸に位置する[7]
「乳観音」と呼ばれる観音堂があり、母乳が出ない女性の参拝に対して霊験が認められるとされる[7]

その他 編集

日本郵便 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c 豊田市の人口 2019年7月1日現在人口 詳細データ - 町別面積・人口・世帯数”. 豊田市 (2019年7月11日). 2019年7月15日閲覧。
  2. ^ a b 安実京町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年7月15日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, pp. 94.
  5. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, pp. 2003.
  6. ^ a b 有限会社平凡社地方資料センター 1981, pp. 1173.
  7. ^ a b c 有限会社平凡社地方資料センター 1981, pp. 917.
  8. ^ 深津重貞 1991, p. 18.
  9. ^ 深津重貞 1991, p. 20.
  10. ^ a b 『豊田加茂7市町村の合併の記録』:21ページ
  11. ^ 深津重貞 1991, p. 22.
  12. ^ 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年3月23日閲覧。
  13. ^ 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年3月23日閲覧。
  14. ^ 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年3月23日閲覧。
  15. ^ 2019年度豊田市立小中学校区一覧表” (PDF). 豊田市 (2019年6月26日). 2019年7月15日閲覧。
  16. ^ 郵便番号簿 2018年度版” (PDF). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献 編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編『角川日本地名大辞典 23 愛知県』角川書店、1989年3月8日。ISBN 4-04-001230-5 
  • 有限会社平凡社地方資料センター 編『日本歴史地名体系第23巻 愛知県の地名』平凡社、1981年。ISBN 4-582-49023-9 
  • 『豊田加茂7市町村の合併の記録』、豊田市、2005年。
  • 深津重貞『豊田加茂の地名』1991年。 

関連項目 編集