メインメニューを開く

富田林市立総合スポーツ公園野球場

富田林市立総合スポーツ公園野球場(とんだばやししりつそうごうスポーツこうえんやきゅうじょう)は、大阪府富田林市富田林市立総合スポーツ公園内にある野球場。愛称は富田林バファローズスタジアム

富田林市立総合スポーツ公園野球場
富田林バファローズスタジアム
富田林バファローズ.jpg
富田林市立総合スポーツ公園野球場の位置(大阪府内)
富田林市立総合スポーツ公園野球場
施設データ
所在地 大阪府富田林市佐備2467-1
富田林市立総合スポーツ公園内)
座標 北緯34度27分19.7秒 東経135度36分42.7秒 / 北緯34.455472度 東経135.611861度 / 34.455472; 135.611861座標: 北緯34度27分19.7秒 東経135度36分42.7秒 / 北緯34.455472度 東経135.611861度 / 34.455472; 135.611861
開場 1994年6月
所有者 富田林市
管理・運用者 オーエンス指定管理者
グラウンド 内野:黒土混合土
外野:天然芝
照明 照明灯 - 4基
照度 - バッテリー間:1338ルクス、内野:933ルクス、内野:530ルクス
使用チーム • 開催試合
なみはや国体
収容能力
2,500人
(メインスタンド:1,000人、芝生スタンド:1,500人)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,280m2
両翼:95 m、中堅:120 m

目次

概要編集

1997年(平成9年)のなみはや国体に先駆けて、1994年(平成6年)6月にオープン。施設は富田林市が所有している。

なみはや国体の軟式野球会場[1]であったが、実際には硬式野球にも対応。国体終了後は、少年・学生による硬式・軟式・ソフトボールの練習や試合で主に使われている。また、2012年からは、オリックス・バファローズが主催するウエスタン・リーグの公式戦を毎年7月に実施している。

施設概要編集

  • メインスタンド 鉄筋コンクリート2階建
    • 事務所、会議室、本部室、放送室、審判控室、ダッグアウト、更衣室、シャワー室等
  • グラウンド面積:13,280m2
  • 両翼:95m、中堅:120m
  • 内野:内野:黒土混合土、外野:天然芝
  • 照明設備:照明 - 4基
    • 照度 - バッテリー間:1338ルクス、内野:933ルクス、内野:530ルクス
  • スコアボード:電光掲示式 - 鉄骨造(幅23.5m、高さ17m)
  • 収容人員:2500人(メインスタンド 1,000人、一・三塁側及び外野:芝生 1,500人)
  • 無料駐車場 - 200台(スポーツ公園全体)

交通アクセス編集

オリックス・バファローズとの関係編集

  • 2013年からの愛称である「富田林バファローズスタジアム」は、富田林市とオリックス・バファローズを保有するオリックス野球クラブ(以下「オリックス球団」と略記)と「スタジアムニックネーム協定」を締結したことで付けられた。日本国内において、プロ野球の本拠地以外の球場に特定の球団の名称が使われたのは、「富田林バファローズスタジアム」が初めてである[2]。ただし、呼称表示義務や契約料(ロイヤルティー)が生じないなどの点で、上記の協定は有償によるネーミングライツの契約と異なる[3]
    • 上記の協定を締結したきっかけは、2012年(平成24年)7月15日日曜日)に、オリックス球団が「富田林市ドリームフェスティバル」のメインイベントとしてウエスタン・リーグ公式戦(対中日ドラゴンズ戦)を主催したことにある(11-3でオリックスが勝利)。この試合は、一・二軍を通じて、当球場では初めてのプロ野球公式戦であった[4]
    • オリックス球団では、スタジアム協定の締結を機に、ウエスタン・リーグ公式戦の主催試合を毎年7月に開催している。2013年(平成25年)からは、富田林市の近隣自治体(河内長野市大阪狭山市太子町河南町千早赤阪村)や、富田林市内および近隣にキャンパスを擁する私立大学(大阪大谷大学大阪芸術大学阪南大学)も公式戦の開催を後援。オリックス球団では、富田林市の西端にある金剛駅南海高野線)や河内長野市の河内長野駅(南海高野線および近鉄長野線)と当球場の入口を結ぶ無料の送迎バスを、開催日に限って臨時で運行させている。以下では、協定締結以降に開かれたウエスタン・リーグ公式戦のカードを記す。
  • オリックスの二軍では、2016年から、大阪府内に練習拠点を置く社会人・大学の硬式野球チーム(パナソニックNTT西日本日本生命大阪ガス関西大学大阪商業大学大阪産業大学)との間でトーナメント形式の「大阪プロ・アマ交流戦」を8月に開催。当スタジアムを一部の試合の会場として使用している。
  • 「富田林バファローズスタジアム」の類似例として、東北楽天ゴールデンイーグルスが「フィールドサポートプログラム」[5]として、東北6県の地方球場(2015年8月時点で18か所)を対象に「楽天イーグルス○○球場」と命名するシステムが実在する。このシステムも、野球の普及を目的とした地域との協力活動の一環であるため、前述のロイヤリティーは発生しない。

脚注編集

  1. ^ 第52回大会の概要日本スポーツ協会ホームページ2014年3月30日閲覧
  2. ^ バファローズスタジアム:市立球場に球団名 大阪・富田林毎日新聞2012年12月11日付配信記事
  3. ^ 愛称は「バファローズスタジアム」大阪・富田林の球場 朝日新聞2012年12月12日付配信記事
  4. ^ 富田林市にて初のウエスタン・リーグ公式戦を開催!オリックスバファローズ2012年5月29日付配信記事
  5. ^ 該当記事

関連項目編集

外部リンク編集