メインメニューを開く

小林 正之(こばやし まさゆき、1947年2月5日 - )は、千葉県市川市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ解説者

小林 正之
千葉商科大学硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市川市
生年月日 (1947-02-05) 1947年2月5日(72歳)
身長
体重
170 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1969年 ドラフト5位
初出場 1971年5月10日
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

経歴編集

日大一高では2年次の1963年に春夏連続で甲子園へ出場。春の選抜は内野の控えにとどまり、2回戦で東田正義元田昌義を擁する御所工に敗退[1]夏の選手権では三塁手として出場し、1回戦で徳島商のエース・三好幸雄に抑えられて大敗を喫する[2]。高校卒業後は千葉商科大学に進学し、千葉県大学リーグでは在学中7度の優勝を飾る。1969年には日本学生野球協会から表彰を受け、同年のドラフト5位で広島東洋カープに入団。2年目の1971年に一軍に昇格し、主に井上弘昭の控えとして起用され、三塁手として17試合に先発出場を果たす。その後は打撃面で伸び悩み、段々と出場機会が減少。コーチ兼任となった1975年限りで現役を引退。

引退後も広島に残って二軍コーチ補佐(1976年 - 1977年)、一軍守備コーチ補佐(1981年)、一軍守備・走塁コーチ(1982年 - 1983年)、一軍打撃コーチ補佐(1984年 - 1985年)、一軍打撃コーチ(1986年)を歴任。古葉竹識監督も一目置く卓越した理論で名を馳せ、主にデータ分析を担当して黄金期を支えた。広島退団後の1987年、監督に就任した古葉の要請で大洋一軍守備・走塁コーチとなり、古葉退任後の1990年は二軍守備・走塁コーチを務めて同年退任。1991年から1992年にはダイエー二軍守備・走塁コーチ、1994年には味全守備コーチ、1996年には阪神一軍外野守備・走塁コーチを務めた。 コーチ業の合間を縫って、TVQ九州放送スポーツ・アイのダイエー戦中継に解説者として出演。その他では古葉が主宰する少年野球教室でも講師を務めた。2010年からは母校の千葉商科大学監督。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集


















































O
P
S
1971 広島 36 68 63 4 10 3 0 0 13 2 0 0 1 0 3 0 1 10 2 .159 .209 .206 .415
1972 35 48 38 6 7 1 0 0 8 2 0 1 4 0 6 1 0 5 1 .184 .295 .211 .506
1973 2 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1974 30 15 13 1 3 1 0 0 4 0 0 0 2 0 0 0 0 3 0 .231 .231 .308 .538
通算:4年 103 134 116 11 20 5 0 0 25 4 0 1 8 0 9 1 1 18 3 .172 .238 .216 .454

背番号編集

  • 36 (1970年 - 1975年途中)
  • 78 (1975年途中 - 1977年)
  • 79 (1981年 - 1990年)
  • 74 (1991年 - 1992年)
  • 88 (1996年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集

外部リンク編集