メインメニューを開く

山口 和彦 (やまぐち かずひこ、1937年2月5日 - ) は、日本映画監督脚本家・テレビドラマの監督。長崎県長崎市出身。

やまぐち かずひこ
山口 和彦
生年月日 (1937-02-05) 1937年2月5日(82歳)
出生地 長崎県長崎市
職業 映画監督脚本家・テレビドラマの監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1966年 -
主な作品
映画
『ずべ公番長シリーズ』 『銀蝶シリーズ』
女必殺拳シリーズ』 『けんか空手シリーズ
子連れ殺人拳
ウルフガイ 燃えろ狼男
サーキットの狼
こちら葛飾区亀有公園前派出所

目次

来歴編集

長崎県立長崎西高等学校を経て、早稲田大学進学。卒業後、東映へ入社。東映東京撮影所に配属され、千葉真一主演映画助監督やテレビドラマの助監督で経験を重ねる。1970年の『ずべ公番長シリーズ』で監督・脚本を始める。シリーズ物としては任侠映画梶芽衣子の『銀蝶シリーズ』、アクション映画では志穂美悦子の『女必殺拳シリーズ』や千葉真一の『けんか空手シリーズ』などを手掛け、東映ポルノを数本撮っている。東映製作のテレビドラマでは『アイフル大作戦』を皮切りに、1984年の『スクール☆ウォーズ』以降は大映テレビでも監督をしている[1]

作品編集

☆は助監督。※は脚本兼。

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ Gメン'75の監督に係わっていた頃から、山口百恵と一緒に仕事がしたいという理由で、春日千春大映テレビのプロデューサーにアプローチをしていたという。実現はしそうだったということだったが、ちょうどその頃に別の映画の仕事が入るなどの事情が絡んだために結局百恵と一緒に仕事をすることはかなわず、大映テレビでの初仕事は『スクール☆ウォーズ』となった[1]
出典
  1. ^ a b 『スクールウォーズ』監督、「イソップは演技が下手」”. 週刊女性 (2015年4月13日). 2017年6月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集