メインメニューを開く
岩下清周

岩下 清周(いわした きよちか、安政4年5月28日1857年6月19日) - 昭和3年(1928年3月19日)は、実業家銀行家としてベンチャー企業への積極的な融資を行った。息子は、カトリック司祭哲学者岩下壮一、清周本人も聖公会に所属したクリスチャンであった。

来歴・人物編集

信濃国松代城下代官町(長野県長野市松代町)に松代藩士の岩下佐源太の次男に生まれるが、ほどなく実父が死去したため、3歳で叔父の岩下章五郎の養子となる。松代藩兵制士官学校を卒業すると上京し[1]慶應義塾を経て[2]1878年明治11年)商法講習所(現:一橋大学)卒業[3]。同所教諭となり、矢野二郎所長門下の秀才と謳われたのち、三井家に入った[4]

1878年明治11年)、三井物産入社、同社パリ支店長等を経て、1888年(明治21年)退社。1889年(明治22年)三井物産創立者である益田孝らと品川電灯を設立、同社社長就任。1891年(明治24年)、三井銀行本店副支配人、1896年(明治29年)、同大阪支店長時代には大阪・関西財界での強力な人脈網を中上川彦次郎に批判され衝突、1893年(明治26年)王子製紙取締役。1897年(明治30年)、三井銀行を退社し、北浜銀行設立。同行常務を経て、1903年(明治36年)から頭取。「日銀幹部ストライキ事件」では、中上川が支援した山本達雄総裁らに反発し、鶴原定吉植村俊平藤尾録郎らの免職された東大出身者らを積極的に住友など関西財界に紹介した[5]

1906年(明治39年)大阪ガス監査役[6]1907年(明治40年)阪神電気鉄道取締役[7]1908年(明治41年)衆議院議員当選。同年箕面有馬電気軌道(現:阪急阪神ホールディングス)初代社長[8]西成鉄道社長、電気信託会長等も務めた。大軌では生駒トンネル建設案を出し、実現させている。他にも大林組の設立、南満州鉄道副総裁。豊田佐吉豊田式自動織機の支援等にもかかわる[9]

1910年(明治43年)営口水道電気設立、同社社長[1]森永商店相談役[10]武蔵電気鉄道取締役[11]鬼怒川水力電気取締役[12]1911年(明治44年)帝国商業銀行取締役[1]1912年(明治45年)東京横浜電鉄取締役[13]1913年(明治46年)大阪電気軌道(大軌、現:近畿日本鉄道)第2代社長[14]1914年大正3年)、大林組や大軌などの営業不振による債務焦付きで、北浜銀行が破綻し逮捕された。同年経営破綻した鈴木藤三郎の鈴木農場を不二農園と改称して、お茶工場の設立などを行って経営再建にあたった[15]

1915年(大正4年)背任罪等で起訴される[1]1920年(大正9年)には不二農園労働者のために、温情舎小学校(現:不二聖心女子学院中学校・高等学校)を設立し、初代理事長に長男岩下壮一神父を据えた[16]1924年(大正13年)には懲役3年の判決が言い渡され収監されたが、10ヶ月後に恩赦で出獄し[4]、晩年は富士山麓で不二農園の運営に従事した[9][1]

栄典編集

家族編集

  • 父:岩下左源太 - 松代藩士[18]
  • 養父:岩下章五郎[18]
  • 妻:幽香子 - 松代藩士・弥津繁人四女、渡辺養女。
  • 妾(氏名不詳)

脚注編集

  1. ^ a b c d e 黒羽雅子企業勃興を牽引した冒険的銀行家 ―松本重太郎と岩下清周法政大学イノベーションマネジメントセンター
  2. ^ 「岩下清周」『日本近現代人物履歴事典』(東京大学出版会、2002年)
  3. ^ 「岩下 清周(読み)イワシタ セイシュウ」20世紀日本人名事典の解説
  4. ^ a b 岩下清周 (男性)人事興信録データベース第8版 [昭和3(1928)年7月](名古屋大学大学院法学研究科
  5. ^ 岩下清周 いわした きよちか国立国会図書館
  6. ^ 大阪瓦斯(株)『大阪瓦斯五十年史』(1955.10)渋沢社史データベース
  7. ^ 阪神電気鉄道(株)『輸送奉仕の五十年』(1955.04)渋沢社史データベース
  8. ^ 「京阪神急行電鉄(株)『京阪神急行電鉄五十年史』(1959.06)」
  9. ^ a b ふるさと松代人物館信州松代観光協会
  10. ^ 森永製菓(株)『森永五十五年史』(1954.12)
  11. ^ 東京横浜電鉄(株)『東京横浜電鉄沿革史』(1943.03)
  12. ^ 小田急電鉄(株)『小田急五十年史』(1980.12)渋沢社史データベース
  13. ^ 東京横浜電鉄(株)『東京横浜電鉄沿革史』(1943.03)
  14. ^ 近畿日本鉄道(株)『50年のあゆみ』(1960.09)渋沢社史データベース
  15. ^ 「不二農園100周年」不二聖心女子学院 中学校・高等学校
  16. ^ 学院の歴史 不二聖心女子学院 中学校・高等学校
  17. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  18. ^ a b 『人間の分際 神父・岩下壮一』P.44
  19. ^ 『人間の分際 神父・岩下壮一』P.194
  20. ^ 『人間の分際 神父・岩下壮一』P.105、135

参考文献編集

  • 新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ、79頁)
  • 『長野県歴史人物大事典』(1989年、編集・発行 - 郷土出版社)
  • 『岩下神父の生涯』(1961年、小林珍雄著 発行 - 中央出版社(現・サンパウロ)(1988年、伝記叢書25 発行 - 大空社))
  • 『人間の分際 神父・岩下壮一』 (1996年、小坂井澄著 発行 - 聖母の騎士社)

外部リンク編集


先代:
初代
箕面有馬電気軌道
(現:阪急阪神ホールディングス)社長
初代:1908年 - 1915年
次代:
平賀敏
先代:
廣岡惠三
大阪電気軌道
(現:近畿日本鉄道)社長
第2代:1913年 - 1914年
次代:
大槻龍治