メインメニューを開く

岸 洋佑(きし ようすけ、1993年7月2日[1][2] - )は、日本歌手俳優神奈川県横浜市出身[1][2]。所属事務所は要堂[1]ケイダッシュと業務提携している。身長182cm[3]

岸 洋佑
生誕 (1993-07-02) 1993年7月2日(25歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
学歴 早稲田大学卒業
ジャンル J-POP
職業 歌手
俳優
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2011年 -
レーベル 日本コロムビア(2018年 - )
事務所 LDH(2011年 - 2014年)
要堂(2016年 - )
公式サイト http://kishiyosuke.jp

目次

略歴編集

2009年、友だちとカラオケに行き『歌スタ!!』のオーディションを受け、番組に出たことで芸能界を意識し始めた[4][2]

2010年、LDH主催のオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2」に参加しファイナリストとなるも落選[5][1][2]。しかし、これをきっかけにLDHに所属[2]

2011年、作曲家のマシコタツロウプロデュースのもと、音楽活動を開始する。

2014年、所属していたLDHを辞め、就職しサラリーマンとなる[4]

2016年12月1日、要堂への所属及びケイダッシュとの業務提携を発表[6]

2017年2月、特撮テレビドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』にて初めてテレビドラマにレギュラー出演する[1][2]

2017年3月、5年掛けて早稲田大学を卒業[7]

2018年12月5日、ミニアルバム『走りたいわけじゃない』でメジャーデビュー。

人物編集

一度芸能界を辞めた理由は、芸能界しか知らないことに不安を感じ、現実味のある仕事をしようと考えたからであった[2]。会社員時代に得たこととして「ちゃんとやればそれだけの成果がついてくる」「わからないことはちゃんと聞く」「やりたいことは整理して伝える」などを挙げている[2]。会社員時代も音楽活動は続けており、大学卒業にさしかかったことともあり本当にやりたいことを考えた結果、再び芸能界を行うことを志した[2]。会社側から「ダメだったらいつでも戻ってくればいい」と言われたことも後押しとなった[2]

宇宙戦隊キュウレンジャー』のクランクインは大学の卒業論文の執筆と重なっていたが、岸の出番は第3話からであったため卒論を完成させてから参加することが出来た[2]。これについて岸は「不思議な巡り合わせ」と述べており、もし第1話からの出演であったら卒業できていなかっただろうと述べている[2]

『キュウレンジャー』で共演した岐洲匠は、岸についてコミュニケーション能力が高く、チームのまとめ役であったと評している[8]。同作メイン監督の貴行も、岸は人懐っこくスタッフともよく話していたと述べている[9]

俳優の元木聖也とは高校時代の同級生である[2]

作品編集

シングル編集

発売日 タイトル
インディーズ
1 2016年7月2日 夏、キミ。/ 笑って

ミニアルバム編集

発売日 タイトル
インディーズ
1 2015年11月23日 YOU
メジャー
1 2018年12月5日 走りたいわけじゃない

参加作品編集

  • ミストマン「STORY / 女神サマー」(2016年8月3日)
  • スティンガー / サソリオレンジ「ミニアルバム 宇宙戦隊キュウレンジャー2」(2017年6月28日)
  • スティンガー / サソリオレンジ「宇宙戦隊キュウレンジャー ミニアルバム3 Episode of スティンガー」(2017年10月25日)

出演編集

テレビドラマ編集

テレビ番組編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

ネットドラマ編集

  • from Episode of スティンガー 宇宙戦隊キュウレンジャー ハイスクールウォーズ(2017年9月9日 - 10月15日、東映特撮ファンクラブ) - スティンガー / サソリオレンジ(声)

舞台編集

  • 劇団EXILE公演「あたっくNo.1」(2013年8月 - 9月)

ドラマCD編集

  • 宇宙戦隊キュウレンジャー サウンドスター2 ソングコレクション スーパースペースヒットチャンネル!(2017年) - スティンガー / サソリオレンジ 役

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「[座談会]岐洲匠×岸洋佑×山崎大輝×大久保桜子×榊原徹士」『宇宙船』vol.156(SPRING 2017.春)、ホビージャパン、2017年4月1日、 60-61頁、 ISBN 978-4-7986-1434-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m キュウレンジャー公式完全読本 2018, pp. 6-9, 「KYURANGER MAIN CAST INTERVIEW 02 岸洋佑」
  3. ^ http://kishiyosuke.jp/
  4. ^ a b “「キュウレンジャー」“スティンガー”岸洋佑、1年前は敏腕営業マンだった…“歌手兼俳優”としての決意 プライベートに迫るQ&Aも<インタビュー後編>”. モデルプレス. (2017年9月13日). http://mdpr.jp/interview/detail/1713908 2017年9月13日閲覧。 
  5. ^ “スーパー戦隊シリーズ初の9人組『宇宙戦隊キュウレンジャー』2・12放送開始”. ORICON STYLE. (2016年12月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2083618/full/ 2016年12月26日閲覧。 
  6. ^ 岸 洋佑 Twitter. 2016年12月1日閲覧。
  7. ^ “この支配からの卒業。と7話。”. 岸洋佑オフィシャルブログ Powered by Ameba. (2017年3月28日). http://ameblo.jp/kishi-yosuke/entry-12260316377.html 2017年3月28日閲覧。 
  8. ^ 「SPECIAL INTERVIEW VOL.17 岐洲匠」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.17 宇宙戦隊キュウレンジャー』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年2月23日、22-23頁。ISBN 978-4-06-509617-8
  9. ^ キュウレンジャー公式完全読本 2018, pp. 48-50, 「KYURANGER MAIN DIRECTOR INTERVIEW 貴行
  10. ^ “シリーズ初、歴代スーパー戦隊の選抜メンバーによるドリームチーム結成”. ORICON NEWS. (2018年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2125995/full/ 2018年12月21日閲覧。 
  11. ^ “「キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」誕生、ギャバン&シャイダーが登場”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月4日). https://natalie.mu/eiga/news/268053 2018年2月4日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集