メインメニューを開く

概要編集

従来の学問の枠組みにとらわれず、自然科学人文科学社会科学に渡る学際的、領域横断的なアプローチで、今日の世界が抱える課題を解決できる人間を育成するという理念のもと発足した、文理融合型の学部である(同様の理念から設置された学部には、大阪大学人間科学部京都大学総合人間学部などがある)。早稲田大学人間科学部は現在、人間環境科学科、健康福祉科学科、人間情報科学科の3つの学科に分かれており、受験時にどの学科へ進学するのかを選択する(なお、人間科学部では、文系型入試と理系型入試を導入している)。ただし入学後、2年次に転科試験を受けることが可能である。

学科の枠を超えて専門科目を履修することができ、3年次には専門ゼミ、4年次には卒業研究ゼミに所属することで、専門性を高めていくことが可能である(ゼミは必修である)。また早稲田大学では唯一、通信教育課程を設置している学部である(早稲田大学人間科学部eスクール)。4年間、スポーツ科学部とともに早稲田大学所沢キャンパスで過ごす。なお、早稲田大学大学院人間科学研究科は臨床心理士一種指定校大学院になっている。

人間科学部が創設された1987年度から2002年度まで、早稲田大学人間科学部には、人間基礎科学科、人間健康科学科、スポーツ科学科の3つの学科が存在したが、2003年度以降は現在の人間環境科学科、健康福祉科学科、人間情報科学科の3学科による構成となり、スポーツ科学科は早稲田大学スポーツ科学部として独立した。また同年度に、人間科学部に通信教育課程が設置された。

学科編集

学科区分の現状編集

所属学科に関係なく講義を履修することができ、ゼミ選考においても2017年度より学科枠制度が廃止されたため、大学受験時における学科選択の意義には疑問が呈されている[1]

2003年度以降の学科編集

2003年度以降、学科は人間環境科学科・健康福祉科学科・人間情報科学科の3つがある。

人間環境科学科編集

環境生態学や環境管理学などの生物・環境系、都市社会学や社会人類学などの社会系、文化人類学や異文化間教育学などの文化系、環境心理学や動機付け心理学などの心理・行動系の4つ学系から成る。

健康福祉科学科編集

生体構造学や生体機能学などの健康福祉医科学系、健康福祉支援工学や健康福祉バイオメカニクスなどの健康福祉理工学系、健康福祉行政や高齢者福祉などの健康福祉科学系、健康福祉医療政策や福祉教育などの福祉医療科学系、カウンセリングや臨床心理アセスメント学などの臨床心理学系の5つの学系から成る。

人間情報科学科編集

情報システム学や計算機科学などの情報科学系、認知心理学や生体情報工学などの認知科学系、安全人間工学やヒューマン・インターフェースなどの人間工学系、教育実践学やインストラクショナル・デザインなどの教育工学系、応用言語学や教育・メディアコミュニケーション研究などのコミュニケーション学系の5つの学系から成る。

主な卒業生・在校生編集

大学教員・研究者編集


作家・脚本家・歌手・作曲家編集

俳優・女優・タレント編集

漫画家編集

スポーツ関係編集

マスメディア関係編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 藤田悠登『高校やめたら早稲田受かった』合格体験編集会、デザインエッグ社、2017年、135-137頁。

外部リンク編集