メインメニューを開く

人物・来歴編集

2005年、幼稚園年長の頃、TBS系列バラエティ特番さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル』に出演。Charとギターセッションし、一躍注目を浴びる存在になる。その後、視聴者からのリクエストが殺到し、同番組のレギュラー番組『さんまのSUPERからくりTV』内に「からくり熱中少年物語」というコーナーが設けられ、継続で出演するようになる。

2007年に山岸がリーダーを務める竜之介バンド(現在は活動休止中)を結成。個人の活動としては学業と両立しながら、Charを始め、様々なアーティストとライブやイベントで共演する。

2011年together band(現在は解散)を結成する。

2013年LIFE IS GROOVEのメンバーとなる。

2016年11月、ザムザ阿佐谷で開催された新感覚音楽劇『星空ロック』で演技初挑戦、舞台初主演を果たした[1]

2017年5月、山岸が全楽曲の作詞作曲編曲を、草間敬ミキシングを手掛けた、自主制作1stシングル「山岸竜之介 1st CD」を発売した。

2018年6月、作詞・作曲・編曲に加え、ミキシングも山岸が手掛けた自主制作2ndシングル「日常」を発売。同月にソロ初のライブツアー『山岸竜之介 1st ツアー "快進撃”』が大阪と東京で敢行された。

2019年1月、アメリカ カリフォルニア州 ロスアンゼルスの近郊都市 アナハイムで行われた、NAMM Show 2019にFenderのアーティストとして参加。現地から日本へ向けた即出しレポートをデジマートと展開。ステージで行われた演奏も、Fender公式instagramにて動画が公開されている。

使用機材編集

マイクロフォン編集

宅録で使用されるコンデンサーマイク[2]

エレクトリックギター編集

  • SLIP GUITARS Storatcaster Model
最も使用頻度の高いフェンダー・ストラトキャスタータイプのモデル。
  • NAKAGAWA GUITARS DRAGON MASTER
フェンダー・ジャズマスタータイプのオリジナルモデル。
  • NAKAGAWA GUITARS DRAGON BURST
ギブソン・レスポールタイプのオリジナルモデル[3]
  • NAKAGAWA GUITARS DRAGON CASTER
フェンダー・テレキャスタータイプのオリジナルモデル。
2018年より使用している。

ディスコグラフィ編集

山岸竜之介のディスコグラフィ
リリースリスト
自主制作シングル 2
自主制作ミニアルバム 1

自主制作シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲
1st 2017年5月7日 山岸竜之介 1st CD CD RYU-001 1. 君の目を見つめて
2. It’s gonna be alright
3. 太陽より月になりたい
2nd 2018年6月2日 日常 CD RYU-0515 1. 日常
2. 雑草
3. 光闇

ライブ編集

サポートメンバー編集

人名 パート 在籍期間
藤田圭祐 ベース 2016年 - 2018年
KenT ドラムス 2015年 -

公演一覧編集

日程 種別 タイトル 会場・備考
2018年6月13日 - 6月29日 コンサートツアー 山岸竜之介 1st ツアー "快進撃”

初のライブツアー。全公演対バン形式であり、大阪公演にはリアクション ザ ブッタ、東京公演には​Lucie,Tooが参加した。

2018年11月18日 - 11月28日 コンサートツアー 快進撃 Vol.2 初ワンマンツアー

2018年2度目のライブツアー。前回とは異なり、全公演ワンマン形式で敢行される。

共演アーティスト編集

  • Char
  • 鮎川誠
  • ichiro
  • オリアンティ
  • 金子マリ
  • 桑名正博
  • 原田喧太
  • 西山毅
  • 三宅伸治
  • 下畑(Rio)良介
  • kenken(RIZE)
  • 鮫島秀樹
  • 中村達也
  • ジョニー吉長
  • 中村獅童
  • 武藤昭平
  • ウエノコウジ
  • ezra brown
  • 奥田民生
  • Chilolin
  • ムッシュかまやつ
  • 細美武士(the HIATUS)
  • TERU(GLAY)
  • Chara
  • 金子ノブアキ
  • 打首獄門同好会
  • GUN WOO(MYNAME)
  • 小曽根 真

影響を受けたミュージシャン編集

  • ジミ・ヘンドリックス
  • ジョニーウィンター
  • リンプビズキット
  • UVERworld
  • ONE OK ROCK
  • クリス・ブラウン
  • 清水翔太
  • RADWIMPS

出演メディア編集

舞台編集

脚注編集

  1. ^ “舞台版「星空ロック」にLIFE IS GROOVE・山岸竜之介、新垣里沙、平牧仁”. ステージナタリー. (2016年9月23日). http://natalie.mu/stage/news/202887 2016年9月26日閲覧。 
  2. ^ 機材紹介”. 山岸竜之介のブログ. 2018年5月26日閲覧。
  3. ^ ドラゴンバースト”. 山岸竜之介のブログ. 2018年5月26日閲覧。

外部リンク編集