川崎市立東橘中学校

川崎市立東橘中学校(かわさきしりつ ひがしたちばなちゅうがっこう)は、神奈川県川崎市高津区子母口にある公立中学校。通称は「東中」(とうちゅう)。

川崎市立東橘中学校
国公私立 公立学校
併合学校 川崎市立子母口小学校(予定)
設立年月日 1968年4月1日
創立記念日 11月22日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 213-0023
神奈川県川崎市高津区子母口321
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

行事編集

  • 4月 - 始業式・入学式・対面式/仮入部開始
  • 5月 - 本入部開始/体育祭
  • 6月 - 前期中間テスト/校外学習(1年)/修学旅行(3年)/土曜参観
  • 7月 - 教育相談週間/学習相談・アドバイス週間
  • 8月 - リーダー研修会/総合的な学習の時間まとめ取り
    (1年:福祉体験/2年:職業体験/3年平和学習講習会)
  • 9月 - 前期期末テスト
  • 10月 - 三者面談(1/2年)/進路相談(3年)/前期終業式/後期始業式/
    文化祭(ふれあい体験/ふれあいバザー/合唱コンクール)
  • 11月 - 進路三者面談(3年)/川崎市診断テスト/後期中間テスト
  • 12月 - 進路三者面談(3年)/地域清掃ボランティア
  • 1月 - ふれあいコンサート
  • 2月 - 後期期末テスト/自然教室(1年)
  • 3月 - 東中オリンピック/卒業遠足(3年)/三者面談(1/2年)/
    卒業式/修了式・離退任式
  • 定期テスト開始日前(中間は5日前、期末は3日前)から部活動停止期間(期間中もしくは期間後すぐ大会がある部活動を除く)

歴史編集

今後の予定編集

  • 隣接している川崎市立子母口小学校の児童数が川崎市No.1になるほど急激な増加で校舎が不足する事態となり、当初は高津区蟹ヶ谷の市営四方嶺(よものみね)住宅跡地に「蟹ヶ谷小学校(仮称)」として分離新設し、蟹ヶ谷地区の児童を通学させようと試みたが、跡地まで重機が通行不可に近い状態や道路の拡張工事を行ったり、国との協議状況から開校は、計画上2018年以降となってしまった。
  • 到底間に合わないと判断した市は2010年に施設の老朽化や整備が遅れている本校との小中9年間にわたる良好な教育環境の確保するため合築とする計画に方針変更した。
  • 市営四方嶺住宅跡地を利用し、学校が建築段階に移ったときのために仮設校舎を建設する予定である。
  • 小学校側に校舎、中学校側に校庭が建築されるため体育館、武道場、プールを残し、既存校舎をすべて取り壊す予定である。
  • 合築後は小中一貫校として小中一貫教育になるが、本校には久末小学校の卒業生が入学するため、本校と子母口小学校、久末小学校との3校提携を行い、中学校または小学校教諭が久末小学校へ出向き教育する方法を2011年度から開始した。
  • 本計画のモデル校は川崎市麻生区にある川崎市立はるひ野小中学校(2008年4月開校)である。
  • 2010年 - 2011年
    • 合築計画基本構想
  • 2011年 - 2013年
    • 基本設計・実施設計
    • 市営四方嶺住宅跡地 子母口小学校仮設校舎設置工事
  • 2013年 - 2015年
    • 既存子母口小学校校舎解体工事
    • 合築校舎改築工事
    • 子母口小学校仮設校舎にて学校運営開始
  • 2015年 -
    • 合築校舎供用開始
    • 既存東橘中学校校舎解体工事・外構工事

著名な卒業生編集

脚注編集

  1. ^ TBSテレビ中居正広の金曜日のスマたちへで、中学時代の写真を公開した際に、本校の体操着を着用している様子が放送されている。


関連項目編集

外部リンク編集