平井三郎

平井 三郎(ひらい さぶろう、旧姓:生田、1923年9月4日 - 1969年7月23日)は、徳島県徳島市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ

平井 三郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市
生年月日 1923年9月4日
没年月日 (1969-07-23) 1969年7月23日(満45歳没)
身長
体重
167 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1948年
初出場 1948年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

徳島商業学校では1939年から1940年にかけて、甲子園に春夏通じて3度出場。同級生に蔦文也がいる。

明治大学からノンプロ全徳島を経て、1948年阪急ブレーブスへ入団。阪急ではすぐに遊撃手のレギュラーとなり、打率.279(打撃成績14位)はチームトップであった。1950年にセ・パ両リーグが分立すると、宇高勲の引き抜きにより宮崎剛日比野武永利勇吉とともに新設球団の西日本パイレーツへ移籍する[1]。西日本でも1番打者・遊撃手として打率.309(リーグ11位)を挙げる[2]

しかし、同年オフに西日本は西鉄クリッパースと合併することとなったが、西日本の主力選手であった日比野武・南村不可止とともに西鉄と読売ジャイアンツとの選手争奪戦に巻き込まれる[3]。2リーグ分裂時に戦前からの正遊撃手であった白石敏男広島カープに譲渡し、後釜として三塁手山川喜作をコンバートしたものの穴は埋められず、遊撃手が弱点となっていた巨人はどうしても平井の獲得が必要な状況であった[2]。西鉄の西亦次郎は宇高勲とともに3選手を東京の宿泊施設に缶詰にしたのち、一緒に福岡へ連れ戻そうとするが、混雑する東京駅で平井は一行とはぐれ巨人側に連れ去られてしまったという[3]。結局、平井・南村は巨人へ、日比野は西鉄へ移籍することになった。

1951年から1953年まで正遊撃手を務めて、千葉茂との二遊間コンビを結成し守備の要となり、巨人の3年連続日本一に大きく貢献した[2]。平井自身も3年連続でベストナインのタイトルを獲得するとともに、オールスターゲームにも出場した。また、平井正明から平井三郎に改名した1953年には、1番打者を務めて打率.291で打撃成績10位に入り、リーグトップの97得点を記録している。なお、1953年3月にアメリカサンタマリアで行った、サンフランシスコ・ジャイアンツとのオープン戦ではサヨナラ本塁打を打ち、日本プロ野球の単独チームによるメジャーリーグに対する初白星をもたらせている[2]1954年広岡達朗が入団すると出場機会が減り、1956年以降は遊撃手のポジションを広岡に譲って二塁手に回るが、1957年心臓弁膜症を患って引退した。

1959年近鉄バファローの監督に就任した千葉茂に誘われ内野コーチに就任。1961年限りで千葉茂とともに近鉄を退団。1962年阪神タイガーススカウトとして辻恭彦などを入団させる。翌1963年から2年間阪神のコーチを務め、1965年には再びスカウトに戻る。阪神退団後は名古屋市で現役時代の背番号に因んで喫茶店「エイト」を経営。1969年死去。満45歳没。

1976年当時、水原茂は巨人軍の歴代ベストナインの遊撃手に平井を推している。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1948 阪急 123 487 458 51 128 24 9 2 176 43 26 7 0 -- 26 -- 1 16 -- .279 .320 .384 .704
1949 120 528 476 69 132 18 11 6 190 43 18 19 3 -- 46 -- 3 26 -- .277 .345 .399 .744
1950 西日本 103 476 437 76 135 15 3 13 195 56 28 9 2 -- 37 -- 0 27 8 .309 .363 .446 .809
1951 巨人 112 511 471 80 132 20 7 7 187 63 27 10 8 -- 31 -- 1 28 10 .280 .326 .397 .723
1952 120 489 427 63 118 19 6 4 161 52 21 7 15 -- 44 -- 3 26 4 .276 .348 .377 .725
1953 120 533 471 97 137 23 4 11 201 65 21 12 5 -- 55 -- 2 27 9 .291 .367 .427 .794
1954 79 226 206 21 52 9 4 0 69 21 8 1 3 1 15 -- 1 20 4 .252 .306 .335 .641
1955 111 410 353 47 99 17 0 5 131 32 14 10 24 3 27 0 2 35 3 .280 .335 .371 .706
1956 93 278 232 30 51 8 2 3 72 29 5 5 18 1 26 0 1 20 6 .220 .301 .310 .612
1957 28 41 35 5 4 0 1 0 6 4 0 0 3 0 3 0 0 7 1 .114 .184 .171 .356
通算:10年 1009 3979 3566 539 988 153 47 51 1388 408 168 80 81 5 310 0 14 232 45 .277 .337 .389 .727
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 8 (1948年 - 1957年)
  • 11 (1959年)
  • 1 (1960年 - 1961年)
  • 67 (1963年 - 1964年)

登録名編集

  • 平井 正明 (ひらい まさあき、1948年 - 1952年)
  • 平井 三郎 (ひらい さぶろう、1953年 - 1964年)

脚注編集

  1. ^ 『日本プロ野球トレード大鑑』74頁
  2. ^ a b c d 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』202頁
  3. ^ a b 『日本プロ野球トレード大鑑』76頁

参考文献編集

  • 巨人軍5000勝の記憶読売新聞社ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。 p.22〜日本プロ野球初の完全試合を喫した西日本の1番打者として出場、p.36 3年連続ベストナイン、広岡のポジション定着
  • 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年
  • 『日本プロ野球トレード大鑑』ベースボールマガジン社、2001年
  • 坂本邦夫『プロ野球データ事典』PHP研究所、2001年

関連項目編集