林 義一(はやし ぎいち、1920年2月1日 - 2008年1月17日)は、徳島県徳島市常三島出身のプロ野球選手投手)・コーチ監督解説者評論家

林 義一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市常三島
生年月日 (1920-02-01) 1920年2月1日
没年月日 (2008-01-17) 2008年1月17日(87歳没)
身長
体重
173 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1949年
初出場 1949年11月7日
最終出場 1958年4月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

パ・リーグ初のノーヒットノーラン達成者。

経歴編集

徳島商業時代は1年生からマウンドに上がり、楠安夫高松商)・千葉茂松山商)と並ぶ「四国のビッグ3」と称され、1935年春の選抜に徳島県勢として初めて出場[1]岐阜商との2回戦に捕手として出場し、7回からマウンドに上がるも大敗。2年後の1937年にエース・4番打者として春夏出場を果たし、選抜では準決勝まで進んだ[1]。当時の徳商は後に「徳島県高校野球育ての親」と言われる稲原幸雄監督が率いており、猛練習で有名であったが、練習見学で恐れをなした後輩の蔦文也は1年目のみテニス部に入る[2]。卒業後は1938年明治大学へ進学し、藤本英雄とチームメイトになったほか、後輩には甲子園で投げ合った嶋清一がいた。大学卒業後は大王製紙を経て、恩師の稲原が監督を務める地元のノンプロチーム「全徳島」に入り、エースと4番を務める。1946年1947年と2年連続で都市対抗に出場し、1947年には全大阪との3位決定戦で別当薫と投げ合ったが、敗戦投手となった。当時はプロ化の動きもあったほど人気のあったチームで、メンバーには平井三郎・蔦らがいた。

徳商→明大→全徳島といずれも全盛時代に中心選手で主要投手であり、1949年秋に大映スターズへ入団。11月7日南海戦(宇治山田)で初先発・初勝利を記録し、同13日中日戦(桐生新川)では服部受弘から初安打を放った。アマチュア時代は上手投げを多投していたが、プロ入り後は右の横手投げ・技巧派に転向し、サイドからの外へ逃げる変化球で勝負するタイプであった[3]豊田泰光曰く「ブーメランのように投げた方に戻っていく」カーブを武器に[4]、2年目の1950年からはエースとして活躍。同年5月29日近鉄戦(後楽園)では黒尾重明から初本塁打を放った。5年連続開幕投手を務め、3年目の1951年には第1回オールスターゲームに選出され、7月8日の第3戦(後楽園)では4番手のリリーフで登板してMVPを獲得。同年11月13日には岡山県野球場こけら落しとなった日米野球第4戦に全パの4番手で登板し、8回2死一、二塁のピンチでこのシリーズ打率.358・3本塁打の成績を残した5番・左翼手ディノ・レステリパイレーツ)を遊飛に打ち取り、9回も1安打に抑えて日本の1勝目に貢献[5]1952年4月27日阪急戦(高崎城南)では、パ・リーグ初のノーヒットノーランを達成。ボール半個分という微妙な判定による[6]1四球のみの準完全試合であった。1953年8月29日西鉄戦(平和台)では、中西太に推定160m以上と言われる本塁打を打たれている。1954年は8勝20敗に終わり、2桁勝利が4年連続でストップ。この年はチームも最下位に終わったが、1955年には復活して自己最高の19勝をマーク。1956年からはコーチ兼任となり、三浦方義太田正男後藤修を指導。三浦には左の踏み込みについて欠点を指摘し[7]、フォームを修正した三浦は巨人時代4シーズン0勝から一気に飛躍して29勝14敗、防御率1.77(リーグ5位)の好成績で最多勝のタイトルを獲得し、それまでのパ・リーグのシーズン勝利記録を更新した[8]。太田も先発陣に加わり、後藤も三浦に次ぐ6勝でキャリアハイの成績をマーク。自身は4勝12敗と過去最低の成績に終わり、同年に自由契約。1957年に大映時代の監督・藤本定義率いる阪急ブレーブスへ移籍し、6月19日の古巣・大映戦(西宮)で移籍後初勝利を挙げる。この年は4勝中2勝が東映戦で挙げたものであり、いずれも敗戦投手は米川泰夫であった。1958年4月20日の東映戦(駒沢)を最後に登板が無くなり、同年限りで現役を引退。

引退後は近鉄の一軍投手コーチ(1959年 - 1960年)→一軍チーフコーチ(1961年)を務め、1959年には病気で療養した監督の千葉に代わってチームを指揮。7月には2度の9連敗を喫し、2勝19敗と大きく負け越して最下位から抜け出せなかったが[9]、同年オフには地元の後輩である板東里視大久保計雄大野守を熱心に勧誘して入団させた。1961年には36勝103敗と最下位を独走したが、新人王徳久利明を送り出した。退団後はサンケイ新聞東京本社運動部記者(1962年 - 1963年)を務めたが、大学の先輩で当時評論家であった中沢不二雄に職探しの相談をしたところ、中沢が国鉄スワローズ水野成夫オーナーに投手コーチに採用してもらえないかと依頼。水野が「中沢さんが推薦するほどの人ならいっそのこと監督になってもらおう」といい、1964年、国鉄の監督に就任。1年目はいきなり前年16勝12敗と勝ち越した巨人に開幕3連敗をしてしまい、後半戦に入るとエース・金田正一との対立が表面化。3位進出を賭けた8月8日からの広島戦(広島市民)では登板拒否され[10]、チームも11連敗を喫してAクラス争いから脱落、5位に終わった。前年14勝の渋谷誠司が精彩を欠き、前年まで4年連続2桁勝利の村田元一は故障に泣くなど準エースが期待に応えられなかったが、それでも富士鉄室蘭からプロ入りした佐藤進が10勝、鎌倉学園高を卒業した半沢士郎は8勝と、ルーキーが健闘したのは大きな収穫であった[11]。打線は徳武定之と豊田の3、4番コンビに、中日から移籍の小淵泰輔が加わった[11]。西鉄時代は日本シリーズにも2度出場しながら、中日では出番に恵まれなかった小淵は、新天地で水を得た魚のように活躍[11]。リーグ5位の打率.306、15本塁打、48打点と、いずれもキャリアハイの成績を残した[11]。正捕手の根来広光4月15日18日にかけて、当時のセ・リーグ記録に並ぶ8打席連続安打をマーク[11]。金田は同年オフに10年選手の特権を行使し、巨人へ移籍する。金田は「林なんてヤツの顔は見とうない」と爆弾発言したこともあったが、この話には伏線があり、球団に経営参加していたサンケイの権限が増し、信頼していた北原広男球団代表が退陣したことについての不信感と怒りがあった[12]。国鉄側は林監督の更迭と飯田徳治コーチの監督就任を主張したが、サンケイ側は林留任を主張したため留任。2年目の1965年は開幕から6連敗し、4月23日にサンケイによる経営へ一本化されたが、林は4日後の同27日に退任。その後は2度目のサンケイ新聞東京本社運動部記者(1966年 - 1967年)を経て、恩師・藤本の招聘で阪神タイガース一軍投手コーチ(1968年)を務める。まだストレートしか投げられなかった江夏豊に「ゴムまりの天井投げ」でカーブを伝授したほか、砲丸投げで学んだ「担ぎ投げ」の投球フォームを改良し、外角低めストレートでの勝負もアドバイス。阪神退団後はNETテレビ→テレビ朝日ゴールデンナイター」・千葉テレビCTCダイナミックナイター」(1971年)解説者と東京スポーツ評論家(1969年 - 1980年)を経て、西武ライオンズ二軍バッテリーコーチ(1981年)→二軍投手コーチ(1982年 - 1983年)を務めた。在任中はオーバースローに戻していた小林誠二を再びサイドスローに戻し[13]柴田保光に「雨の中で傘をクルッと回すと、雨の滴が少し遅れて傘のあとをついていくでしょう。」と手の使い方を教えた[14]

2008年1月17日、心不全のため、東京都北区の病院で死去。87歳没。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1949 大映 4 2 2 0 0 1 1 -- -- .500 105 25.0 25 2 4 -- 0 10 0 0 11 9 3.24 1.16
1950 42 27 20 5 1 18 11 -- -- .621 1047 254.2 214 16 88 -- 6 158 0 1 89 68 2.40 1.19
1951 34 25 23 2 5 12 11 -- -- .522 1033 255.0 222 16 62 -- 3 95 0 1 88 72 2.54 1.11
1952 40 29 20 3 0 15 15 -- -- .500 1097 269.2 249 17 59 -- 4 72 3 0 113 89 2.97 1.14
1953 36 30 26 2 5 17 11 -- -- .607 1133 283.2 260 13 42 -- 3 90 0 0 97 84 2.66 1.06
1954 38 25 21 0 2 8 20 -- -- .286 1014 248.0 246 5 55 -- 2 89 2 0 91 80 2.90 1.21
1955 42 25 19 6 4 19 15 -- -- .559 1096 278.0 239 10 48 4 6 91 3 0 89 73 2.36 1.03
1956 23 10 6 0 1 4 12 -- -- .250 466 109.1 111 3 17 2 4 40 0 0 57 35 2.86 1.17
1957 阪急 21 7 1 0 1 4 2 -- -- .667 250 59.2 66 4 7 0 1 22 1 0 31 18 2.70 1.22
1958 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 2.0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:10年 281 180 138 18 19 98 98 -- -- .500 7249 1785.0 1634 86 382 6 29 667 9 2 666 528 2.66 1.13
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績編集

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
打率
チーム
本塁打
チーム
防御率
年齢
1959 近鉄 6位 82 27 52 3 .342 49.0 .229 48 3.68 39歳
1964 国鉄 5位 140 61 74 5 .452 18.5 .242 117 3.43 44歳
1965 6位 13 2 10 1 .167 45.5 .221 64 3.42 45歳
通算 235 90 136 9 .398 Bクラス3回
  • 1959年は6月20日から閉幕まで千葉茂の休養による監督代理
  • 1965年は開幕から4月25日まで

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 12 (1949年 - 1956年)
  • 31 (1957年 - 1958年)
  • 5 (1959年)
  • 70 (1960年 - 1961年)
  • 71 (1964年 - 1965年)
  • 56 (1968年)
  • 80 (1981年)
  • 86 (1982年 - 1983年)

関連情報編集

出演番組編集

  • BSスポーツ・ドキュメント「よみがえる熱球」第6集 虎の牙を持つエース ~昭和43年・江夏奪三振401個~(2004年NHK

書籍編集

  • 投手てってい研究・打撃てってい研究(1978年5月、林田修との共著、ユニコン出版)
  • 守備てってい研究(1978年6月、林田修との共著、ユニコン出版)
  • ルールてってい研究(1978年8月、林田修との共著、ユニコン出版)
  • 作戦・走塁てってい研究(1978年10月、林田修との共著、ユニコン出版)
  • 君も名投手になれる(1980年3月講談社
  • ぼくらの野球勝つ野球(1980年5月、成美堂出版

脚注編集

  1. ^ a b 森岡浩編「県別全国高校野球史」東京堂出版、ISBN 44902043612001年7月1日、p251。
  2. ^ 【有名高校人脈】蔦文也も恐れをなした徳島商の猛練習 -スポーツ- ZAKZAK
  3. ^ 第7回 中西太「ホームランは力じゃないんだ」
  4. ^ 第28回 奪三振王・江夏豊 vs 最後に意地見せた巨人|「対決」で振り返るプロ野球史
  5. ^ ついに勝った!全パ軍、全米選抜チームから歴史的初勝利!
  6. ^ 【世代別ベストナイン】「1919年」“花の13年組”を中心とする“打撃の神様世代”
  7. ^ 週刊ベースボール1979年4月30日号「プロ野球名投手列伝 三浦方義 巨人で0勝、大映で29勝した不思議スライダー」48-52頁
  8. ^ 翌1957年に西鉄の稲尾和久が35勝で記録を更新。
  9. ^ 【1月9日】1959年(昭34)近鉄、猛牛監督就任でパールスからバファローへ スポニチアネックス 日めくりプロ野球1月
  10. ^ 週刊ベースボールプラス6 1950-2011 わが愛しのスワローズ 国鉄から始まった栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2011年、P39
  11. ^ a b c d e 1960年代 | 東京ヤクルトスワローズ
  12. ^ 【トレード物語34】アンチ巨人の象徴、金田正一が巨人入り【1964年】
  13. ^ 小林誠二 “見える魔球”を駆使したサイドハンド右腕/プロ野球1980年代の名選手
  14. ^ ノーノー経験者の柴田保光氏がパンチ佐藤氏を抑え込んだ理由とは?/パンチ佐藤の漢の背中!

関連項目編集

外部リンク編集