メインメニューを開く

平山 英雄(ひらやま ひでお、1949年1月1日 - )は、北海道釧路市出身の元プロ野球選手投手)である。

平山 英雄
基本情報
出身地 日本の旗 日本 北海道釧路市
生年月日 (1949-01-01) 1949年1月1日(70歳)
身長
体重
177 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト2位
初出場 1967年4月13日
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

釧路江南高校では、エースとして活躍。1965年には釧根支部予選を制し、秋季北海道大会に進むが、1回戦で室蘭工に敗退。翌1966年には夏の甲子園に出場。1回戦で小倉工と対戦、投の二本柱である横山晴久斎藤英雄と投げ合うが、延長12回の末に1-3で敗退[1]

同年のドラフト会議阪神タイガースに2位で指名され入団。入団を担当したのは、佐川直行スカウト[2]

入団当初は、ドラフト1位指名の江夏豊よりも評価が高かった。1年目の1967年4月13日大洋戦で一軍初登板[2]、25日にはサンケイ戦で初先発を果たす。この一軍初登板、初先発とも江夏よりも先であった[2]。その後は伸び悩み、一軍からは遠ざかり、江夏と大きく差をつけられることになる。しかし1970年10月24日には大洋を相手に先発、7回1/3を無失点で好投しプロ初勝利を記録する。ただ同年の一軍登板はこの試合のみであった。

プロ6年目の1972年には、7月2日中日との対戦で同季初先発、勝利投手となる。この勝ち星で波に乗り、同年7月18日から20日に行われた広島3連戦では、同一カード3連続勝利投手を記録した。同年は34試合に登板し、自己最多の7勝を挙げている。

しかし、翌1973年から再び一軍から遠ざかり、1974年オフに鈴木皖武小川精一上辻修森山正義と共に、池辺巌井上圭一との交換トレードでロッテオリオンズへ移籍。オリオンズでは公式戦登板の機会が無く、翌年限りで引退した。引退後は、神戸損害保険会社に勤めた[2]

スライダーカーブシュートを得意球とした。

映画監督の相米慎二は、高校の1年先輩に当たる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1967 阪神 7 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 43 10.1 10 1 6 0 0 2 0 0 6 6 5.40 1.55
1970 1 1 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 29 7.1 5 0 3 0 0 5 1 0 1 0 0.00 1.09
1971 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 37 8.2 14 2 2 0 0 2 0 0 5 5 5.00 1.85
1972 34 5 0 0 0 7 4 -- -- .636 344 85.0 77 7 31 6 0 36 0 0 32 29 3.07 1.27
1973 7 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 40 7.0 12 2 8 1 0 5 0 0 11 9 11.57 2.86
1974 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:6年 53 8 0 0 0 8 5 0 -- .615 496 119.1 118 12 50 7 0 50 1 0 55 49 3.71 1.41

記録編集

背番号編集

  • 31 (1967年)
  • 16 (1968年 - 1969年)
  • 30 (1970年 - 1974年)
  • 37 (1975年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b c d “猛虎人国記(15)~北海道~ 王の本塁打記録止めた平山”. スポーツニッポン. (2012年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002919110.html 2013年3月31日閲覧。 

関連項目編集