メインメニューを開く

広島宝塚(ひろしまたからづか)は、広島市中区中央通り)にかつて存在した東宝系の映画館である。

広島宝塚
Hiroshima Takarazuka
広島宝塚1・2・3 01.JPG
広島宝塚1・2・3
情報
正式名称 広島宝塚会館
旧名称 新天地劇場
広島宝塚劇場・宝塚地下劇場
完成 1951年
開館 1951年9月22日
開館公演 麦秋
閉館 2011年8月31日
最終公演 コクリコ坂から(宝塚1)
アンダルシア 女神の報復(宝塚2)
ロック 〜わんこの島〜(宝塚3)
収容人員 (3館合計)1,046人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS(宝塚1・3)
ドルビーステレオ(宝塚2)
用途 映画上映
運営 関西共栄興行株式会社
所在地 730-0034
広島県広島市中区新天地2-10
広島宝塚会館内
最寄駅 広電八丁堀電停
最寄バス停 広島バス広電バス「八丁堀」停留所

建物名は「広島宝塚会館」。映画館以外に、吉野家土間土間古着屋のSPINNSなどのテナントも入居していたため、テナントビルとしても知名度があった。

経営・運営は東宝グループの関西共栄興行株式会社が行っていた。

閉館後は解体され、現在は広島東宝ビルとして、広島パルコ広島ワシントンホテルが入るビルとなっている。

目次

概要編集

1949年、地元有志が東宝と提携し、『新天地株式会社』(当初は広島東宝劇場株式会社)が設立され、1951年9月22日、総工事費2千5百万円をかけて『新天地劇場』が開場した。当初は映画上映と実演興行を交互に行う劇場だったが、1952年8月に東宝に経営権が移り『広島宝塚劇場』になる。1971年8月に閉館時まで使われる建物に建て替えられ、最盛期には4スクリーンを有する映画館だった。

広島県内における東宝系のチェーンマスターとして数々のヒット作を上映したが、シネコン時代になると、ドラえもんクレヨンしんちゃんポケットモンスターといったアニメ映画シリーズ作品は宝塚1・2・3では上映されず、近隣のシネマコンプレックスでの上映に移行していた。また、2009年9月6日広島スカラ座が、11月13日広島東映・ルーブルが閉館したため、松竹東急系の洋画と邦画作品(例:『おとうと』『ソーシャル・ネットワーク』等)も一部上映されるなど、番組編成が徐々にフリー化していった。

そして映画上映方式がデジタルへと移行しつつあった2011年6月に同年8月末での閉館を発表。8月31日、午後6時42分終映の『コクリコ坂から』を持って閉館した。最後まで35mmフィルム上映を貫いた広島宝塚の閉館で、広島市内から序破急(シネツイン・サロンシネマ八丁座)や成人館などを除いて、広島市中心部から大手映画会社系映画館は消滅した。

2011年9月27日に東宝が跡地利用計画を発表した[1]。これまでの建物を取り壊し、地下1階地上14階の広島東宝ビルを建築。1階から3階には広島パルコが広島ZERO GATEを出店。本館・新館に次いで3館目になる[2]。4階から14階には、藤田観光が運営する広島ワシントンホテルが入居[3][脚注 1]。そして2013年10月10日広島東宝ビルが完成し、広島ZERO GATE(広島パルコ)及び、ワシントンホテルがオープンした。

ちなみに中国放送アナウンサーの小林康秀は、キャスターを務める『RCCニュース6』で同館の閉館を取材しており、新天地劇場の建設に携わっていた小林の祖父が、宝塚会館完成10年を祝す冊子に書いた寄稿を見て感銘を受けたという[4]

沿革編集

 
開館番組だった『麦秋』(1951年)
 
解体工事中の様子。
  • 1951年9月22日 - 前身となる「新天地劇場」がオープン。こけら落としは小津安二郎監督の『麦秋』。
  • 1952年8月31日 - 東宝に経営が譲られ「広島宝塚劇場」と改称。
  • 1971年8月2日 - 全面改築し、「広島宝塚劇場」(3階)、「宝塚地下劇場」(地下1階。後に「広島東宝」となる)の2館体制となる。
  • 1987年3月1日 - ミニシアター「広島宝塚2」を新設。これに伴い宝塚劇場は「広島宝塚1」に、広島東宝は「広島宝塚3」に改称。
  • 1995年3月18日 - 新天地レジャービル5階の宝塚4(座席数200)を加え4館体制となる。
  • 1997年7月12日 - 宝塚1にて『もののけ姫』公開。わずか半年に及ぶロングランヒットを記録する。
  • 2004年5月23日 - 宝塚4をサロンシネマなどを運営する「序破急」に譲渡(→シネツイン新天地)し3館体制に戻す。
  • 2008年2月1日 - 運営会社が東宝関西興行から関西共栄興行に変更。
  • 2011年
  • 2013年10月10日 - 広島宝塚会館跡地に広島東宝ビルが完成し、広島ZERO GATE(広島パルコ)及び、ワシントンホテルがオープンした。
 
跡地に建設された広島ZERO GATE(広島東宝ビル)

各館の特徴編集

宝塚1編集

定員588人。常に洋画の大作と、ヒット予想の高い邦画を上映。TOHOシネマズ日劇スクリーン1、TOHOシネマズスカラ座系の作品が多かった。

宝塚2編集

定員62人。規模の小ささからか、主に宝塚1・3で上映された作品のムーブオーバー(続映)や、TOHOシネマズ限定上映作品(六本木ヒルズ系のTOHOシネマズ系チェーンやお台場シネマメディアージュ系のTOHOシネマズ単館作品)が上映されていた。3館内で唯一、定員入替制を導入しており、前売券・株主券などのチケットは、当日券(時間指定券)に引き替えてから入場するシステムとなっていた。

宝塚3編集

定員396人(車椅子用の2席を含む)。東宝邦画系作品(TOHOシネマズ日劇スクリーン2系列のチェーン)のみを上映。1ヵ月に1作程度の割合で、新作が公開されていた。

※ただし、ヒット予想の高い作品によっては、客入りなどで上映館が変わることもあった。

サラウンドEXDTSは宝塚2を除き対応していた。

テナント編集

かつて存在したテナント編集

アクセス編集

ほか

周辺施設編集

脚注編集

  1. ^ 1993年10月から2006年9月まで、『広島ロイヤルワシントンホテル』→『広島ワシントンホテルプラザ』(現・オリエンタルホテル広島)が存在したが、そちらの運営元はワシントンホテルで、運営元が異なる
  2. ^ 同劇場を中心とした10km圏内にはワーナー・マイカル・シネマズ広島広島バルト11TOHOシネマズ緑井109シネマズ広島の4サイトが存在する。

出典編集

  1. ^ 広島宝塚会館 再開発計画の概要 (PDF) - 東宝株式会社 2011年9月27日プレスリリース 2011年10月10日確認
  2. ^ 広島宝塚会館 再開発ビルへの出店について (PDF) - 株式会社パルコ 2011年9月27日プレスリリース 2011年10月10日確認
  3. ^ 2013年秋 広島ワシントンホテル開業 - 藤田観光 2011年10月10日確認
  4. ^ 小林康秀 (2011年9月1日). “さよなら宝塚会館。”. RCCニュース6. 中国放送. 2013年11月14日閲覧。
  5. ^ 最後の老舗 広島宝塚閉館へ” (日本語). 中国新聞 (2011年6月7日). 2011年7月15日閲覧。

関連項目編集

広島県内にある東宝系のシネマコンプレックス

外部リンク編集