弘田 澄男(ひろた すみお、1949年5月13日 - )は、高知県宿毛市出身の元プロ野球選手外野手)、監督野球解説者評論家

弘田 澄男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県宿毛市
生年月日 (1949-05-13) 1949年5月13日(71歳)
身長
体重
163 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1971年 ドラフト3位
初出場 1972年4月8日
最終出場 1987年4月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

2012年からは、四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグスの指導者となり、2014年から2年間、監督を務めた。

経歴編集

プロ入りまで編集

高知高では1966年、2年生の時に春の選抜中堅手として出場するが、2回戦で米子東高に敗退。また2年生の時に阪神タイガースから練習生の話が来たが高校の監督が断り[1]、夏の予選南四国大会では準決勝で土佐高に敗れる。翌1967年春の選抜にも三塁手として連続出場、エース三本隆(日本石油)を擁し、順調に勝ち進み決勝に進出する。しかし津久見高吉良修一投手に抑えられ延長12回の熱戦の末1-2で惜敗、準優勝に終わった。同年夏の予選南四国大会では準決勝で徳島工に敗れ、夏の甲子園には縁がなかった。高知高の同学年には荒勢永英大相撲関脇、タレント)がいる。

高校卒業後は、社会人野球四国銀行に入行する。補強選手として都市対抗野球に4年連続出場。1971年都市対抗野球では丸善石油の補強選手となり二番打者として活躍、決勝に進出する。決勝では三沢淳佐々木恭介のいた新日本製鐵広畑に敗れたが、チームの準優勝に貢献した。

現役時代編集

1971年ドラフト3位でロッテオリオンズに指名され、父と会社からはプロ入りを反対されたが、母と前妻からの説得もあり、入団する[1]。身長163cmとNPBで当時一番小さな選手であったが、1年目は内外野兼任のサブプレーヤー[1]、2年目の1973年に監督に就任した金田正一から中堅手のレギュラーに抜擢され[1][注 1]、7月11日の日拓ホーム戦ではサイクル安打を達成するなど、活躍が目立った。翌年はリーグ優勝を果たし、中日ドラゴンズとの日本シリーズでは第1戦の4回表三沢淳からソロ本塁打[1]、第2戦の8回表星野仙一から同点タイムリー、第4戦の6回裏の渋谷幸春からソロ本塁打、25打数10安打7打点を記録、最終第6戦では延長10回表に星野仙一から日本一を決める決勝適時二塁打を放ち、シリーズMVPを獲得した。1975年にはリーグ最多の148安打を記録(当時は最多安打のタイトルはなかった)。その後も長くオリオンズのリードオフマンとして活躍し、3度の半期優勝に貢献。闘志あふれるプレーと俊足、好守が持ち味で、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデングラブ賞)を通算5回受賞した。また、入団から11年連続して2桁盗塁を記録し、1980年には自己最高の41盗塁を記録している。阪急の山田久志[注 2]山口高志が得意ではあったのだが、1981年9月16日には西宮球場で山田から放ったホームラン性の当たりを山森雅文にキャッチをされてアウトになり(山森はフェンスによじ登っていた)、弘田は「ホームランを1本損したな」と言っていた[1]。また「1978年から高畠康真さんが打撃コーチになって、1979年から監督が山内一弘さんで、その時からバッティングについて考えるようになりました。」とも言っていた。一方、1978年からのロッテの本拠地だった川崎球場(1973年から1977年まではロッテに本拠地球場がなく全国各地の球場を転戦するジプシー・ロッテと言われていた)については「外野に穴空いているしボコボコで、暗いし、ネズミが出て、最初はトイレから水流れないし、最悪な球場でした。(1978年時点の)他のパ・リーグの球場も酷くて、良かったのは後楽園球場と西宮球場ぐらいでした。」[1]と述べていた。

1984年藤倉一雅との交換トレードで阪神タイガースに移籍。弘田はトレードされた理由について「煙たがれていたのでしょうね。私、選手副会長だったので会長の落合博満にも言いたいことは言いました。」[1]と述べている。移籍1年目は主に2番打者として打率.313(セ・リーグ打撃ランキング第9位)を記録。1985年のシーズン後半は北村照文吉竹春樹に定位置を譲るが、21年ぶりのリーグ優勝に貢献。日本シリーズでも2リーグ制になってから初めての日本一に貢献した(弘田自身、両リーグで日本一を経験したことになる)。同年のシリーズから指名打者が採用され、同年に限り全試合指名打者制で行われた。監督の吉田義男はセ・リーグ球団初の指名打者に弘田を起用、全6試合「2番・指名打者」として先発出場。成績は22打数3安打で打率.136と数字の上では結果は残せなかったものの、3安打の全ては後続のクリーンナップへチャンスをつなげる役割を果たしており、特に第1戦の8回表には真弓明信の二塁打を足掛かりに弘田が送りバントから打球が一、二塁間を抜けるヒットへと作戦を変えるバスターで出塁して、3番打者のランディ・バースが試合を決める3ランホームランを演出した。1988年に一軍外野守備走塁コーチ兼任となったが、選手としての支配下登録は事実上形式的なもので試合出場はなく、背番号も専任コーチ並みの73に変更していた。同年限りで正式に引退。

弘田は「阪神に来て良かったのは声援の多さです。でも派閥が面倒臭い球団でした。引退の理由は目ですね。動体視力が落ちて、バッティングは何とかなると思いますが、外野守備になると厳しい。バッティングというものが分かってきたのでまだ続けたい気持ちはありましたが」[1]と述べている。1985年から3年間阪神で同僚だった長崎慶一は「元々阪神の野球も大雑把だったけど、ロッテから来た弘田澄男さんや僕が配球ノートを付けていたことでみんなの意識が変わり始めたんです。」[2]と述べている

引退後編集

引退後は、1989年阪神一軍外野守備・走塁コーチ、1990年阪神一軍打撃コーチ、1991年阪神一軍外野守備・走塁コーチ、1992年1997年大洋・横浜二軍打撃兼外野守備・走塁コーチ、一軍外野守備コーチ、ヘッドコーチ、一軍野手チーフコーチ、1998年巨人二軍外野守備・走塁コーチ、1999年2000年巨人一軍外野守備・走塁コーチ、2001年巨人一軍打撃コーチ、2004年2005年に巨人一軍外野守備・走塁コーチ(2005年は打撃補佐兼任)を歴任した。三宅博は著書の中でセンスを持ったクセ盗みの名人と記している[3]。横浜時代には監督大矢明彦の下でチームの躍進に貢献している。高橋由伸が一目を置くほどの打撃職人でもあった[1]

2005年の巨人コーチ時代、タフィ・ローズの緩慢プレーに際しダッグアウトでもみあいとなり、ローズに突き飛ばされる。ローズは、不甲斐ない投手陣に対し「あいつらが打たれるのも俺のせいなのか」と記者たちの面前でほえまくり、オーナー命令により罰金を受けた。

その後、2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表外野守備・走塁コーチを務め世界一に貢献し[4]、その後J SPORTS野球解説者およびスポーツ報知評論家。

2007年からは再び大矢の下、横浜で一軍ヘッド兼打撃コーチに就任したが、チーム成績が最下位と低迷した責任をとる形で2008年限りで解任、その後横浜のフロントで編成部門を担当することになった。

2012年四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグスの球団アドバイザー兼総合コーチに就任[5]2014年からは監督を務める[6]。在任中は2014年にチームの連続最下位を止めたが、2015年は再び前後期とも最下位となり、シーズン終了後の10月26日に退任が発表された[7]

2019年現在は母校の高知高校で土日に野球部のコーチをしている[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1972 ロッテ 71 197 187 29 53 9 3 1 71 16 18 6 1 1 7 0 1 17 1 .283 .311 .380 .691
1973 127 546 499 87 147 18 6 13 216 50 22 9 8 3 27 1 9 35 6 .295 .340 .433 .773
1974 123 477 434 56 128 18 4 9 181 60 26 8 10 2 27 1 4 27 12 .295 .340 .417 .758
1975 126 541 491 71 148 19 6 11 212 54 35 12 8 5 33 1 4 25 6 .301 .347 .432 .779
1976 113 439 403 49 115 14 2 4 145 31 26 9 13 1 19 1 3 34 7 .285 .322 .360 .681
1977 114 445 403 55 96 10 2 2 116 23 20 13 10 4 24 1 4 23 6 .238 .285 .288 .573
1978 115 407 371 36 91 14 1 2 113 31 25 9 12 2 19 0 3 24 5 .245 .286 .305 .591
1979 101 421 397 54 113 28 0 4 153 31 13 11 8 1 12 1 3 16 2 .285 .310 .385 .695
1980 116 493 427 66 112 20 1 5 149 43 41 10 8 7 46 1 5 26 4 .262 .336 .349 .685
1981 122 515 460 56 122 18 1 5 157 40 29 6 26 2 23 1 3 32 4 .265 .303 .341 .645
1982 107 406 365 39 94 16 2 7 135 35 22 9 19 2 20 1 0 26 4 .258 .295 .370 .664
1983 84 278 245 13 60 6 1 1 71 13 7 4 12 2 16 0 1 21 3 .245 .292 .290 .581
1984 阪神 110 409 361 45 113 18 4 7 160 34 6 2 14 2 30 0 1 23 6 .313 .365 .374 .739
1985 85 269 223 38 66 6 1 5 89 22 2 0 23 2 20 0 1 25 1 .296 .354 .399 .753
1986 73 208 195 22 47 6 1 0 55 4 2 2 4 1 5 0 3 22 8 .241 .270 .282 .552
1987 5 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .200 .400
通算:16年 1592 6056 5466 716 1506 220 35 76 2024 487 294 110 176 37 328 9 45 378 75 .276 .320 .370 .690
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回(1975年)

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号編集

  • 35 (1972年)
  • 3 (1973年 - 1983年)
  • 1 (1984年 - 1987年)
  • 73 (1988年、1998年 - 2001年、2004年 - 2005年、2012年 - 2015年)
  • 84 (1989年 - 1991年)
  • 71 (1992年 - 1997年)
  • 72 (2007年 - 2008年)
  • 882006年WBC

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 弘田は「金田さんからキャンプが終わる10日前に「センターできるか」って言われて、はいと言いました。私が気にいられた理由は「食べっぷりが良かったからって」と言ってましたけど本当かな。その後も金田さんのえこひいきは続き、背番号3が空いてるからつけろと言われて、背番号3は長嶋茂雄さんが着けていた番号で皆がつけたい番号でした」と述べている。
  2. ^ 弘田はアンダースローの投手は得意と述べている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 【完全保存版】ロッテ70年史 1950-2019 ~記憶に残るオリオンズ&マリーンズ全史~ (B.B.MOOK1450) 弘田澄男「カネやんロッテの斬り込み隊長」、40-41頁、ベースボール・マガジン社、2019/5/29
  2. ^ 田尾5敬遠で首位打者獲得の舞台裏――「大洋ホエールズOB」としての長崎慶一さんに会いに行く(後編)文春野球コラム ペナントレース2019 - 文春オンライン、2019年11月10日
  3. ^ 三宅博著、虎のスコアラーが教える「プロ」の野球観戦術、2013年、祥伝社、P26
  4. ^ 第1回WBC侍ジャパン外野守備走塁コーチ 弘田 澄男氏が語る『欧州代表』との一戦 - 野球日本代表、侍オフィシャルサイト、2015年3月4日
  5. ^ 高知FD 球団アドバイザー 兼 総合コーチ就任”. 四国アイランドリーグplus (2012年1月31日). 2012年1月31日閲覧。
  6. ^ 【チーム】新監督就任のお知らせ”. 高知ファイティングドッグス (2013年11月25日). 2013年11月25日閲覧。
  7. ^ FD総監督に江本氏が就任 弘田氏は今季限りで退任へ - 高知新聞2015年10月27日

関連項目編集

外部リンク編集