メインメニューを開く

心光寺(しんこうじ)は、大阪府大阪市天王寺区にある浄土宗の寺院。

心光寺
本堂(登録有形文化財)
本堂(登録有形文化財)
所在地 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3-68
位置 北緯34度39分42.3秒
東経135度30分41.5秒
座標: 北緯34度39分42.3秒 東経135度30分41.5秒
山号 護念山
院号 攝取院
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 寛永元年(1624年
開基 圓蓮社秀誉栄玉和尚
中興年 昭和4年(1929年
中興 龍誉
札所等 大坂三十三所観音霊場第26番
文化財 本堂・山門(登録有形文化財)
木造十一面観音菩薩立像(市指定文化財)
公式HP こころひかる
法人番号 4120005001110
心光寺の位置(大阪市内)
心光寺
テンプレートを表示
山門(登録有形文化財)

歴史編集

寛永元年(1624年)、圓蓮社秀誉栄玉和尚による開基。

大正12年(1923年)、原因不明の火災によって本堂と観音堂が焼失。その際、本尊の阿弥陀如来(聖徳太子作)、地蔵菩薩・弁財天(行基作)をはじめとした仏像、宝物が焼失。観音堂に安置されていた十一面観音は難を免れる。

昭和4年(1929年)、第22代龍誉上人によって単層ダイヤモンドトラス造、鉄筋コンクリート本堂が再建[1]

こころひかる編集

心光寺ではこころひかるという活動名でヨガ、音楽ライブ、ワークショップなど様々なイベントを開催している。

また、境内にある一軒家をリノベーションした寺カフェ「cafe こころひかる」では副住職手作りのスープカレーを提供している。

文化財編集

登録有形文化財
大阪市指定文化財
  • 木造十一面観音菩薩立像 - 平安時代(11世紀代)の作[5]

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 心光寺の歴史”. 心光寺. 2019年7月5日閲覧。
  2. ^ 心光寺本堂”. 文化遺産オンライン. 2019年7月5日閲覧。
  3. ^ 心光寺本堂”. 大阪文化財ナビ. 2019年7月5日閲覧。
  4. ^ 心光寺山門”. 大阪文化財ナビ. 2019年7月5日閲覧。
  5. ^ 木造十一面観音菩薩立像(心光寺)”. 大阪市. 2019年6月30日閲覧。