メインメニューを開く

恐竜様類(きょうりゅうようるい、Dinosauromorpha)は恐竜類、ラゴスクスとそれに近縁な動物を含むクレード(単系統群)である。現生のものは鳥類のみである。

恐竜様類
生息年代:
三畳紀中期–現生, 245–0 Ma
(三畳紀前期の可能性もある)
Lagosuchus talampayensisの復元骨格
Lagosuchus talampayensisの復元骨格
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
階級なし : 真正爬虫類 Eureptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
階級なし : 主竜類 Archosaurs
鳥頸類 Ornithodira
恐竜様類 Dinosauromorpha
学名
Dinosauromorpha
Benton1984
下位分類群

目次

語源編集

Dinosauromorphaという名は1984年Michael J. Bentonにより名付けられた。1991年には、ポール・セレノによってLagerpeton chanarensisMarasuchus lilloensisPseudolagosuchus majorそして恐竜類(鳥類を含む)の最新の共通祖先とその全ての子孫というノードによるクレードとしての最初の定義がなされた[1]

起源編集

恐竜様類は2億4200万から2億4400万年前頃の中期三畳紀アニシアン階 (Anisian)に他の鳥頸類から分岐した。2010年10月、ポーランドシフィエントクシスキエ山地 (Świętokrzyskie (Holy Cross) Mountains) から報告された前期三畳紀の足跡化石も恐竜様類に属するものの可能性がある。もしそうなら、恐竜様類の起源は2億4900万年前の オレネキアン階 (Olenekian)初期にまで遡ることができる。ポーランドの小さな四肢動物の最古の足跡化石はプロロトダクティルス Prorotodactylusと名付けられたが、しかし初期アニシアンの地層から見つかっている生痕化石属 Sphingopusに属する足跡は2億4600万年前に現れたやや大きい2足歩行の恐竜様類を示している。その痕跡は恐竜の系統がペルム紀末大量絶滅のすぐ後に生まれたことを表している. その期間は恐竜の台頭はゆっくりで、三畳紀のほぼ全期に亘って長く続いたことを示している[2]

基部群はサルトプス Saltopus[3][4]マラスクス Marasuchus、それと同一かもしれないラゴスクスLagosuchus, ラゲルぺトン科に属しアルゼンチンラディニアン階(Ladinian)から見つかっているラゲルペトン Lagerpetonアリゾナ州ニューメキシコ州テキサス州ノリアン階(Norian)から見つかっているドロモメロンDromomeronそしてポーランドカーニアン階(Carnian)に産するシレサウルス Silesaurusを含むシレサウルス科、 ニューメキシコ州のカーニアン階・ノリアン階で見つかっているエウコエロフィシス EucoelophysisレウィスクスLewisuchusとその同一属とも考えられるアルゼンチンのラディニアン階に産するプセウドラゴスクス Pseudolagosuchus[5][6]ブラジルのノリアン階から見つかったサキサウルス Sacisaurus[7]、テキサス州のカーニアン階のテクノサウルス Technosaurus[8]タンザニアのアニシアン階に産するアジリサウルス Asilisaurus[9]、そしてモロッコのカーニアン期からノリアン期にいたディオドルス Diodorus[10]が含まれる。

系統編集

分岐図はNesbitt (2011)により簡略化されたものである。†は絶滅を表す。


 恐竜様類Dinosauromorpha 

ラゲルペトン科 Lagerpetidae 


 恐竜形類 Dinosauriformes 

マラスクス Marasuchus 


 Dracohors 

シレサウルス科 Silesauridae 


 恐竜類 Dinosauria 

鳥盤類 Ornithischia 


 竜盤類 Saurischia 

獣脚類 Theropoda 



竜脚類 Sauropodomorpha 








脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Langer, M. C.; Nesbitt, S. J.; Bittencourt, J. S.; Irmis, R. B. (2013). “Non-dinosaurian Dinosauromorpha”. Geological Society, London, Special Publications. doi:10.1144/SP379.9. 
  2. ^ Brusatte, S.L.; Niedźwiedzki, G.; Butler, R.J. (2010). “Footprints pull origin and diversification of dinosaur stem lineage deep into Early Triassic”. Proceedings of the Royal Society B 278 (1708): 1107–1113. doi:10.1098/rspb.2010.1746. PMC: 3049033. PMID 20926435. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3049033/. 
  3. ^ Saltopus, a dinosauriform from the Upper Triassic of Scotland. Michael J. Benton and Alick D. Walker. Earth and Environmental Science Transactions of the Royal Society of Edinburgh / Volume 101 / Special Issue 3-4, pp 285 - 299 Royal Society of Edinburgh 2011 Published online: 17 May 2011 doi:10.1017/S1755691011020081
  4. ^ Baron, M.G., Norman, D.B., and Barrett, P.M. (2017). A new hypothesis of dinosaur relationships and early dinosaur evolution. Nature, 543: 501–506. doi:10.1038/nature21700
  5. ^ Irmis, Randall B.; Nesbitt, Sterling J.; Padian, Kevin; Smith, Nathan D.; Turner, Alan H.; Woody, Daniel; Downs, Alex (2007). “A Late Triassic dinosauromorph assemblage from New Mexico and the rise of dinosaurs”. Science 317 (5836): 358–361. doi:10.1126/science.1143325. PMID 17641198. 
  6. ^ Nesbitt, Sterling J.; Irmis, Randall B.; Parker, William G.; Smith, Nathan D.; Turner, Alan H.; Rowe, Timothy (2009). “Hindlimb osteology and distribution of basal dinosauromorphs from the Late Triassic of North America”. Journal of Vertebrate Paleontology 29 (2): 498–516. doi:10.1671/039.029.0218. 
  7. ^ Ferigolo, J.; Langer, M.C. (2006). “A Late Triassic dinosauriform from south Brazil and the origin of the ornithischian predentary bone”. Historical Biology 19 (1): 1–11. doi:10.1080/08912960600845767. http://www.journalsonline.tandf.co.uk/(ciigzuqwmoomny2lspjqn155)/app/home/contribution.asp?referrer=parent&backto=issue,3,14;journal,1,8;linkingpublicationresults,1:300240,1. 
  8. ^ Nesbitt, Sterling J.; Irmis, Randall B.; Parker, William G. (2007). “A critical re-evaluation of the Late Triassic dinosaur taxa of North America”. Journal of Systematic Palaeontology 5 (2): 209–243. doi:10.1017/S1477201907002040. 
  9. ^ Nesbitt, S.J.; Sidor, C.A.; Irmis, R.B.; Angielczyk, K.D.; Smith, R.M.H.; Tsuji, L.M.A. (2010). “Ecologically distinct dinosaurian sister group shows early diversification of Ornithodira”. Nature 464 (7285): 95–98. doi:10.1038/nature08718. PMID 20203608. 
  10. ^ Christian F. Kammerer, Sterling J. Nesbitt, and Neil H. Shubin (2011) The first basal dinosauriform (Silesauridae) from the Late Triassic of Morocco. Acta Palaeontologica Polonica (in press) doi:10.4202/app.2011.0015 [1]

関連項目編集

  • 翼竜 - 恐竜様類と姉妹群を成す。

外部リンク編集