メインメニューを開く

悲しくてやりきれない」(かなしくてやりきれない)は、ザ・フォーク・クルセダーズの2枚目のシングルの表題曲。1968年3月21日東芝音楽工業キャピトル・レーベル)から発売。

悲しくてやりきれない
ザ・フォーク・クルセダーズシングル
初出アルバム『紀元貳阡年
B面 コブのない駱駝
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル Capitol Records /
東芝音楽工業
作詞・作曲 作詞:サトウハチロー
作曲:加藤和彦
ゴールドディスク
ザ・フォーク・クルセダーズ シングル 年表
帰って来たヨッパライ
(1967年)
悲しくてやりきれない
(1968年)
水虫の唄
(1968年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

2枚目のシングル曲として予定されていた「イムジン河」が発売自粛となったため、それに代わる曲として制作された。当時パシフィック音楽出版(現フジパシフィック音楽出版)会長だった石田達郎から「イムジン河」に代わる新曲を急遽作曲するよう強要され、会長室に3時間缶詰にされたときに作ったものである[1]

テレビ朝日系『驚きももの木20世紀』にて「「イムジン河」のコードを反対からつなげて作った」と紹介されたが、加藤本人は否定している[1]。これに関して、加藤は「某放送局の社長室みたいなところに、ギターだけ渡され、3時間で作曲を依頼され、部屋に鍵をかけられて軟禁状態だった(笑)。アイデアも湧かず1時間が過ぎ、とりあえず、イムジン河のメロディーを譜面に書き、音符を逆に辿ってみたところ、モチーフが出てきて、ギターで10分間ほどで作曲した。」と、語っている。さらに「その出来立ての曲を持って、そのままサトウハチロー宅へタクシーで向かった。本人とは初対面だったが、とくに曲の打合せはしなかった。1週間ほどで詞が自宅へ送られてきた。歌詞を見ると『悲しくてやりきれない』…。こんな詞で、いいんだろうかと思ったが、歌ってみると、曲に語句がぴたっと合っていて驚いた」と告白している[1]

B面の「コブのない駱駝」は後に作詞家としても大成する北山修の初の作詞曲である。曲が先に作られたという[2]。北山曰く、この曲の歌詞は自身の専門とする精神医学にも通じるとのことである。また、ビートルズの影響を受けた加藤がわざわざシタールをスタジオに持ち込んで演奏している。

収録曲編集

全曲 作曲:加藤和彦

  1. 悲しくてやりきれない
    (作詞:サトウハチロー / 編曲:ありたあきら)
  2. コブのない駱駝
    (作詞:北山修 / 編曲:ザ・フォーク・クルセダーズ)

作品への起用編集

1992年の山田太一脚本のドラマ『悲しくてやりきれない』(TBS)の主題歌としておおたか静流の曲が使われている。また同年に公開された映画『シコふんじゃった。』にも使われた。

2004年の井筒和幸監督製作の映画『パッチギ!』では、「イムジン河」や同曲などの音楽が、物語のテーマの根幹を成している。

2003年度下半期のNHK連続テレビ小説てるてる家族』(NHK大阪放送局製作)の第122話で、「青年は荒野をめざす」とともに使用された。

2015年5月1日~24日、Zeepブルーシアター六本木で上演されたももいろクローバーZ主演・本広克行演出の舞台『幕が上がる』で橋爪裕子(ユッコ)役の玉井詩織(ももいろクローバーZ)が劇中歌として歌う。

2016年公開の片渕須直監督のアニメ映画「この世界の片隅に」ではコトリンゴによるカバーがオープニング曲として使用されている[3]

カバーしたアーティスト等編集

シングル編集

アルバム編集

その他編集

通販CD編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Musicman's RELAY 第71回 加藤 和彦 氏”. Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社. 2014年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月15日閲覧。
  2. ^ 『永遠のザ・フォーク・クルセダーズ 若い加藤和彦のように』ヤマハミュージックメディア、2015年、37-38頁。
  3. ^ “のんがアニメ映画「この世界の片隅に」で主演、「地面からふわっと浮いちゃいそう」”. 映画ナタリー. (2016年8月24日). http://natalie.mu/eiga/news/199167 2016年8月24日閲覧。 
  4. ^ 豊崎愛生くつろぎカバー集でユーミン、はっぴいえんど、大滝、RCの名曲歌う”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年9月19日). 2018年10月11日閲覧。
  5. ^ “多部未華子が「悲しくてやりきれない」を熱唱、主演作「あやしい彼女」本編映像”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年3月9日). https://natalie.mu/eiga/news/179165 2019年7月15日閲覧。