メインメニューを開く

扇町 (川崎市)

神奈川県川崎市川崎区の町名

扇町(おうぎまち)は、神奈川県川崎市川崎区町名1965年(昭和40年)7月1日住居表示が施行されている[5]郵便番号は210-0867[3]。面積は1.82km2[1]

扇町
扇町の位置(神奈川県内)
扇町
扇町
扇町の位置
北緯35度30分23.5秒 東経139度43分29.0秒 / 北緯35.506528度 東経139.724722度 / 35.506528; 139.724722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
川崎区
面積
 • 合計 1.82km2 (0.70mi2)
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 60人
 • 密度 33/km2 (85/mi2)
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
210-0867[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

目次

地理編集

川崎区の南東部に位置する[6]。四方を運河に囲まれた埋立地であり、一帯はJFEスチール東日本製鉄所昭和電工などの工場が立ち並ぶ工業地帯であるが、鶴見線の沿線には住宅も見られる[7]

扇町は北端で浅野運河南渡田運河を挟んでそれぞれ浅野町南渡田町と、東は池上運河を挟んで水江町と、南は京浜運河を挟んで東扇島と、西は田辺運河を挟んで白石町大川町に接する[6]

歴史編集

もともとは渡田村の地先にあった若尾新田と、その先の海であったが、浅野総一郎のもと、東京湾埋立会社(現在の東亜建設工業)により埋め立てられ、工場や埠頭が設置されていった[8]。なお、埋め立ては戦後にも続けられ、1963年(昭和38年)に完結した[9]

地名の由来編集

浅野家家紋であるに由来するとされる[8]

沿革編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
扇町 45世帯 60人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13][14]

番地 小学校 中学校
全域 川崎市立大島小学校 川崎市立臨港中学校

交通編集

鉄道編集

当地には鶴見線が通り、昭和駅扇町駅の2駅が設置されている。なお、鶴見線は戦時買収私鉄であり、もともとは浅野財閥系列の鶴見臨港鉄道が運営していた。

道路編集

神奈川県道101号扇町川崎停車場線が、当地と川崎駅を結んでいる。なお、一般の利用ができる交通ではないが、JFEスチール東日本製鉄所内を結ぶ道路として、当地と対岸を結ぶ新大扇橋が架かっており、60トン級のトレーラーに耐える、稼働中のものとしては日本でも珍しい跳ね橋として、かながわの橋100選に選出されている[15]

路線バス編集

川崎市交通局川13系統を、川崎鶴見臨港バス川22系統を、それぞれ川崎駅との間で運行している。

港湾編集

当地には三井埠頭[16]や、東洋埠頭川崎支店[17]といった私設の港湾施設が存在する。

施設編集

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 区別町名一覧表(川崎区)”. 川崎市 (2012年4月6日). 2012年10月17日閲覧。
  6. ^ a b 川崎地名辞典(上)』、p.96。
  7. ^ a b 川崎の町名』、p.80。
  8. ^ a b c d e 川崎の町名』、p.79。
  9. ^ 川崎地名辞典(上)』、p.97。
  10. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』、p.168。
  11. ^ a b 今尾恵介日本鉄道旅行地図帳 4号 関東2』新潮社、2008年、28頁。ISBN 978-4-10-790022-7
  12. ^ 当社京浜製油所扇町工場の閉鎖に関するお知らせ(PDF) 東亜石油、2010年2月16日(2012年5月31日閲覧)。
  13. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  14. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  15. ^ かわさき区のたからものシート (PDF)”. 川崎市. 2012年10月17日閲覧。
  16. ^ 三井埠頭株式会社 トップページ” (2012年4月1日). 2012年5月31日閲覧。
  17. ^ 川崎支店 - 拠点紹介”. 東洋埠頭. 2012年5月31日閲覧。
  18. ^ 昭和電工川崎工場本事務所”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2012年5月31日閲覧。

参考文献編集

  • 『川崎の町名』日本地名研究所 編、川崎市、1995年。
  • 『川崎地名辞典(上)』日本地名研究所 編、川崎市、2004年。
  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』角川書店、1984年。