メインメニューを開く

概要編集

槍ヶ岳双六岳を結ぶ主稜線上の樅沢岳から南西方向に笠ヶ岳に続く稜線の途中にあり、中部山岳国立公園内にある[4]ぎふ百山の一つである[5]。山頂の東斜面に大きな崩壊地がありこれが「ぬけ」と呼ばれ、山名の由来となっている[6][7]

登山編集

登山ルート編集

 
笠新道杓子平付近のシナノキンバイハイマツ

新穂高温泉から笠ヶ岳登頂時に登られることがある(新穂高温泉 - 左俣林道 - 笠新道取付 - 杓子平 - 稜線合流点 - 抜戸岳)[8]。山頂部は森林限界の高山帯のハイマツが点在する岩場で見晴らしが良く、北北西に黒部五郎岳、東側に槍ヶ岳から穂高岳へと連なる山並み、南西に笠ヶ岳などを望むことができる[6][9]。杓子平からのルートは以前はカール状の谷部をトラバースするルートであったが、近年抜戸岳寄りの尾根のルートに変更された[7]。主稜線の西側を登山道が巻き、分岐点から山頂の三等三角点(点名が「奥笠ケ岳」)[1]へ至る枝道がある。笠ヶ岳から双六岳方面への縦走時にも登られることがある[8]。またわさび平小屋を過ぎ、小池新道鏡平山荘を経て登り詰めた弓折乗越から弓折岳に登り、稜線を笠ヶ岳に進み登頂することもできる。山頂の北側の「秩父平」と南西の「杓子平」はカール状の高山植物の群生地がある[6][7]

周辺の山小屋編集

周辺には複数の山小屋があり、登山シーズン中に営業されている[10]

画像 名称 所在地 標高
(m)
抜戸岳からの
方角と距離 (km)
収容
人数
キャンプ
指定地
備考
  槍ヶ岳山荘 南側の山頂
直下の肩
3,060  東北東 6.5 650 テント
30張
  双六小屋 双六岳と樅沢岳
との鞍部
2,550  北北東 5.2 200 テント
60張
裏銀座
  鏡平山荘 小池新道
鏡平
2,290  北東 3.3 100 なし  周辺に鏡池
  笠ヶ岳山荘 笠ヶ岳の
山頂直下
2,820  西南西 2.4 100 テント
25張
  わさび平小屋 左俣林道の
わさび平
1,400  南東 2.6 60 テント
30張
入浴施設

地理編集

周辺の主な山編集

 
焼岳から望む抜戸岳周辺の山々、左側に笠ヶ岳、右奥に槍ヶ岳

飛騨山脈(北アルプス)南部の双六岳の主稜線から南に派生する尾根上にある。北側には大ノマ岳と弓折岳、南西には笠ヶ岳がありその中間付近に「抜戸岳」がある。北西及び南西に延びる尾根もある[11]。北側800 mには「秩父岩」と呼ばれる岩場がある。

山容 山名 標高
(m)[1][2]
三角点等級
基準点名[1]
抜戸岳からの
方角と距離 (km)
備考
  槍ヶ岳 3,180  東北東 6.7 日本百名山
  双六岳 2,860.29  二等
「中俣岳」
 北北東 5.0 花の百名山
コバイケイソウ
  弓折岳 2,592 (三等「中平」)
(2,588.37m)
 北東 3.1 花の百名山
ムシトリスミレ
  抜戸岳 2,812.80  三等
「奥笠ケ岳」
  0 ぎふ百山
  奥丸山 2,439.46  三等
「犬公望」
 東 4.0 中崎尾根
  笠ヶ岳 2,897.48  二等
「笠ケ岳」 
 西南西 2.6 日本百名山
  穂高岳 3,190  東南東 7.8 日本百名山

源流の河川編集

以下の源流となる河川高原川水系日本海へ流れる[11]

  • 下抜戸沢、奥抜戸沢、穴毛谷 - 蒲田川の支流、山頂の南1.7 kmには穴毛大滝がある。
  • 打込谷 - 金木戸川の支流

交通・アクセス編集

抜戸岳の風景と展望編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2012年10月1日閲覧。
  2. ^ a b 日本の主な山岳標高(岐阜県の山)”. 国土地理院. 2012年10月1日閲覧。
  3. ^ 吉城郡上宝村
  4. ^ 中部山岳国立公園区域の概要”. 環境省. 2012年10月1日閲覧。
  5. ^ ぎふ百山 (1987)
  6. ^ a b c 日本山名辞典 (1992)、400頁
  7. ^ a b c 新日本山岳誌 (2005)、927-928頁
  8. ^ a b 上高地・槍・穂高 (2000)、212-222頁
  9. ^ 飛騨の山(2010)、16-17頁
  10. ^ 『山と溪谷2011年1月号付録(山の便利手帳2011)』山と溪谷社、2010年12月、161-164頁、ASIN B004DPEH6G。
  11. ^ a b c 『槍ヶ岳・穂高岳 上高地』昭文社山と高原地図2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757777

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集